« カレーうどん | トップページ | ことでんの京急 »

土佐の顔

前回「カレーうどん」の記述でも分かるとおり
ダンナ一家は四国に行っていたのである。

高知編。。。

”とでん”と言えば東京では「都電」だが
高知では「土電」こと土佐電鉄のことである。
(変換しても出てこないが・・・今試したのだが・・・。)

この路面電車は歴史も古くて
道路にくっついた、専用軌道のような
併用軌道のような区間が多くある。

かつては全国にあちこちあったような風景・・・。

この土電の顔と言えば600形だ、ということに
異論はないであろう。

で、この写真。
Toden703
左に小さく写っているのが600形。
右に大きく写るのは700形。

この700形、元は下関の山陽電気軌道というところに
いた。外観も塗装はともかくほとんど変化していない。

大抵の場合、移籍車は移籍元の空気を持ったまま
のことが多いが、この元山陽電軌組の2形式は
もう何十年もここにいることもあるが、

何かこう、600形にあるような、堂々とした雰囲気まで

土佐の電車(おまんら、とか言いそうな)

に、なり切っている
まあ、一つの例とでも申しましょうか。





|

« カレーうどん | トップページ | ことでんの京急 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

四国ですかー

四国上陸作戦は何年前だったろうか。。
小松島に上陸後、琴電・仏生山を襲撃して、瀬戸大橋から内地へ戻りました

一泊二日の四国滞在で、うどん0食!
なにしに行ったんだと、非鉄の友人に言われましたが、
「電車を見に行った」
の一言で相手をだまらせたのを思い出しました(汗

たまに四国方面の情報を聞くと、あの頃とはだいぶ様変わりしているようです
また行きたいなぁ

今度はうどんもアリで・・・

投稿: 二枚橋 | 2007年5月 1日 (火) 22時37分

二枚橋さま>
うどんでしたら、いくらでも美味しい店紹介しますよ。但し、クルマは必須、日曜日は避ける(大抵休み)ことが必要ですが・・・。

四国はここ10数年で鉄道もさることながらバスの変化が激しいような気がします。モノコック最後の聖地は香川だと思っていたのですが、結局高知になってしまうし。

投稿: いぶきダンナ | 2007年5月 3日 (木) 07時18分

お邪魔します。高知のお話でしたのでつい書き込みたくなってしまいました。と言うのは今日、モノコックバスと電車まつり目当てで高知へ行ってきたところなもので。
件の700型で、先祖帰りして山陽電軌カラーになっているのも見ましたが、土電カラーの方がしっくりする気がします。
モノコックの方は、日野レインボー2と三菱エアロミディの新車投入などでだいぶ台数が減っていたので、複雑な心境でした。(一般的には新車の方が喜ばれるでしょうし)
せめて1台だけでも保存して運行してくれたらいいのですけれど・・・

投稿: odori-ko | 2007年5月 3日 (木) 23時58分

odori-koさま>
こちらでは、はじめましてですね。いつもお世話になってます。
高知行かれてたんですかぁ~。ご一緒できれば良かったですね。ウチは高松ベース(おかみの実家)なので、ほとんど予定なく高知に「ふらっ」と行った感じでしたが・・・。

最近”土電のモノコックバスに乗るツアー”というものがあるそうで、私が四国にいた頃はコトデンバスのほうが古いものが残っていただけに、今さら高知が・・・、とやや屈折した(ガキみたいな)気持ちがあって最近遠ざかっていたのですが・・・。と言いつつバスマガジンの土電特集は買ってしまうわけで・・・。私のリンク先の「紀寺国際交通」さまが土電のRCを保存されていますので、一度見学させていただきたいとは思っています。

投稿: いぶきダンナ | 2007年5月 4日 (金) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/6272770

この記事へのトラックバック一覧です: 土佐の顔:

« カレーうどん | トップページ | ことでんの京急 »