« 段ボール電車 | トップページ | 阪急、阪神 »

段ボール電車(その2)

というわけで段ボール電車第2弾。今回は屋根・下回り付き。

5509_1 ①「まにあっく阪神」ペーパークラフトを
1.778倍して45分の1に拡大、3枚に分けて
印刷する。

  

5507

②車体は丁寧に切り取り、屋根カーブを
付ける。

  
  

5508③妻面ははじめから段ボールに貼り付け。
のりしろは残し、前面のカーブは付けておく。

  
  

5506

④現物合わせでカーブを付けた段ボールに
スプレー糊を吹き付け、側面を貼り付ける。

  
  

5505

⑤妻面を貼り付ける。前作は内部に広告や
新聞紙を詰めて床にフタをしただけ。

  
  

5504

⑥今回は下回りを別の段ボールに貼り付け
車体の裏側に貼る。これで側面は2重となる。
(かなり頑丈)  

  

5503

⑦広告や新聞紙を丸めて詰め、コの字型に
折った段ボールでフタをする。

  
  

5501

⑧今回は中身に段ボールを詰めたクーラー
を付けてみた。アンテナはさすがに省略。

  
  

5502

⑨コッコ1号への引渡し。結構体重をかけ
床を引きずるが破壊せず、ひとまず安心。

  
  

しかしながら少々工法が複雑化したため工作時間は2時間30分と
なってしまった。今後とも研究の必要ありか・・・。

|

« 段ボール電車 | トップページ | 阪急、阪神 »

育児」カテゴリの記事

コメント

子供時代にこんな電車プレゼントされたらどんなにうれしかったか 想像にかたくないところです。 男の子のお子様でよかったですねえ。 うちは琴参バスをダウンロードさせていただいて それを上の娘に乗られて一瞬でくちゃくちゃになったのがトラウマになっていまに至っています。 こういう需要って全国のパパママにあるって確信しています。 しかしまあ 子供にはディテールより大きさと頑丈さが大事なように感じました。
よくよく考えるとOKMRも小さいころは金属製のベンツやバスに乗っていたから 今に至るのかも・・ 英才教育が将来末恐ろしいですぞ。

投稿: OKMR | 2006年6月 1日 (木) 21時58分

はじめまして。
山陽電車で検索しておりましてこちらまで来ました。

うちの甥が私の英才教育(お七夜にプラレールを!)のおかげか電車を『ぽっぽ』といわず、はじめから「でんしゃ!」と言う1歳児になってしまいました。

そんな甥にこのダンボール電車を作ってやりたいのですが、1.778倍に拡大する方法が分かりません。フォトショップで試したのですがいまいちよく分かりません。よろしければ印刷の方法を教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿: ueda | 2006年6月14日 (水) 21時30分

ueda さま
こちらこそはじめまして。レスが遅くなって申し訳ありません。

そうですね~。ウチも最初から"デンシャ"です。223系新快速はじめ新幹線、地下鉄、関西私鉄に囲まれ恵まれた(???)環境と言えますが・・・。

ダンボール電車のほうですが、私はペーパークラフト作成に使っているイラストレータで読み込ませていますので、1.778倍拡大が容易だったのです。Oゲージスケールにしたいがためにこうしたのですが、特に鉄道模型スケールにこだわらなければカラーコピー拡大などのほうが手軽かも知れません。

またよろしくお願いします。

投稿: いぶき工房 | 2006年6月16日 (金) 21時13分

お返事ありがとうございます。
お礼、遅くなって申し訳ありません。

よくよく考えるとカラーコピーという手もありますね!今度試してみます。

チビが喜んでくれることを楽しみに頑張ります。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: ueda | 2006年6月25日 (日) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/2019267

この記事へのトラックバック一覧です: 段ボール電車(その2):

« 段ボール電車 | トップページ | 阪急、阪神 »