« 鰆 | トップページ | 段ボール電車 »

神戸 オリックス

神戸の人はいつも醒めた感覚で物事を見ているような
気がする。

昔から言われているが、神戸でスポーツなどの大会を
開いても人の集まりが悪いと言う。ダンナ、姫路とかの
人の”祭りに対する執着や熱気”と比較すると
「確かに」
と感じることもある。

でも、神戸市民はそのドライさが都会人らしさであるかの
ごとく感じているのは否定できない。

郷土愛と言えばそれまでだが、神戸市民の神戸市に住む
感覚というのは阪急沿線に住む人間の妙なプライドに似て
いるようにも思う。
要するに
「他の地域から見たらその価値が分からん。」
というやつ。

ま、本題に戻るのだが、

どう考えても最近のオリックスに対する神戸市民の
熱は冷めていたと言わざるを得ない。
まあ、大阪に逃げられても仕方がないのだ。

対してオリックス。
昨年巨人と組んで1リーグ制にしようと画策した
オーナーがいるような球団。

そもそもファンのことなど考えてはいないだろう。

熱の冷めた市民とファンを軽視する球団。
お似合いではないだろうか。

|

« 鰆 | トップページ | 段ボール電車 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/1964504

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸 オリックス:

« 鰆 | トップページ | 段ボール電車 »