« 窓 | トップページ | 読書 »

困る本

どうも、おかみです。お久しぶりです。

最近、コッコ一号にひっついて、絵本コーナーによく行きます。

でもって、自分がはまってしまう本があったりして、
おかみのほうが結構楽しんでいたりします。

そんな中で困ってしまう本があるのです。
読めば、確実に困るのにまた読んでしまう・・・。
要するに、はまっているわけですね。

宮西達也著の「ティラノサウルスシリーズ」がそれです。
中でも『ぼくにもそのあいをください』が最強。(おかみ比)

是非、困ってみてください。

|

« 窓 | トップページ | 読書 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

先日、書店に立ち寄ったところ「ぼくにもそのあいをください」が平積みに・・・。

うっかり手にとってしまい、ホントに困りました。。
かんべんしてください、、
最近、涙腺が緩くなってきてるんですから~

他の4冊の中身も気になります。。


買うか、、

投稿: 二枚橋 | 2007年5月19日 (土) 22時33分

早速困っていただけましたか~。

おかみは全部立ち読みしましたが(立ち読みかい!)
ほんと、どれも困るストーリーですよね~。

この前、『ずっとあなたをあいしてる』を
ダンナにすすめてみました。

やはり、相当困ってましたよ~。

投稿: いぶきおかみ | 2007年5月21日 (月) 16時06分

うちも家内が読み聞かせの会にはいっているんでいつも貸し出し図書がたくさんあります。
はまった本の中の一つに『あたごのうら』があります。 毎日この本を読むのでしまいにうっとうしくなりました。 讃岐の古いお話です。 あたごのうらってどこでしょ?

投稿: OKMR | 2007年5月21日 (月) 21時39分

『あたごのうら』、今日書店に問い合わせてみましたが、
残念ながら「おいてない」とのお答え。むむぅ・・・。

讃岐の民話、いいですよね~。メジャーなところだと
「いわざらこざら」「玉の浦」「八十場の清水」
「桃太郎」「禿さんダヌキ」そんなとこですかね。

おかみ的には「糸より姫」「借耕牛」なんかのハッピーエンド系、
「ほうこさん」「こがれの松」なんかの困る系も捨てがたいところです。

ちょっとコアな話になってしもた・・・。

投稿: いぶきおかみ | 2007年5月25日 (金) 20時12分

ネットか図書館の方がよさげですね。
はまりすぎて こっちは少し引いてます。

投稿: OKMR | 2007年5月26日 (土) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/6408398

この記事へのトラックバック一覧です: 困る本:

« 窓 | トップページ | 読書 »