« 北条鉄道 | トップページ | 京阪3000系(2) »

帝産観光バス 三菱ふそうエアロクイーンM

50分の1ペーパークラフトも公開40作目。
記念作品?ではないのだが、前から製作を進めているにも
かかわらず、最後の判らない一点で止まっていた作品の謎が
ようやく解明されたので、めでたく公開と相成った。

Space

Space1
最近めっきりと減ったエアロクイーンM。
しかしながら高速バスブーム時に各社が競って導入し
その安定した性能が評価された名車である。

実は判らない部分のというのは「屋根」で

Space2
こういう風に「犬(グレイハウンド)」が描かれているのだが、

最近の「CLUSTER」には描かれていないのをご存知だろうか?

登場時のエアロクイーンMに、この「犬」が描かれているのは
知っていたのだが、今回製作したペーパークラフトは更新後。
更新前は撮っているのだが、更新後(恐らく全塗装している)
も「犬」が残っているのかどうか判らなかったのだ。

おまけに貸切バスは路線バスほど人気がない。
サイトに写真がない。

そこで、ダンナ「非常手段」。”屋根が見れそうな場所”
R175バイパスを小野市内に入ったところで帝産観光バスの
車庫があるが、走っていては「見えない」程度の高さの壁があって
かと言って専用道に近い構造でクルマを止めることも出来ない。

が、何度も通るうちに路肩に何とか止められそうなことが判り、
先日フラワーセンターに行きがてら、この車庫を過ぎた辺りで
クルマを止め、後ろから来ていたスカニアの大型トレーラーを
やり過ごし、まあ幅に余裕があるとは言え明らかに自動車しか
走っていない(当たり前だが・・・)道路を歩いて戻る。
ある意味「命がけ」。何か物でも落としたのか?みたいな。

Space3
その状況で撮った写真。手前の線路は神戸電鉄。
(最初は神鉄の車内から撮ろうと思っていた。)
※写真だけではこの撮影の苦労が分からんが・・・。

めでたく8系のエアロもU-くらいなら「犬」がまだ付いている
ことが判って、めでたしめでたし。

そう、こうやって「いぶき工房クオリティ」は保たれているのである。

|

« 北条鉄道 | トップページ | 京阪3000系(2) »

バス」カテゴリの記事

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

調査お疲れ様でした。私もデコトラ作成においては結構よくやりますよ。トラックターミナルで一人見学会です(笑)

最近ではサイドのウィンカーを付けていなかった事に気付き、数日掛けて大型全車取り付けしました。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年5月 4日 (日) 03時54分

う~ん、執念ですな。
しかしながらペーパークラフトとは思えないほどきれいにフロント周りのカーブを表現していますね。good
先日両親がH急交通社のツアーで信州行ったのですが、画像見ると新大阪から乗って行ったのが帝産滋賀のクイーンMだったようです。

投稿: シンコー | 2008年5月 4日 (日) 18時46分

いやまあ、こういうのが模型作りの楽しみでもありまして・・・。

帝産、まだまだクイーンMいますね~。滋賀のやつは「Spaceliner」のロゴが神戸や東京のものとは異なっているようです。

投稿: いぶきダンナ | 2008年5月 4日 (日) 23時48分

こんばんは。

滋賀といえば帝産湖南ですね。大阪でも以前よく見た気がします。それにしても観察が細かいですね。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年5月 5日 (月) 03時36分

帝産湖南は基本的に路線バスのみ(貸切免許持っているかもしれませんが・・・5台ほど・・・。)で、貸切のほうは「帝産観光バス滋賀」という会社です。車庫は同じですのでクルマは湖南と一緒に寝ています。

あ、そうそう。どこかのサイトで「犬」を「豹」だと思っている方がいました。どうやら草津駅前に直営の「グレイハウンド」という喫茶店があるらしく、とにかく「豹」の名前が「グレイハウンド」だと説明・・・。
先に「グレイハウンド」が何か調べたほうが良いのでは?と思いましたね。

投稿: いぶきダンナ | 2008年5月 5日 (月) 09時20分

こんにちは。

確か近所でバブル期に帝産カラーのエアロで、帝産湖南の社名入り車両を見たので滋賀は全部湖南かと思っていました。

あとそのバスですが、帝産湖南でしたがナンバーは大阪かなにわ登録だった気がします。そんな時期って過去にあったんですかね。

あの柄は確かに一見知らなければ豹かもしれませんね。グレイハウンドは帝産がアメリカのバス会社から権利を取得しているんですよね。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年5月 5日 (月) 15時34分

西日本総合開発さま>

いや、恐らく元々湖南の貸切だったものが再編されて帝産滋賀として分社されたものと思います。大阪登録の分は滋賀に帰ったか、大阪や神戸の帝産に吸収されたのではないでしょうか。

投稿: いぶきダンナ | 2008年5月 6日 (火) 00時31分

こんばんは。

帝産もそんなに再編されていたんですね。そういえば最近こっちでは湖南と入った車両を見ていません。

再編といえば南海バス系も凄いですね。和泉登録できなくなった古いバスは全部和歌山バスへ流れるようで、そもそも和歌山バスという存在自体この前和歌山へ行くまで知りませんでした。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年5月 7日 (水) 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/20748150

この記事へのトラックバック一覧です: 帝産観光バス 三菱ふそうエアロクイーンM:

« 北条鉄道 | トップページ | 京阪3000系(2) »