« 遺伝 | トップページ | 明石焼 »

ベンチ

いつもは地下鉄で通り過ぎるだけの駅。乗降客はさほど多くない。
普段下車する用事もないその駅で、ダンナは久しぶりに電車を降りた。
走行中の車内で上司からの携帯が鳴ったが出られず、
緊急事態の可能性もあったため途中下車してかけ直したのである。

幸い用件は人命のかかったものではなく、すぐに済んだ。
待つ人も少ないその駅で次の電車を待ちながら、
ふと、ホームの端にあるベンチを目にした。

もう18年にもなるのか・・・。

高校時代、学校の帰りに友人と何時間もいろんなことを論じたのが、
何を隠そうこのベンチなのである。

議論の内容は「忘れた」と言いたいところだが
今思えば赤面もの。真剣に恋だの思想だのと・・・。
とは言え、その熱い議論は時を経て
かつて語り合った友人たちとの酒の肴に。

今日も寒い1日。さすがにベンチにも人影はなく。
(ダ)

|

« 遺伝 | トップページ | 明石焼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/78235

この記事へのトラックバック一覧です: ベンチ:

« 遺伝 | トップページ | 明石焼 »