« 紅葉狩 | トップページ | セカチューの里で »

わらや

法事のため、この3連休を高松で過ごしたダンナ一家。
久々に屋島の「わらや」でうどんを食べた。

ダンナ的には

高松にいる間に一食くらいは「讃岐うどん」を食べたかった
わけで。

まあ、おかみ両親と一緒に「お食事」ということなので
怪しい店に行くわけにもいかず(もっともそういう店は日曜
閉店が常であり・・・。)、高松から近くてハズレのない所と
なると「わらや」くらいが適当なのである。

ダンナ、いつも市内のセルフか田舎の怪しい店に行って
いたため、こういう店はめちゃくちゃ久しぶりである。
Asatsuki
この浅葱がないと始まらない。
相変わらず入れ放題である。
が、生姜は「おろし放題」ではなくなっていた・・・。

Tarai
せっかくなので「たらい」を頼む。4人前と考えて良い。

釜揚げなので、普通のうどんとは異なりやわらかい。
(地元の人は「釜揚げいた(ください)!」と言うのが
”普通”なので、いちいち説明する必要はないが、
その他の地方の人は「釜揚げ」か「そうでない」か
讃岐の人間ほど違いを感じないものなのである。
ダンナも初めはそうだったし。)

大汗をかいて食べ終え、店を出ると

Yashima
目の前には屋島

やはりうどんは讃岐に限るな~、と本当に思う。
譲れんな、これだけは。

|

« 紅葉狩 | トップページ | セカチューの里で »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

最近は正月に社内で行く定番スポットになっているわらや
改まった席にはいいですね
たらいの場合 玉数が怪しいのはここに限らずです。 ぜったい少ないと思う。
こだわると ざるに行き着くのだが 手間なぶん高いですから かけにします。
なんかとりとめない・・ ご容赦!

投稿: OKMR | 2007年11月27日 (火) 00時23分

「たらい」ってのがあるんですね~
いいなぁ、楽しそうだなぁ

投稿: 二枚橋 | 2007年11月27日 (火) 00時57分

OKMRさま>
確かに、玉数怪しいです。普通の釜揚げ頼んだほうが一人あたりの量が多いような気がします。でも「たらい」2,300円するんですよね。単純に割ったら金額的には6人前くらいあるはずなんですが・・・。まあ容器使用料と重たい”たらい”の運搬料だと考えれば良いのかも。考えようによっては、あれだけ観光地価格なのかも・・・。
改まった席ならば「郷屋敷」もありますけど、そこまではお財布が・・・。
わらやの近くなら「山田家」のざるぶっかけも好きですよ。夏場によく食べました。

二枚橋さま>
結構「たらい」出す店多いように思います。徳島に行ってもあったり(阿波まで行くと味はさすがに落ちます。)。話は変わりますが、埼玉は香川とうどん生産量トップの座を争っているとか。関東はそばのイメージが大きいのですが、埼玉県民はうどんをよく食べるのでしょうか?

投稿: いぶきダンナ | 2007年11月27日 (火) 08時58分

亭主に呼ばれたので参りました・・・

三代続く(いやもっとかな?)埼玉人の嫁でございます。
さて・・・埼玉県でのうどん消費量の件ですが、私が育った武蔵野周辺では、「武蔵野うどん」と呼ばれる他地域にはないうどんがあるようです。
(こんな名前があることも知りませんでした)

豚肉や野菜を入れて煮込み、色の濃い関東しょうゆで作る温かいつけ汁で、ゆでてさらした冷たいうどんをいただきます。
私にとって、うどんとはこの食べ方をするもので、別の料理法として「煮込みうどん」が存在するくらいでした。
今でも古い慣習を大事にする方は、冠婚葬祭の際には、つけ汁のうどんをパックで配ります。
昔は(私の祖母世代くらいまでは)自宅でうどんを打つのは割と当たり前でした。

そんなわけで、消費量が多いのかと思います。

投稿: 二枚橋の嫁 | 2007年11月27日 (火) 23時31分

「たらい」、観光地価格かもしれませんね。
って、1食あたりの値段を知らないのですけれど。
讃岐へ遊びに行って、うどん屋で「たらい」を品書きの中に見つけたら、頼んでしまうと思います。

さて、埼玉でのうどんについてカミさんに書いてもらいました。
私は結婚するまで、埼玉県民がこんなにうどんを食べるとは知りませんでした。
「人が集まる時には、うどん」だそうです。

そして、「埼玉県」で「うどん」というと、埼玉県・所沢市に本社がある「山田うどん」が出てまいります。

URLを置いておきますので、ご覧下さいませ。
公式サイト→http://www.yamada-udon.com/index2.html
ウィキペディア→http://ja.wikipedia.org/wiki/山田うどん

投稿: 二枚橋 | 2007年11月28日 (水) 00時04分

二枚橋夫妻さま>
どうも。お揃いでご訪問ありがとうございます。
実は埼玉のうどん生産が多いことは知識として持ってはいましたが、このたび初めて「武蔵野うどん」なる名前を知りました。また、埼玉全域ではなく所沢など一部地域であることもネットで調べてみて知った次第です。「人が集まればうどん」って、まるで香川県じゃないですか。

うどんが冠婚葬祭で出されたり、家で打ったりすることは香川県と同じですね。今風に言えばB級グルメですが、長い歴史や豊かな地域性は日本の食文化の奥深さを感じます。「武蔵野うどん」も食べてみたいですね~。おいしそうです。


投稿: いぶきダンナ | 2007年11月30日 (金) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/9127234

この記事へのトラックバック一覧です: わらや:

« 紅葉狩 | トップページ | セカチューの里で »