« カナディアン | トップページ | 蜃気楼? »

この人たち

いやはや・・・。
T市A駅。朝夕は工員たちで賑わうこの駅も日中は静かな時が流れていた。チャリンコ2ケツで現れた高校生カップル。女のほうが自転車の後ろから降りて券売機に向かう。買ったのは

230円区間の小人(120円)2枚。

2人はいつも無人なのに駅員がいるためわざわざ南側の無人入口に回り、ホームに入った。
あのね~。券売機って後ろのディスプレイに今買った切符の情報が全部出てるんよ~。

結局この人たちってそういうレベルの人間なのである。460円払うべきところを240円、要するに220円をごまかすためにコソコソ係員のいない入口へ回る。券売機の後面ディスプレイで何もかも見られていることを知らないのか、こちらを意識しつつも「アホ駅員や。」みたいな顔をしている。痛~い人たちである。220円でこのリスクを冒すのはどう考えても引き合わないわけだが、昨今2~3万を奪うためにタクシー強盗をするくらいだから推して知るべしである。

「日本はバレへんかったら何をしても良い国や。」漫画『ナニワ金融道』のコトバ。

そう、上から下まで日本はそういうクニなのか・・・。まったく。(ダ)

|

« カナディアン | トップページ | 蜃気楼? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

気持ちよく支払えないお金に対する不自由は気の毒としかいいようがありません。 かわいそうな人たちだこと。

>バレへんかったら
そのとおり バレんかったら の話であるが・・ たいてい早いか遅いかで・・ 誰も見ていなくても自分は見ているんですがね。

OKMR漫画はあんまり読まんのですが 金融道は揃いで所有しております。 おおきくなったら子供の読ませたい本なのです。

投稿: OKMR | 2006年2月27日 (月) 23時53分

なぜダンナが摘発しなかったか?
高校生のとき、こういう悪さをしたことが無いと断言できないから、ということはあります。でも、その頃でもせめて彼氏彼女の前では正しくありたいと思っていたわけですが(青いですね~)・・・。

>金融道
かつてこの作者青木雄二氏(漢字合ってます?故人ですが)はダンナのいる会社出身なんですね。言うなれば先輩。1巻でしたか、この会社の回転展望閣が出てきますね。

投稿: いぶき工房 | 2006年3月 1日 (水) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/821172

この記事へのトラックバック一覧です: この人たち:

« カナディアン | トップページ | 蜃気楼? »