« カニツアー | トップページ | クリスマス »

330(その1)

先日常連さまのブログで少し話題になった「330」。
ダンナ秘蔵の(?)写真から330を選んで公開する。

330_1
前期型のセドリックセダン オリジナルのスタイル。
(神戸市須磨区内 1982年撮影)

330_1r
前期型セドリックセダンのリア部。L字テールに
今となっては何とも言えない懐かしさや親しみを覚える。
(高松市内 1994年撮影 ホイールキャップはノンオリジナル)

330_2
同じく前期型グロリアセダン。
十字のモチーフが印象的だが、セドリックに比べ
ごちゃごちゃした感じがする。
(神戸市須磨区内 1982年撮影)

330_2r
前期型グロリアセダンのリアスタイル。
セドリックより少数だったこともあり、これを見ると
妙にうれしかった思い出がある。(撮影同上)

330_3
低グレードはセドリック・グロリア共通のフロントグリルとなる。
実はダンナにとって「330」とはこの顔のことである。
ボンネット先端のマークの色で瞬時にセド・グロを見分ける
技術を身に付けたものである。(という小学生であった。)
(栃木県日光のどこか 1983年撮影)

つづく・・・。

 

|

« カニツアー | トップページ | クリスマス »

クルマ」カテゴリの記事

タクシー」カテゴリの記事

コメント

330と聞いて、某電鉄の中間電動車を思い浮かべたワタシは、まだまだ鉄分たっぷり。

投稿: えびび | 2007年12月19日 (水) 11時12分

型式の知らない友人は
石原プロ製作のNTV系テレビドラマから
「大都会パートⅢ」型とか
呼んでいました。

あのボリュームあるスタイリングは独特ですね。

330(その2)・・・楽しみです。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2007年12月19日 (水) 12時29分

えびびさま>
そんなマイナーな・・・。
1両だけどこかに保存されているとか。
近くで見たことはないのですが・・・。

アルプスさま>
私も型式を知らなかった頃は「ひとつ前の」とか言っていまして、3つくらい前になると会話が成り立たなくなっていました。
330はくどいデザインではありますが、なにせタクシーなんかで数が多かったり、テレビドラマに出演したりで慣れてしまったのかも知れません。対抗馬のクラウンは直線基調で対照的でしたね。どっちも捨て難いです。

投稿: いぶきダンナ | 2007年12月19日 (水) 22時11分

おぉ・・・。
カッコイイですねぇ。

一番上の画像、クルマの向こうに見える自販機も気になります:-)
屋根が付いていたり、外付けのルーレットがあったり。

投稿: 二枚橋 | 2007年12月23日 (日) 00時26分

こういう自販機、地方に行けばまだ見ることもありますが、立っているだけでキカイとしては死んでいたり・・・。ちなみにセドリックの後ろにいるのは610ブルーバードUです。一緒に撮っておけば良かった・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2007年12月24日 (月) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/9468055

この記事へのトラックバック一覧です: 330(その1):

« カニツアー | トップページ | クリスマス »