« 今日の川重 | トップページ | 関西人の家には。 »

関西合運2007

「2007鉄道模型大集合IN OSAKA」(いわゆる関西合運)
というのに行ってきた。

場所は私市(きさいち)である。
なにせダンナの家から電車で2時間30分以上かかった。
「のぞみ」なら東京まで行けるくらい遠い。
Nikai
京阪8000系2階席。これで枚方市まで。

Katano
いつのまにか交野線、ワンマン化されてるやないの。

で、途中で偶然出会った「レールクラフト阿波座」の
手伝い店員S氏と一緒に行くことにする。

Goun_1
HOゲージの琴電群。萌えますね。
(日本トロリーモデルクラブ)

Goun_2
簡単な構造のようだが、実感的な町屋。
アイデアを頂戴したい。(京都トンネルクラブ)

このイベント、実は非公開。
紹介者がいなければ立ち入ることが出来ない。

ダンナとコッコ1号、いずれもどこの会にも所属して
いないが、まあいろんなクラブに知り合いがいるので
「〇〇さんの紹介」と言えば、入場可能。適当に名札
を付けて徘徊する。

いろんな作品に触れることにより
「自分もやらねば」と刺激されるのは良いこと。

しかし

参加者でダンナ(36のおじさん)より若いと思われる
メンバーをほとんど見なかった。
コッコ1号と同世代の孫を連れてくる方の世代が

圧倒的・・・。

いや、何かを作ること、同じ趣味の仲間で
わいわい楽しむことは大切なことだが

このままだと先細りしそう。

まあ、Nゲージもキット状態のものは売れないようだし
工作に励む人間そのものが減っている昨今

模型工作そのものが(自動車や飛行機も含め)
衰退し、滅亡していくような気がしてならない。

そして、手先の器用な日本人が滅亡してしまえば

日本は世界から必要とされる国ではなくなるのだ。

|

« 今日の川重 | トップページ | 関西人の家には。 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

わたしも工作は苦手なので、耳が痛いです。
まあ、塗り分けのマスキングが面倒だから、キットを組まない、というのが本音なのですが。。

後でカミさんが、編み物をする若い人も見かけないと申しております
手芸店に来る客層も、高齢化が進んでいるようです。

「技術立国」を掲げていたはずなんですがねぇ。。
特許庁が、特許情報をWebで全世界にタダで公開しているのが、そもそも間違っていると思うのです。
コピーしてくれって、言っているようなものですから・・・。

投稿: 二枚橋 | 2007年10月14日 (日) 23時11分

いやいや。責めてるわけではないです。
奥さまの話、さもありなんという感じですが・・・。こういう現象は何か若者のクルマ離れとも軌を一にしていると思うのです、実は。東京の若者の最大の話題が「PASMO」だとか。実用品やないですか、それ。文化は無駄なエネルギーを使わないと生まれないと言います。実用品は文明であっても文化じゃない。バブル崩壊後の無駄を許さない雰囲気が、若者から趣味性をも奪っていくのでしょうか・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2007年10月15日 (月) 22時46分

HOゲージの琴電群>いいですねえ 眺めてみたい光景です。
そばには 築港車庫か松島自動車所がほしいですね。

趣味も機械ものから 電子化して実態が見えにくくなっている感じですね。
模型もCGで作った!ってのが主流になったりして・・ バーチャルで体験する・・系なんてのも悪くない?

投稿: OKMR | 2007年10月16日 (火) 06時19分

巡回先のブログに、気になるエントリーがありました。

「愛・蔵太の少し調べて書く日記」アニメ----破綻したビジネスモデル
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20071018

本文とコメント欄を読んでいると、模型業界にも共通している点が多くあるように思います。
考えたくないですが「趣味」の世界全体の問題かも知れませんです。。

話は変わりますが、先日配布された市の広報に、児童館のイベントスケジュールが掲載されていました。
その中に「Nゲージ運転会」とありまして。
いつか様子を見に行きたいと思っています。。

投稿: 二枚橋@火曜定休 | 2007年10月16日 (火) 09時45分

OKMRさま>
さすがにHOサイズのMRやB8が並んでいる光景は見たことありませんね~。ということはやれば間違いなく雑誌掲載かって、何年後の話だか・・・。

HO車両のペーパー自作、以前はケガいていたものが近年はCADやイラストレータによる作画になり、とうとうクラフトロボで窓抜きも出来るようになりました。後は折り曲げも自動になれば・・・ってどこが「自作」やねん!
CGもそうなのですがデジタルデータは簡単に複製できて、便利なような困ったことのような、ですが。

二枚橋さま>
ブログ読ませていただきました。いや、分かる気がします。今儲かる相手を見て将来を見ていない。下の世代に受け継がないと、アニメにしても模型にしてもそのジャンルごと消えることになる・・・。難しいのでしょうが、そういう流れを止めるのは我々世代の義務かも。義務になると趣味ではない、という声も聞こえますが・・・。お前やるんかと言われたら、出来ませんが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2007年10月16日 (火) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/8413570

この記事へのトラックバック一覧です: 関西合運2007:

« 今日の川重 | トップページ | 関西人の家には。 »