« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

年男

23日はダンナ誕生日であった。
もう誕生日がどうのこうのというトシではないのだが。

で、この日何をしていたかというと

某駅の定期券発行機交換作業で
旧機を運び出した後を掃除してホコリまみれとなり
さらに雑巾で拭いて準備して
機械が据え付けられてSEさんがセットアップして
それを横で立会いしていて

なんとか23時過ぎの特急に乗れた。

帰宅24時10分。

すでに誕生日ではなかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こういう日もある。

まったくな~んにも予定を考えていなかった
日曜日。

土曜日も1日家にいたのでさすがにコッコ1号も
欲求不満気味。電車でも見に行こうと垂水まで
出動した。

こういった日は実際な~んにも収穫のない日が
多いものである。

だが、今日は違った。
福田川の鉄橋にコッコ1号を連れて行き、
行き交うJRや山陽電車を見せようとしたところ
ちょうど垂水東口のバスターミナルに
乗ったけどまだ撮っていなかった
山陽バス唯一の三菱エアロスターが
入って来たのである。

「ラッキー」である。

おまけにこの系統、手待ち時間(専門用語か?)
がだいぶあってゆっくり撮れたりする。

Img_8284_2_1
いすゞ王国の山陽では実に41年ぶりの三菱一般路線車。
1年前なら「ウソバス」呼ばわりされたこと間違いなし。

そのうちほどよく空腹になってきたので
昼食に「増田屋(垂水区民には説明不要)」で
寿司でも食べようということになる。
15時半(朝遅かったもので・・・)にもかかわらず
さすがに増田屋。満席である。かと思いきやすぐ座れた。

これまた「ラッキー」である。

ここまで来ると朝は気付かなかったが
今日はラッキーな日」に違いない。

というわけで「トイざらす」に行ってみる。
「トミカリミテッド」の230セドリックワゴン、大量在庫!
「やっぱりラッキーやん!」

Img_8302_2
ダンナ大好き230。
側ドアが開かないため抜群のプロポーションを誇る。
通常品の頃からトミカ名作のひとつであろう。
ちなみにダンディ版(グロリア)もあり、こちらはフロントグリルが
(西部警察やタクシーマニアなど一部に)人気のスタンダードに
なっていて、当時としてはマニアックなミニカーであった。

たかが垂水に出ただけだが
いや~、
(あ・く・ま・で ダンナにとっては)豊かな日曜日であった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

焼きドーナツ

先週月曜日
一緒に大阪で会議に出た会社のヒトとの帰り。
「miel」の焼きドーナツを買うと言うので付き合う。

焼きドーナツ、ねえ。
(これが結構高価なのである。ミスドと比べると・・・。)

と言いつつ、ダンナもホワイトデーの土産にしようと
14日に狙うも梅田駅構内を出ることが出来ず断念。

結局金曜日に買って帰って土曜日の朝食となった次第。

ダンナとおかみの感想
「美味しいが、これはカステラとどこが違うのか?」
Miel
それにしても、この箱。
電車で目立つこと間違いなし。
まあ、ロフトの袋同様それが狙いでもあるわけだろうが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事故

3月に入って初めての投稿が「事故」である。
昨日、ダンナ一家は久しぶりに「串揚げパーティ」を
開催することにした。
卓上用の小さな「電気揚げ物鍋」登場。
(おでん鍋とか、食事を楽しむグッズは結構持ってる。)

走り回るコッコ1号がコードを引っ掛けないよう
延長コードを出して床に這わせた。

にも関わらず

宴もたけなわの20時30分ごろ
ダンナがビールを取りに立ち上がった直後
コッコ1号がその延長コードを引っ掛け
(コタツ側のちょこっと浮いたところに足が入った模様)
煮えたぎる油ごと鍋が転倒する「大事故」が発生した。

いやはや

結果として3人とも火傷もなく
うまくカーペットに鍋が裏返しに落下したため
油もあまり撒き散らさず、従って火事にもならず

まったくもって何もなかったことは

奇跡的

であった。
ひとつ間違えばダンナとコッコ1号は救急車
消防車まで呼ぶ事態になったかも。

ま、とは言え事故直後のパニックと大騒ぎにより
就寝は12時を軽く過ぎてしまい
精神的に参ったためか
今朝は寝坊するわ1日中ダルいわ
後遺症はまだ続いている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »