« 知らんで~。 | トップページ | 続・三丁目の夕日 »

山陽鉄道フェスティバル2007

というわけで、27日(土)は「山陽鉄道フェスティバル2007」が
開かれた。

もちろん、「鉄道模型コーナー」につきる。
というか、そこしか知らん。
他のコーナーを見に行けるわけがない、という事実・・・。

07fes03
HOゲージの自作あるいはキット組立て車両群。
新たに加わった近鉄、大市交だけでなく
本家の山陽車も毎年増加し続けるため
ついに165両となり、収拾がつかなくなる。

両数的には他の運転会に及ばないが、
質的には関西私鉄各社の運転会を
はるかに凌ぐのではなかろうか?

07fes02
例年走行していた山陽旧型車群もほとんど展示のみ。
せっかくの機会に走らせることが出来ず、気持ちよく
貸していただいた皆様には、申し訳なく・・・。

07fes01_2
それにしても、いつも大盛況。
子供はもちろん、大人も真剣な表情。
何やかんや言っても好きなんやね~。

お金じゃなくて、手を動かして作った作品群を見た
子供たちが、いや長く工作から離れた大人の方も

今度は「自分で作ってみたい」と思ってくれたら、

この運転会は成功だと
ダンナは信じている。

さて、来年はどうするべきなのか・・・。

その他の写真は↓
http://www.geocities.jp/ibukikobo/sanyo2007.htm

|

« 知らんで~。 | トップページ | 続・三丁目の夕日 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした。
フェスティバル、調整不可な用事で残念ながら不参加となりました。

山陽さんの運転会では毎年、単になる車両紹介ではなく幅広い年齢層や不案内なお客様にも理解出来る噛み砕いた味のある解説が魅力で、製作模型のみならず私も質の高い内容だと思います。

来年への提案です。
解説の中で模型製作工程を完成に至るまで途中の加工物や写真でパネル展示、もしくは大型モニターでパソコン操作による画像で紹介するという企画は如何でしょうか。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2007年10月31日 (水) 12時38分

アル銀タクシーさま>
でもお連れの方は来ておられたようで・・・。いつもすみません。

今回は列車が動いているところをモニターで映して置いていたのですが、誰も見ていませんでした・・・。
3年前には製作過程を解説したものを並べていましたが、いかんせん壁に貼れない(壁が剥がれるため)ので、あまり効果がなかったことを覚えています。そこで、昨年は作りかけのサフェ車体を見せたりしましたが、あまり反応はよくなかったです。紙で出来ているという驚きは大人の方がすることで、子供は解説も何も聞いていませんが、しかし山陽3000系のウケが非常に良いことを思うと、京阪や南海といった方向に拡大すべきでないことは分かります。

投稿: いぶきダンナ | 2007年10月31日 (水) 21時16分

ダンナさま、ごぶさたしています、ご常連の皆様、失礼します。
今年もフェスティバルで楽しませていただき、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

>さて、来年はどうするべきなのか・・・。
 自作車両製作の過程のポイントをまとめて、短いビデオを製作して、20分のデモ運転後の整理時間に上映・・・無理難題でしょうか・・・

>「自分で作ってみたい」と思ってくれたら
 実は、私もこの想いで、ここ4、5年、毎年2月上旬の某イベントのN持ち込み運転コーナーで、自前の改造車持参でゲリラ的活動(笑)をしています。因みに今は、鉄コレ阪神から7701/7601 4連とGM板キットで7801 2連をと、着手したところです。かく言う私自身もフェスティバルで一堂に会した自作車両たちをこの目で見ることで、パワーをもらっている気がします。

投稿: odori-ko | 2007年10月31日 (水) 23時57分

運転会、お疲れ様でした。
個人的に近付きたくないブースが出ていたので(笑)、残念ながら行くことができませんでした。

投稿: えびび | 2007年11月 1日 (木) 07時38分

odori-koさま>
こちらこそ、ご無沙汰しております。ご挨拶もせず申し訳ありません。
7801のほう、そういえば昔自作したこともあったな~、と懐かしい気持ちです。いや、運転会というのは、そうしたモティベーションを高めるためにあるものという気持ち、禿同ですか、ね。

えびびさま>
東二見には来られてたんですか?

投稿: いぶきダンナ | 2007年11月 3日 (土) 00時48分

ダンナさま>
模型コーナーでは大勢のほかのお客さんの手前、外へ出て来られたらと思っておりましたので、気にしないで下さいませ。と言いつつ、一度たこバスの方へ出て来られた時、ちょい横のテント内で子供に昼を食べさせていて、声を掛けそびれてしまいました(爆)
>モティベーションを・・・
仰る通り、”禿同”ですね(笑)当方の7801、今回は新製冷房の面長タイプにして7701との凸凹感を出してみようと思っていますが、ダンナさまのようにR車もいずれは手がけられればと・・・宣伝モードで恐縮ですが、7801、7701の進展の当方ブログのリンク置いていきます。

投稿: odori-ko | 2007年11月 4日 (日) 10時16分

odori-koさま>
たこバスの方へ出て来たのは昼食後休憩のときですね。あの時だけでしたね、外に出ていたのは・・・。

ブログのほうも拝見しました。早速「お気に入り」に入れております。またコメント入れておきますね。

新製冷房車って7840~の分ですね。播磨観光タクシー氏が3901の屋根をかさ上げして作られていました。あの凸凹感は沿線で慣れ親しんだものにとってはたまらないものがあります。今の阪神電車の整然として味気ないことと言ったら・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2007年11月 4日 (日) 23時28分

ダンナさま>
気付くのが遅くなりましたが、当方のブログへのリンクを張っていただいていたのですね。ありがとうございます。私の方にも早速張らせて頂きましたので、お知らせまで。

阪神は、「あの凸凹感」を再現すべく、ちまちまやっていきます。。。

投稿: odori-ko | 2007年11月12日 (月) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/8675365

この記事へのトラックバック一覧です: 山陽鉄道フェスティバル2007:

« 知らんで~。 | トップページ | 続・三丁目の夕日 »