« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

いよいよ・・・。

とまあ、すでに完成していたはずなのに
完成していない山陽電鉄3000系の模型
ではあるが、何とかカタチになりつつある。

Img_5926_210/21 クリームを塗った。





Img_5928_210/22 屋根のグレーを塗った。




Img_5953_210/23 細部色差しを開始。
相変わらずはみ出しまくりの
下手くそ作業・・・。
こちら3063。
赤い屋根配管が復活。


Img_5954_2_1Hゴム塗るのって難しいですよね~。
   

| | トラックバック (0)

ブルドーザーのガンバ

コッコ1号が大きくなってきたことから
「絵本コーナー」に行くことが増えた。

そこで「バスくん」なる絵本を見つけた。

なかなかシュールなストーリーで、
要するに
「古いバスが新車に置き換えられて
田舎に転属し、故障して廃車になり山に捨てられる。」

という話なのだ。唯一救いがあるのは
山の動物が雨宿りなんかに使うようになり
いつまでも仲良く暮らした、ということなのである。
(ご丁寧にも捨てられるときはナンバーが切られていたり)

そう言えば

子供のころ読んだ絵本に「ブルドーザーのガンバ」
というのがあった。
ダンナが覚えているあらすじによると、
「バスくん」と似たような展開で
古くなった主人公のガンバは放置されて
しまうわけだが、ある嵐の夜に、通りかかった救急車が
土砂崩れだか何かで前に進めなくなり
救急隊員が放置されたガンバを見つけて何とか動かし
救急車の進路を開け、
運ばれた子供は助かるのである。

しばらくして、元気になった子供がガンバの元に
お礼にやってくる。横倒しのままのガンバには
もはや何も見えず、何も聞こえない。
ただ花が咲いているだけのラストシーン。

「ごんぎつね」に泣ける大人は
読み聞かせていて自分がハマること間違いなし。

但し、絶版らしいが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

今日の夕食

いきなり写真
Img_5910_2
今日は夕食をカルフールで調達した。
フランスパンの”バタール”に
男前豆腐店の「ジョニ男」をバターのように塗り
オリーブオイルをかけて塩コショウしたものが
上の写真。

これ、なかなかいけまっせ。(ダンナ・おかみおすすめ)
 
Img_5911_2












★今日のワイン★
REDWOOD CREEK(アメリカ産)
シャルドネである。カルフールで980円也。
このワインが期待以上に美味かった。

こういう夕食、たまにやると贅沢な感じで良い。
ま、あとはムードをあおる演出だけだ、が。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ようやく

先月までに完成していたはずの
「山陽3000系模型」が全く進んでいない。
仕事が忙しいので止むを得ないのだが
かといってこちらも「仕事」ではある。

今日はとにかく天気も良かったので
遊びに行きたいのはやまやまだが
何とか塗装できるところまで持ち込むしかない。
Img_5832_2










 
クーラーを純正品に載せ替えたらサイズが小さくて
元に付いていたクーラーの穴が見えてしまうため
急遽塞ぐ作業。前面下部に足掛け用の出っ張りを増設。
側面の車外スピーカーはパーツに変更・・・。
Img_5835_2





 
各車妻板には足掛けと屋根押さえ、雨樋を付け直し。

間に合うのだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イベントに。

各社がやる「鉄道の日」協賛イベント。
ダンナ一家は今回近鉄五位堂工場公開に出動した。

ダンナ、この種のイベントには実はあまり興味無し。
多分おかみと2人の生活なら行かないだろう。
例えば、「友達に誘われた」とか動機付けがないと。

でも奈良くんだりまで出動したのは
結局「コッコ1号がいるから」ということになるが。

それにしてもすごい人出である。
世の中にはこんなに鉄道工場の中に入りたい人がいるのか!
何か珍しいものでもあるのか?
同業者としては規模その他の違いこそあれ、
同じコトをしている施設に過ぎないのだが・・・。

ま、あちこちハシゴする気も無いので
来年は京阪か南海に出動するとしますか。
Img_5760_2_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »