« 103系の旅 | トップページ | 胃カメラ »

ガッチャンしとう

コッコ1号の最新言語より・・・。

「ガッチャン(連結)しとう」

「~しとう」は「~してる」の神戸弁。
要するにコッコ1号によると
電車の連結している状態を指すらしい。

ただ、ここで言う「連結」とは
 
Img_7518_2

こんなん

 

 
ではなくて
 
Img_7520_2

こんなん

 

  
である。

違いの分からない人は、オタクの道には入らない。
ご安心を。

違いの分かる人。以下の文章が理解できますね。

先日、近鉄布施駅で電車を見ていたら
「ガッチャンしとう」を連発。その部分を指差して
大騒ぎ。阪神で見る機会は滅多になく
阪急も減り、山陽では絶滅したもの。
逆にJRでは207系も221系も223系もかなり多くが
「ガッチャンしとう」わけで。

それにしても、最後の写真。
写っているのは阪神5201+5202+(5201形+5101形)
の4連。5201の3連に両運の5101が付いたもの。
ジェットシルバーと鋼製車の「ガッチャンしとう」
ところをねだって撮ってもらったダンナ。

5202
阪神梅田駅
1976年



一体、これはどうしたことか。
またも行動様式、遺伝か?

|

« 103系の旅 | トップページ | 胃カメラ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントしようかと思ったのですが オタクの一言が怖くて・・
ことでん育ちのOKMRには なにが珍しいん?ってコメントでいかが? 両運転台普通ちゃうん。 いかんマニーぽいやんか

投稿: OKMR | 2007年1月31日 (水) 23時54分

鉄オタの二枚橋です

幼い日から見つめ続けた西武線は、
4+4、2+6の8連
2+4+4、4+6、4+2+4等の10連
などなど、当たり前の光景でありました。

近頃はホーム延伸工事の進捗と共に10両固定編成も増えてきましたけどね。。

2+2+2+2の回送列車も今は昔になりました。
西武の2連はMc+M’cなんで、8両全部M車。しかも一両置きにパンタグラフが付いてるもんで、合計8つのパンタが上がっているというとんでもない列車でした。

投稿: 二枚橋 | 2007年2月 1日 (木) 00時21分

みなさま>
オタク呼ばわり失礼しました。。。
ウチはオタクが2名いるため
おかみも「両運転台」の意味が分かります・・・。

さてさて、西武線での先頭車ばかりの編成のお話。須磨浦乗り入れ時の阪急でも須磨浦から上がってきた2+4の6連に三宮で2+2を増結した10連も先頭車が7両続き、西武同様1両おきにパンタ2基というすさまじいものでした。今でも2+4+2の8連、それも7000系と8000系の混結というものが本線を昼間から”怪走”して我々を楽しませてくれます。

投稿: いぶきダンナ | 2007年2月 3日 (土) 16時21分

最近ことでんには両運転台付随車があたしくできて いかにもことでんらしいなあ と感慨深深であります。
ひっついて三両で走っている姿は平成流ことでんしてるなと見るたびにほほえましく思ってしまうのでした。

投稿: OKMR | 2007年2月 4日 (日) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/5050696

この記事へのトラックバック一覧です: ガッチャンしとう:

« 103系の旅 | トップページ | 胃カメラ »