« 今日の疑問 | トップページ | VVVF »

あの日から

この前、生まれてから13年間住んだ家のそばを通った。
某社の社宅なのだが入口は板で塞がれ、解体直前状態。まもなく消えることは明白だ。
もちろん自分にとっては大切な建物。ある種の感傷に浸っても良いはずなのだが、その気にはなれなかった。

そう、大切な風景は11年前の今日、「無くした」のだ。

ダンナの生まれた町は多くの建物が倒壊した。よく知っていた通学路や近所の路地さえあの日を境に今は知らない所。公園も仮設住宅建設のため、ダンナが今のコッコ1号くらいだったころ遊んだ遊具は撤去された。ダンナにとって自分の心象風景を失ったのがあの日なのであって・・・、

今さら生まれ育った社宅が消えても、気持ち的な盛り上がりに欠けるのは仕方ないのかも知れない。
(ダ)

|

« 今日の疑問 | トップページ | VVVF »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/385081

この記事へのトラックバック一覧です: あの日から:

« 今日の疑問 | トップページ | VVVF »