« 資料収集 | トップページ | 430(その4) »

大河ドラマ

ダンナが再び大河ドラマを見始めてから4年目になる。
以前見ていた頃もあったのだが、ここ十数年は見て
いなかった。

それが、なぜ見始めたかというと、地元で活躍した
「義経」だったからである。というより、この「義経」で
会社が得られるはずの増収予想をダンナが担当して
作った手前、「とりあえず見ておこう」と考えるのは、
まあ、自然なこと。

次の年「功名が辻」
ダンナ、以前も書いたがルーツのひとつが高知である。
亡くなったダンナの祖母は「士族だ」などと言っていた
らしいが、上士か郷士か、はたまた実は農民かは知ら
ないものの、まあ山内家初代当主の出世物語であり、
何となく他人事でもないため、見てしまった。
結構面白かった。

さらに翌年「風林火山」
正直、全く見る気が無かったにもかかわらず、ダンナ父が
好きな井上靖の原作本が薄くて読みやすく、大河では
結末をどうまとめるのだろうと考えているうちに最後まで
見てしまった。

そして「篤姫」
何を考えたか、熱心に見ている。

Atsuhime_2

今回の「篤姫」原作本。

宮尾登美子の文章は司馬遼太郎のように、数ページで
ぐいぐい読者を引き込む文体ではないが、なかなか面白
かった。ただ、後半の大奥のところはややダレ気味。
大河のほうは小松帯刀など原作に全く登場しない人物を
追加してうまくまとめるつもりなのだろうと予想する。

なお、この本はダンナが今年の誕生日に電車立ち読み用
ブックカバーと共におかみより贈られたもの。感謝。

|

« 資料収集 | トップページ | 430(その4) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

イベント企画されているのでしょうか?
前回の源平キャンペーンではスタンプラリーに参加。
久しぶりに須磨寺参拝、大師餅を賞味したり最終のロープウェイ山上遊園では記念品をいただき、回転展望喫茶でお茶して360度パノラマを楽しみました。
今回も期待しております。

司馬遼太郎さんの作品、数ある歴史小説ですが、中に平易に入っていける文章で好きです。
司馬さんの歴史小説ではありませんが、「街道をゆく」は描写が写真集を見ているが如くですね。
幼少期に住んでおられた母方の旧家が当方の近くにあり、全国から愛好家が訪ねて来られます。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2008年5月22日 (木) 12時45分

>アルプス銀水タクシーさま
今年は源氏物語千年紀ですね。特に何かやるとは聞いていませんが・・・。イベント企画部署ではないので、地道に数字をいじくっておりまして。

「街道をゆく」いいですね~。確かにそこを歩いているような感覚になれます。で、行ってみたいな~、と。人を引き込む文章というものは慣れもありますが才能なのでしょう。記者出身だというのもあるのでしょうが、さっぱり要領を得ない記事を書くヒトもいますからね~。新聞社でバイトしたときに仲良くなった記者さんに「タクシーマニア」として新聞に載せていただいたことがありました。地方版だったので油断していたら大阪本社版にも載ってしまい、内定を得ていた今の会社にバレてしまいましたが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2008年5月23日 (金) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/20939463

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ:

« 資料収集 | トップページ | 430(その4) »