« 厄除け | トップページ | 330(その3) »

ツマガリ

先日、学生時代の友人が
おかみがリクエストした「ツマガリ」のケーキ
を持ってきてくれた。
甲陽園の有名な店で、「姫路菓子博覧会」で
お菓子の姫路城を作っているところである。

080120
実はまず3人でイチゴショートを食べたのだが
撮影するのを忘れた。

ダンナ、ここは神戸人の端くれ
東須磨の「ボック(現ボックサン)」で育った子供である(?)。
一応・・・、そういう舌を持っているわけで。

良い材料を使っているのはよく分かる。
味は甘味が抑えられ、上品。

わざわざ伊丹から甲陽園経由でケーキを運んでくれた
友人に感謝。

次はボックサンのケーキをご馳走しますので。

|

« 厄除け | トップページ | 330(その3) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

西宮市民が手土産に持っていく代表菓子、
と言えばツマガリですね。

甲陽園という出店地、どうして夙川か甲風園でなく、甲陽園なのかは現地を歩いてみればわかるような気がします。

20年前のその決断、おみごとと思います。
開店早々、当時は西北勤務でしたから会社帰りに行きましたが、甘さが抑えられたさっぱり感は、当時では珍しかったのではないでしょうか。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2008年1月21日 (月) 20時09分

ボックサンは今でも甘味があります。以前に比べると上品系に振ったようですが、町のケーキ屋さん的な雰囲気は残っていて、そうですね~、もう30年以上お世話になっています。弟さんが興したリッチフィールドのほうは甘味を抑えた大人の味で、店構えも都会的でシャレた感じが対照的です。ツマガリはリッチフィールドをさらに後味さっぱり系にした感じ、と言うのが私の感想です。

投稿: いぶきダンナ | 2008年1月21日 (月) 22時25分

東須磨のボック(現ボックサン)は、初めて
味を知ったのは、昭和49年です。

高校の友人宅が東須磨駅山側にあり、板宿から移転した
洗張屋さん(現在廃業)で、お宅で頂いたのが最初です。
バターの風味が強い印象でした。
垂水区だと星陵台のポンヌフに似ていたのではないかと思います。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2008年1月21日 (月) 23時43分

ポンヌフは行ったことないです。星陵台ですね。また一度行ってみます。やはり有名になる店は20~30年はされていますね。味が落ちないとお客さんも離れませんしね。食べ物屋さんにとっては大切なことです。

投稿: いぶきダンナ | 2008年1月22日 (火) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/9990056

この記事へのトラックバック一覧です: ツマガリ:

« 厄除け | トップページ | 330(その3) »