« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

段ボール電車(その2)

というわけで段ボール電車第2弾。今回は屋根・下回り付き。

5509_1 ①「まにあっく阪神」ペーパークラフトを
1.778倍して45分の1に拡大、3枚に分けて
印刷する。

  

5507

②車体は丁寧に切り取り、屋根カーブを
付ける。

  
  

5508③妻面ははじめから段ボールに貼り付け。
のりしろは残し、前面のカーブは付けておく。

  
  

5506

④現物合わせでカーブを付けた段ボールに
スプレー糊を吹き付け、側面を貼り付ける。

  
  

5505

⑤妻面を貼り付ける。前作は内部に広告や
新聞紙を詰めて床にフタをしただけ。

  
  

5504

⑥今回は下回りを別の段ボールに貼り付け
車体の裏側に貼る。これで側面は2重となる。
(かなり頑丈)  

  

5503

⑦広告や新聞紙を丸めて詰め、コの字型に
折った段ボールでフタをする。

  
  

5501

⑧今回は中身に段ボールを詰めたクーラー
を付けてみた。アンテナはさすがに省略。

  
  

5502

⑨コッコ1号への引渡し。結構体重をかけ
床を引きずるが破壊せず、ひとまず安心。

  
  

しかしながら少々工法が複雑化したため工作時間は2時間30分と
なってしまった。今後とも研究の必要ありか・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

段ボール電車

ふと思い立って段ボールで電車を作ってみることにした。
大した製作意図はないが、コッコ1号が取り扱うことを考慮し

1.床面にこすりつけても壊れない → 車輪は不要
2.振り回してぶつけても壊れない → 段ボールの重ね貼り
3.量産が可能 → 簡単な構造

の3点に留意する。なお、短縮化(ショーティ)やデフォルメは
まあ他にも作例がありそうなので、ここはフルスケールモデルと
することにする。

材料は段ボール、缶入りスプレー糊、木工用ボンド

まず車体は阪神電車ホームページ「まにあっく阪神」にある
80分の1ペーパークラフトを1.77倍して45分の1すなわち
Oゲージサイズとし、前後に分割してプリントアウト。
あとは大きさを調整した段ボール(折り曲げ済み)に
スプレー糊を吹き付けてペーパークラフトを貼り付け組み立てる
だけ。製作時間は約1時間。

Img_4105_2

(写真)こんな感じ。とりあえず床下回りと屋根上のクーラー等は省略。内部は空洞ではなく新聞紙や広告を丸めて詰めてあるため、かなり頑丈になっている。

遊ばせてみると改良すべき点がいくつか見つかったので
次回作に反映させたいと考える。

乞うご期待!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神戸 オリックス

神戸の人はいつも醒めた感覚で物事を見ているような
気がする。

昔から言われているが、神戸でスポーツなどの大会を
開いても人の集まりが悪いと言う。ダンナ、姫路とかの
人の”祭りに対する執着や熱気”と比較すると
「確かに」
と感じることもある。

でも、神戸市民はそのドライさが都会人らしさであるかの
ごとく感じているのは否定できない。

郷土愛と言えばそれまでだが、神戸市民の神戸市に住む
感覚というのは阪急沿線に住む人間の妙なプライドに似て
いるようにも思う。
要するに
「他の地域から見たらその価値が分からん。」
というやつ。

ま、本題に戻るのだが、

どう考えても最近のオリックスに対する神戸市民の
熱は冷めていたと言わざるを得ない。
まあ、大阪に逃げられても仕方がないのだ。

対してオリックス。
昨年巨人と組んで1リーグ制にしようと画策した
オーナーがいるような球団。

そもそもファンのことなど考えてはいないだろう。

熱の冷めた市民とファンを軽視する球団。
お似合いではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たとえば

昼、何食べよっかな~
なんて考えながら歩いているとき
「うどん」のダシの匂いが漂ってくると

頭が「うどん」になってしまうことって
ありまんな。

土曜日の空腹時間帯である18:30から
放映されている「たべごろマンマ」は
近頃のダンナとおかみにとって

頭を「何か」にしてしまう危険な番組として
認知されている。

昨日の土曜日も見てしまい
日曜日の今日。

食卓には鰆の味噌漬けが並んでいるのである。

Img_4055_2

この季節には最高に美味しい魚。
日本酒にもご飯にも合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交通科学博物館

平日の雨の日は
博物館なんかに行くに限る。
屋内で天気が関係ない上、空いているからだ。

ダンナ、今日は会社を休んでいたので
大阪の交通科学博物館に行ってみた。
小さいころから何度も行った大好きな施設。

しかし、昔ほどワクワクしないのは何故だろう。
HOゲージの大パノラマレイアウトも、大きな模型の
車両も、いわゆる憧れは感じなくなった。

オッサンになったから?

いや

ま、手間暇かけりゃ自分でも作れるわな、という・・・。
(こういうことを言うのがオッサンなわけだが。)

HOにしても他の運転会とかでフル編成を見慣れると
あの大パノラマを走る500系のぞみを
「12両しかないやん。」なんて思ったりする。

やなオッサン。

対してコッコ1号はココに初めて来た。
推して知るべし。

結局館内に3時間もおりましたがな。

Img_3997_2

コッコ1号とD51 2号機

Img_4016_2_1

子供たちの憧れの的となる巨大模型。
207系、すでに色塗り替え済み・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊和神社

今日、宍粟市一宮にある伊和神社に行った。
神域は数十本はあると思われる杉に囲まれ荘厳な雰囲気。
雨だったこともあって、周囲の新緑もより鮮やか。

いやはや、癒されますね~。

Img_389902



道の駅より伊和神社正面。すばらしい社叢。

Img_391602



伊和神社拝殿。北向きに建てられている。

Shuin2










朱印

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こどもの日

じじばばに コッコとられて こどもの日   おかみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »