« 無人精米機 | トップページ | あけまして・・・。 »

乗務員室仕切りの製作

というわけで、山陽3000系のほうは車体部分に
ついては一応「完成」を見たわけだが、ちょっと
思い立って「乗務員室仕切り」を付けることになった。

これが「ある」のと「ない」のでは模型としての
グレードが違う。走行中にチラチラ見えるのが
「良い」のである。

どうせ車内なので凝っても仕方ないが、ここは一計を
案じ、ペーパークラフト方式で車内機器を全部
描き、壁色(淡緑色)も一緒に付けてしまうことにした。

で、↓のような展開図を作った。
3052shikiri_2









無線やら消火器やら全部描く。

 

  ↓組み立てる。
Img_6621_1_5



窓下の出っ張った部分は
木片に印刷した扉を貼ったもの。
消火器もこの写真だと平面
丸分かりだが、暗い車内に
入れてしまえば・・・。


 
  ↓車体に組み込む。
Img_6623_1_2





標識灯のレンズを入れるのが
先のような気もするが、
「チラチラ」感はばっちり。
お試しあれ!

|

« 無人精米機 | トップページ | あけまして・・・。 »

山陽3000系模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/4479474

この記事へのトラックバック一覧です: 乗務員室仕切りの製作:

« 無人精米機 | トップページ | あけまして・・・。 »