« 企業と産業遺産 | トップページ | 乗務員室仕切りの製作 »

無人精米機

いや、使ったことのある人はいいのである。

会社の人が家で作っている米を「玄米」のまま
購入したダンナ。

「食べる分だけ精米したり、玄米と混ぜたり
してください。新米なのでおいしいうちに。」
とのことだったので、
とにかく10Kgを精米することにした。

利用したのは「無人精米機」というやつである。
ちょっと郊外に出ればよくある

↓こんなん

Img_6355_2_3

使い方が分からん!
とか言いつつ壁の説明図に従って「やってみる」
10Kg100円也。

いざやってみると簡単である。
玄米を入れて100円を入れて精米度合いをボタンで
選ぶと自動的に精米を始める。
10Kg分の時間が経つと機械は止まる。

いや、したことある人にとっては
当たり前
なんであるが・・・。

とにかく
おいしいご飯が食べられることは間違いなさそう。

|

« 企業と産業遺産 | トップページ | 乗務員室仕切りの製作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最近はホームセンターに家庭用精米機が売ってたりします。でも、たまに精米するならコイン精米の方がいいですよ。ぬかの処理やら使わない時に密封保管していても、どこからか虫やら鼠やらが侵入するそうなので。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2006年11月28日 (火) 18時36分

アルプス銀水タクシーさま>
そうですよね。常に玄米を入手できる状態ではないので、コイン精米で十分だとは思っています。家庭用精米機の存在は知っていますが、ウチではコストを回収できそうもないので購入予定はありません。

投稿: いぶきダンナ | 2006年11月28日 (火) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/4318633

この記事へのトラックバック一覧です: 無人精米機:

« 企業と産業遺産 | トップページ | 乗務員室仕切りの製作 »