« 山陽鉄道フェスティバル2006 | トップページ | 関西文化の日 »

オルセー美術館展

コッコ1号がじじばば宅に預けられるようになったので
ダンナはおかみと美術館にも行けるようになった。
で、神戸市立博物館で開催中の「オルセー美術館展」に
行ってみた。

最近は音声ガイドやらパンフやら、有料オプションが
付いていたりして、みんなイヤホンを付けて熱心に鑑賞
している。そういうのも良い。
前にも書いたが
予備知識を得ることでより楽しく鑑賞できるからだ。

今回もダンナとおかみはそういう気分ではなくて、
単に自分が「良い」と思った絵が1枚でもあれば

”それで満足”

という鑑賞法とすることとした。演奏会と違って展覧会は
自分のペースで楽しめるという利点がある。アンコールも
いらんしね。

今回ダンナのお気に入りは
モネの「ルーアン大聖堂」
いや、この構図はたくさんあって、画集にも載っているので
絵そのものは知っていたが
「なんか、ぼや~っとした絵やな。」くらいの印象しかなかった。
今回、実物は初見。

「空ってこんな色なんや~。影はこんな色塗ってあるんや~。」
と、しばし足を止めて見入ってしまった。さすが本物である。
Mo







絵はがきになると全くイメージが違うんだな
これが。


もちろんモネやゴッホがダンナの日常に何か
役立っているわけではないが
模型やペーパークラフトの表現方法に
実は何らかの影響を与えている、
という話、信じていただけるだろうか?

|

« 山陽鉄道フェスティバル2006 | トップページ | 関西文化の日 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/4175974

この記事へのトラックバック一覧です: オルセー美術館展:

« 山陽鉄道フェスティバル2006 | トップページ | 関西文化の日 »