« 神戸電鉄6000系 | トップページ | 北条鉄道 »

神姫バス7270号 日野PJ-KV234N1改

2007年に入った神姫バスのワンステップ車。
いやはや、こういうクルマは何と言ったらいいのか。
一昔前であったなら、「日野-西工」と言うべきところ
ではあるが、KV234N1というのはLV234N1の日野で
売った分なので、要するにいすゞエルガなのだ。
おまけに西工。

ダンナのアタマが古いだけかも知れないが、こういう
クルマって何なんだろうか。神戸市は律儀にも日野
ブランドで買うとクーラーがデンソーだったりするが、
山陽はいすゞブランドでもデンソー入れたり

もう、むちゃくちゃや。

Shinki7270

型式写真といいつつ非公式側からだが・・・。

Nishiko1969
普通はこういうのを「日野-西工」って言うんだと思うが。
(明石市交通部 日野RE100 西工 1969年式)

|

« 神戸電鉄6000系 | トップページ | 北条鉄道 »

バス」カテゴリの記事

型式写真」カテゴリの記事

コメント

自動車部品業界は、かつては「系列」が厳密に守られていましたが、今ではもう再編やら統合やらイロイロで、わけがわからなくなっています

完成車でも、商用車では同じ車を日産、三菱、マツダで名前を変えて売っていたりしますし。
日産といえば軽自動車を扱うようになりましたが、乗用はスズキと三菱、商用は三菱から供給を受けています。
自動車の世界は複雑怪奇になりました。。

投稿: 二枚橋 | 2008年4月27日 (日) 23時45分

こんばんは。ブログの書込みは初めてになりますね。今後とも宜しくお願い致します。

ところでこのモデルはエルガ系で西工なんですね。大阪市バスも今年辺りからこのモデルを見るようになったのですが、てっきりUD系かと思っていました。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年4月28日 (月) 03時08分

タイに旅行にいってから このへんのしがらみがふっとびました
シャーシにあらゆるボディー乗せられてるし 海外メーカーもありだし 逆におもしろかったです。
そのうち これは国産なんや なんて日もちかいかも 電化製品も気が付いたらそんな感じですしね。

「日野-西工」いいですね かまぼこボディの「日野-西工」は撮ったこと無いです。
なんとなく 窓枠の下が丸いタイプとか もっと古い世代を連想してしまいます。  

投稿: OKMR | 2008年4月28日 (月) 06時46分

二枚橋さま
そうですよね~。特に商用車が統合されていくのは寂しい限りです。先日も社用車の見積もりを日産のADバンなのかマツダファミリアバンなのか、とやってましたが、まあ販売店の頑張りでどちらが安くなるかだけで実態は同一車ですもんね。カリーナにもコロナにもマークⅡにも、スカイラインにもバイオレットにもバンがあった時代が懐かしい~。

西日本総合開発さま
こちらでは初めましてです。サダンのほうに先レス付けちゃいましたが。
エルガ系で西工は結構珍しいのではないでしょうか。普通はUDか今ではエアロスターSだったりしますから。もう何でも良いですが、個人的にはシビリアンテールのほうが「まし」な気がします。

OKMRさま
タイも面白そうですね。ただ、気になるのは一時期4メーカーに5種のボディが載っていたノンステップバスが、あっという間に2種になってしまったことで、何でもありというのがメーカーの弱ってしまった状態を示しているのが残念に思うのです。
カマボコ西工。写真のものはサッシの細いやや古めのタイプです。

投稿: いぶきダンナ | 2008年4月29日 (火) 08時51分

おはようございます。

大阪市バスはメーカーが分かるようなステッカーやバッジ類を全部外してあるので、今では左前に乗ってプレートを見ないと分からない事が多いです。同じ車庫のJバス車でもいすゞブランドと日野ブランドが交錯しています。ただ比較的初期の新造入庫車はいすゞみたいですね。

今ではバスは実質2メーカーで3ボデーなんですよね。日野西工の初期FFシフト車が懐かしいです。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年4月29日 (火) 09時22分

こんばんは。明石市の日野-西工につられて来ました。同型車に乗った記憶はありますが、写真を撮り始めたころにはすでに引退していました。画像を拝見すると当時のサウンドが聞こえてきそうです。
で、日野-西工らしい写真を探して出てきた、大阪市のRTをスキャンした画像アドレスを置いていきます。リアビューが「日野-西工らしい」です。

投稿: odori-ko | 2008年4月29日 (火) 21時02分

日野-西工、良いですね。
カマボコもそうですが、神戸市の53MCボディの非低床車、あのなんとも言えない車体は大好きでした。
画像の明石市のカマボコ、思い出は目一杯ありますね。この車は廃車後、魚住駅前で倉庫になっていた車ですね。再開発で消えたと思っていたら、別の場所に!動いたんですね。
odori-koさんより撮影時期が僅かに早かったのか、同期の最後の1両、カメラに収めることが出来たのは当時でも嬉しかったです。
明石市バス、関西では比較的マイナーな存在ながら、使用年数が長かったので、遅くまで「兵2あ」や「神戸2き」が見ることが出来ました。
長々とすいません~。

投稿: 播磨観光タクシー | 2008年4月30日 (水) 09時32分

西日本総合開発さま>
メールのほうも拝見しました。クーラーはサモキンですが、でも日野・・・なんですね~。さっぱり分かりませんね。

odori-koさま>
大阪市のRT。今から思えば特注仕様てんこ盛りですね~。他メーカーより低い位置に付くバス協ランプが日野らしいです。ブルリⅡで西工なら低い位置の日野らしさは醸し出しますが、これエルガだから低いんですよね~。

播磨観光タクシーさま>
53MCの標準床。ブッサイクでしたね~。58MCの最初のやつ(792~795)もめちゃくちゃブッサイクでした。昭和59年、神姫の新車エアロ(現在の高速カラー)で遠足に行く途中、初めて会いました。神戸市はまだ非冷房車が多数走っていました。バスに夢の持てた時代でしたが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2008年4月30日 (水) 22時34分

こんばんは。

明石市バス、私も存在を知りませんでした。マイナー度は高槻市バスや尼崎市バスみたいな感じですかね。

最初画像の日野-西工のアイボリーに赤ラインを見て、近鉄バスの旧塗装かと思いました。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年4月30日 (水) 22時36分

遅レスで失礼します。
>いぶきダンナさま、播磨観光タクシーさま
確かに神戸市の53MC標準床はある意味強い個性を持っていたと言えますよね。(なぜに低床とはあれほど印象が違うのかと)これが明石市になると、M尺クラスだったせいか、公式側裾の左折巻き込み防止のトラ模様ガード以外、あまり目立つ印象は無かったでしょうか。(小さいですが、画像置いてきます)

>西日本総合開発さま
はじめまして。
明石市バスのマイナー度と申しましたら、路線規模、台数ともに近畿の公営では最小、全国レベルでも、下から数えて?番目、というポジションだろうと思います。

投稿: odori-ko | 2008年5月 5日 (月) 00時13分

odori-ko様初めまして。

近畿最小レベルなら正直私には分からない世界で当然かもしれませんね。昔から大阪市内を滅多に離れないもので… 

高槻市営と尼崎市営、伊丹市営でも社会人になって初めて見た時にビックリしましたからね。大阪と京都、神戸以外にも市バスがあったのかと(笑)

投稿: 西日本総合開発 | 2008年5月 5日 (月) 03時42分

明石市の53MCと言えば小さい方向幕のせいで落ち着いた感じでしたが、なにせメッキバンパーが強烈で・・・、58MCになったらバンパーどころかライトケースもメッキされていたのに度肝を抜かれましたね~。あのまま続いていたら96MCはどうなっていたのやら・・・。

中都市の市営バスは一昔前までは儲かっていたのです。高槻市は現在でも黒字のはずで、姫路市も一時期は貸切が絶好調でした。尼崎市は輸送人員から見れば山陽バスより多いので、尼崎市より多くの人を運んでいるバス会社は尼崎より西では神姫・広電・呉市営・西鉄・長崎バスの5つくらいしかないはずなんです・・・。(両備は?と思われそうですが、両備の1日平均輸送人員は尼崎市の半数以下です。)

投稿: いぶきダンナ | 2008年5月 5日 (月) 09時34分

こんにちは。

そうなんですか。そんなに市営バス事業が良かったなんて知りませんでした。大阪市バスなんてかなり前から赤字連続ですからね。

公営バス事業は中都市向き、大都市部では鉄道路線との兼ね合いで厳しいのでしょうかね。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年5月 5日 (月) 15時38分

>いぶきダンナさま
メッキバンパー、そうでしたね(笑)モノコックの頃の明石市、一部の例外を除いてメッキバンパーばかりで、何と言うかもう個性と言うより当然?、と言う感じで、目に入っていませんでした。
58MC、神戸市や神姫よりも若干早い導入だったのにメッキベゼル+前面小型幕で3倍ビックリでしたよね。96MCで同仕様だったらですか・・・・3年前の観光廃止まで生き残ってた、S62年式ふそう-西工のC-1みたいな印象になっていたかも・・・

投稿: odori-ko | 2008年5月 6日 (火) 00時08分

>西日本総合開発さま
中小都市の公営が黒字だった頃、大都市の公営の赤字幅が現在の中小クラスだったので耐えられたのではないでしょうか。全体として利用者が減った結果、大都市は大赤字に落ち込み、中小も赤字体質になり、体力のない中小のほうは公営バスを維持するのも困難になってきているものと思います。

>odori-koさま
C-1ですか。なるほど。強烈ですね~。非低床のメッキベゼル・・・。まさに明石市の面目躍如といった感じです。ぶつかったときの修理代が高そうです。

投稿: いぶきダンナ | 2008年5月 6日 (火) 12時45分

おはようございます。

大阪市はどうも昔からザル経営だったらしく、それでバス部門は慢性赤字のようです。私鉄系では考えられないような給料が出ていたようで、今でもその傾向は残っているみたいです。

この状態では利用者数云々、利便性云々で赤字解消できる話ではなさそうです。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年5月 7日 (水) 06時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/20614200

この記事へのトラックバック一覧です: 神姫バス7270号 日野PJ-KV234N1改:

« 神戸電鉄6000系 | トップページ | 北条鉄道 »