« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

EF5860

いつもお世話になっている二枚橋さまのブログ
日高見製作所 資料室」からの情報によると
JR東日本にいる「EF5861」が廃車になるらしい。
機関車時代の終焉に旧型機であるゴハチが
まだ残っていることはある種感慨深いものがある。

あまりにも有名な「ロクイチ」についてダンナから書く
ようなことは何もないが、EF58そのものについては
「焼け跡のバラックを見下ろして走ったデッキ付きの」
と言う時代、そして「青大将」を牽いた黄金時代を
全く知らない世代であり、ダンナが知っているのは
近所の山陽本線で荷物列車や団体列車の先頭に
立っている比較的地味な姿である。

とは言え、EF65PFが牽いてくるブルートレインが
昼間通らない神戸の小学生たちにとって、黒い
EH10の貨物と共にスマートなEF58に人気があった
のは事実である。
(大量廃車が出始め、ゴハチブームが起こるのは
その少し後のことと思う。)

5860
EF5860 大阪駅 1982年6月6日

この写真。大阪駅で荷物列車の先頭に立つのは
ロクイチの僚機、60号機である。お召し予備機として
製造されたが、すでに廃車され保存されることなく
スクラップとなった。EF58が見慣れた存在であっても、
茶色のゴハチは60と61の2両しかなく珍しいため、
さすがにホームの端まで走って撮ったのをよく覚えて
いる。

先日、会社の後輩(明らかにテツ)が

「荷物列車って何ですか?
  貨物列車とどこが違うのですか?」


と聞いてきた。
世代間にギャップがあるのは当然のことだが、
彼らにとってのEF58とはもはやイベント用に現れる
保存機の世界にいる機関車なのだろう。

「機械」である以上、それは仕方ないこととは言え・・・。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

春の訪れ

朝起きたらまだ屋根に雪が残っていた。
この分だと早朝ならば銀世界であったことだろう。

積もるようなモノではないものの、今日は日中
ずっと雪が舞ってる寒い1日であった。

そんな中で

Ikanago

近所のホームセンターでは調味料から鍋まで
一式が揃えられる「いかなごコーナー」が出現
していた。 あとは魚と技術さえあれば「釘煮」が
作れる。しかし、ワインまで置くか。

何はともあれ
春は、近い。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

神戸市電1155号

神戸市の本山交通公園にある神戸市電1155号。
27年ぶりに訪れてみた。

1155

以前見たときは上半が明るいクリーム色で、
オリジナルとはとても言えないカラーリングであったが、
最近整備され美しい姿がよみがえった。

神戸市電唯一の高性能車であった1150形。
8両の仲間のうちワンマン化された7両までが広島電鉄に
移籍、神戸時代より長く活躍したあと、そこで最期を迎えた。
神戸に残ったこの1両のみが公園で余生を過ごすことに。

1995年、震災で同じ公園内の蒸気機関車が横転している
映像を見たとき、1155号の運命について観念したダンナ
ではあったが、SLより軽かったことが幸いしたのか
横転することはなく、その後の解体の危機を乗り越え、
今も我々の目の前にあることは、ある意味奇跡でもある。

広島でたくさんの人を乗せてその後も走った仲間のほうが
幸せであったかも知れないが、こうして原形のまま貴重な
姿で残ったこの車両の末永い保存を切に願いたい。

えびびさまのフェンダーストライカーとともに・・・。

追記:広島っこさまの情報により、1150形のうち1156号が
   唯一現役で活躍しているそうです。
 
   残された時間はあまり無いのかも知れませんが。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

湯たんぽ

最近愛用しているもの。
湯たんぽ。

Yutanpo
イメージは銀色なのだが、最近はこれがスタンダード
らしい。1個しかなかったため増備し、現在は2個配置
されている。

そう言えば「湯たんぽ」とあだ名された電車もあったっけ。
素晴らしいネーミングセンスに脱帽する。

ともかく電気のものに比べ安全である上、乾燥しない。
翌朝まで暖かく、すぐ洗顔に使えるので急いでいる朝に
ガス給湯の湯を待つ必要もない。意外にスグレモノである。

しかしながら、寝る前に大量に湯を沸かす必要があり、
(自分で沸かすと)予想以上に面倒だと知ったのだ、が。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

30年前の南海軌道線

30年も経つと普通の写真が貴重になる。
先日来同じアルバムの写真を紹介し続けているが
久々に関西編。

205
南海平野線のモ205形。(1978年2月頃)

堺市内のLRT構想が動き出し、その様相が変わりそうな
阪堺電気軌道。写真はまだ南海の軌道線であった頃。
平野線は地下鉄谷町線延伸により1980年に廃線となった。
205形はかつての南海電車の雰囲気を残した車両で
深い緑色の車体にニス塗りの窓枠、南海らしいナンバー
の書体がよく似合っている。

ダンナ、平野線に乗ったのは
これが最初で最後ではなかったか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

渋滞

車検に出していたクルマを引き取りに行き
帰りに国道2号で渋滞に引っかかる。

やれやれ
と思いつつ、ふと空を見上げると
久々の夕焼け。

080216

通り過ぎる電車の車体が赤く輝く。

こういう感じ、悪くないよな~、と。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スイッチャー

ダンナ、疎い分野なのであるが・・・。

以前から神戸市西区のとある場所、それも鉄道とは
全く離れた地に「鉄道車両」が放置されている。
貨車2両と機関車数両。

「いつか撮らねば~。」と思っているうちに機関車が
解体され始めたので、慌てて撮ったのが以下の写真。
08011301
国鉄のトラ45000であろう。2両ある。

08011302
全体はこんな感じ。青い機関車が目立つので
知っている方も多いであろうが、実は国鉄DL色の
機関車もあって・・・。

08011303
記憶する限りでは「顔」があったのに、とうとう
解体され始めて原形が無くなってしまった。

この車両、スイッチャーに疎いダンナには
何が何だか分からなかったのであるが、
ネットで調べると、現役時代の写真が出てくる。
エラい時代である。

ちなみに、ネットで調べたところによると
いずれも関西フレートサービスに所属する
日本車輌製の入れ換え機で、いろんな経緯が
あり、恐らく最終配置は浪速貨物駅にいたらしい。
青いのがD15-1(1975年製)、解体中のがDB252(1966年製)
あるいはDB254(1968年製)と思われる。

(ソース)
各ページもリンクフリーとのことなので、↓に
貼り付けました。

http://homepage3.nifty.com/koedaka/switcher/bz_s_naniwa_a.html

| | コメント (10) | トラックバック (1)

ミンチカツ?メンチカツ?

星陵台の惣菜店/レストラン「オリエンタル」
店先でコロッケを揚げてくれる庶民的な店ながら
アルプス銀水タクシーさまの情報によると
オーナーが「オリエンタルホテル」出身ということで
いわゆる肉屋のコロッケとは一線を画している。

前置きが長くなるが、ダンナ両親はオリエンタルホテル
で結婚式を挙げたそうだ。ただ、この老舗ホテルは
震災で倒壊し、現在は更地の駐車場と化している。

さてさて、話が脱線したが
コロッケがあるくらいだから「ミンチカツ」もある。
ミンチのカツだからミンチカツだ、と西日本の人間は
思うのだが、これが東日本では「メンチカツ」と言う。
東日本でもミンチ肉の場合は「ミンチ」と発音するとか。
正しいのはどちら?ではない。方言の類である。

この境界線は例の「糸魚川~浜名湖ライン」らしく、
いつも話題になる東西の境界と一致しているらしい。

ちなみに、東日本では「ヒレカツ」というトンカツの
脂身の少ないやつ、西日本では「ヘレカツ」って言う。
一度「vow」に載っていたのだが、ダンナ何が「変」なのか
理解できませんでした・・・。

で、最近読んだ本。
080211_3
網野善彦著「東と西の語る日本の歴史」

東と西の差異が単に江戸と大坂の違いではなく
さかのぼればすでに縄文時代以前に確立したものでは
ないか、という説を時代を追って丁寧に展開したもの。

日本が単一民族・単一文化だという前提や、コメの
生産こそが進化(縄文<弥生)と見る通常の歴史視点
から解き放たれることにより、自由で豊かな解釈も
可能となることを示した。

全ての方にお奨めするわけではないが
なかなか面白く読ませていただいたことを記しておく。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

近鉄バス公開

コッコ2号登場までに公開できているはずだった
近鉄バスのいすゞエルガワンステップだが結局遅れ、
逆にダンナ風邪引きで家から動けないため、本日
なぜか完成、公開にこぎつけた。

ただ、近鉄沿線に住んでいても近鉄バスのカラーリング
を知らないヒトって結構いるような気がする。

Kin5313_1

Kin5313_2

Kin5313_3

Kin5313_4
近鉄バス5313号車
いすゞエルガワンステップ KL-LV280L1 2003年式

そもそも、一昔前なら近鉄にいすゞとはちょっと
想像しにくい組み合わせであったが。
(近鉄と言えば日野なのである。普通は。)

それにしても、あれだけショックであった
ハデハデの現塗装も見慣れると何とも思わない
ばかりか、リエッセなんかに塗られるとカッコ良い
と思ったりするのは・・・。

クーラーのほうはゼクセルもあるが、
せっかく苦心してデンソーのを作ったので、こちらを選択。
ロゴくらい何とかなるやろうと思っていたら、
微妙に違っていて、結局全部作る羽目になる。
あまり手をかけたくなかったのに・・・。

とは言え、PJ車は「日野」だったりする。エルガなんだが。
もう訳分からん。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

風邪引きました。

この3連休はコッコ2号の世話もあって大変だろうと
ダンナはコッコ1号を連れ出して青少年科学館の
「鉄道模型と遊ぼう」にでも行こうと思っていたのだが

どうもダンナ、ここ1週間以上どうも背中やら首が痛い
と、胸も痛いぞ、と。おまけに木曜日から咳きが出始め
金曜日昼前から「これは熱だ。」と。
とにかく仕事は出来るところまで片付け帰宅。
体温計を見ると「38.1℃」
最近経験のない高熱。

土曜日、コッコ2号と一緒に病院行きとなった。
インフルではないと見えて、医者は単に風邪薬を処方。
ようやく日曜日の昼を過ぎて熱が下がり、パソコンの前に
いるわけ。

ダンナ、(たぶんおかみの期待する)戦力にならん。
(おかみにとっては)世話せなあかん人間が増えただけ・・・。

役に立たんな~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2号

全く緊張感の無い登場ではあったが
先月末日、無事「コッコ2号♀」が竣工した。

とにかく「コッコ1号♂」が緊急帝王切開であったので
必然的に「2号」も帝王切開になり、
「いつ登場するか?」というワクワク感が無かったため
事前観測通り「♀」かどうか確認しただけで
まさかここまで来て「♂」であれば、
名前も何も考えていないところであった。

見た感じは「1号」登場時とほぼ同じ外観である。
2次車にありがちなマイナーチェンジはないようで
単なる増備車という感じであるが・・・。

「鉄子」にだけは絶対にしたくないと

固く誓うダンナである。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »