« ナナマル(2) | トップページ | 川崎重工(2) »

川崎重工

神戸市兵庫区の川崎重工車両カンパニー。
ここは全国トップシェアの鉄道車両製造工場である。
ダンナ一家、近くを通るときは必ず寄る。
いや、「今、何作ってるんかな~。」みたいな軽い気持ち。

地元のファンの多くがご存知だが、工場内を一般道が
通っていて、間近で製作中の車両を見ることができるので
コッコ1号をダシに写真を撮っていたら
「お父さんと一緒に撮ったろ。」と
ありがたいことに工場の方が写真を撮ってくださった。
感謝。。。
Kawa
最近、コッコ1号もモザイクにしないと、ダンナの身元まで
バレてしまうので、2人ともモザイクで・・・。

電車は真ん中がJR北海道の789系1000番台。左に
中央線用のE233系、真ん中はミニ地下鉄の車両だった。

|

« ナナマル(2) | トップページ | 川崎重工(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

車両が生まれるところですねぇ
納入後は、決して顔を合わせることがないであろう車両が並んでいる風景というのは、面白いですね

私はどうも、解体するところにしか出くわさない。。。
西武の工場で新車を造っていたはずなのに、見かけたことは無かった・・・

投稿: 二枚橋 | 2007年8月 5日 (日) 22時50分

へぇ一般道が工場内をね~。隠しようがないですな。
子供さんと一緒なら撮影も緩いようで(笑)

投稿: シンコー | 2007年8月 6日 (月) 00時23分

工場が見えるなんていいですね
うちも先月甥っ子が来たので仏生山工場へタクシーで乗り付けて撮影してました。 男の子いるといいよね オタ→いいお父さん に見えてさ。 何回でも連れて行ってやるよう。

投稿: OKMR | 2007年8月 6日 (月) 00時38分

この踏切(と呼んでいいのか?)、狭軌と標準軌のデュアルゲージが何本も横切ってますね。昔は国道側からも工場内の様子がよく見えたんですけどねぇ。

投稿: misty | 2007年8月 6日 (月) 07時33分

こちらではお久しぶりです。私も昔良く通りました。185系、103系、京急800系等が並んでいる写真が最初期のネガに残っています。近くに市バス車庫があったので、この2箇所はウォッチングルートになってました。勿論当時はチャリですが…。川重とレールの繋がっていた和田岬線も、オハ64系でしたし、少し歩けば「ク5000」がかなり長い間4~5両留置(休車?)されていたのも思い出ですね。そう言えば、川重構内に放置?されていた新交通システムの廃車体ってまだあるのでしょうかね?

投稿: 播磨観光タクシー | 2007年8月 6日 (月) 18時14分

>二枚橋さま
北海道の車両なんて私自身そうそう見ることは出来ませんし、ひょっとしてE233系ですらしばらく見ることがないかも知れません。

投稿: いぶきダンナ | 2007年8月 6日 (月) 22時05分

>シンコーさま
昨日はお会いできなくて残念でしたね。

撮影、ダンナ一人だと怪しいクソマニアですから・・・。この手で玩具売り場も平気で闊歩しています。

投稿: いぶきダンナ | 2007年8月 6日 (月) 22時07分

>OKMRさま
神戸に来られたらご案内しましょう。それにしても堂々と「オタ」しても一般市民に見えるので最近暴走気味かも。

投稿: いぶきダンナ | 2007年8月 6日 (月) 22時09分

>mistyさま
そうそう、国道側からのほうが本当は良く見えたんですよね。平日は特に・・・。20年前、その国道側から撮った写真が↓これです。
http://www.geocities.jp/ibukikobo/hokushin7051.htm

投稿: いぶきダンナ | 2007年8月 6日 (月) 22時12分

>播磨観光タクシーさま
ご無沙汰してます。いただいた写真まだ使っていませんね。
私が父に連れられ初めてここに来たとき、京急800と北総7000が並んでいました。その後117系を初めて見たのもここ。長いことフィラデルフィアの市電や地下鉄を作り、シンガポール地下鉄も作っていましたよね。ニューヨーク地下鉄もよく見ました。台北の地下鉄も受けていました。中国国鉄の電機が溢れていたのも懐かしい思い出です。
新交通の試作車、まだあったかと思います。場所は変わったかも。先頭車はなかったのではないでしょうか?

投稿: いぶきダンナ | 2007年8月 6日 (月) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/7425853

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎重工:

» 西武鉄道 5000系 初代レッドアロー [日高見製作所 業務日報]
「生まれたら、生まれただけ死ぬのよ」by川上清美 ・・・うろ覚え。 たしか、そんなセリフがあったのだ。 ほのぼのとした雰囲気の作品中にあって、「現実」を感じさせる一言。 さて、いつもの「いぶき工房 茶の間にて」では、川崎重工の写真が掲載されている。 北海道向けの車両と首都圏向けの車両が並んでいる、非常に贅沢な光景を見ることができるので、ぜひリンクをクリックしていただきたい。 特に「川崎重工(2)」では、ぴかぴかの117系に485系(絵入りのヘッドマークは「白鳥」!)が写っている。 485系の隣に... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 00時11分

« ナナマル(2) | トップページ | 川崎重工(2) »