« 遺構 副題:サイレンの思い出 | トップページ | キッコーマン高砂工場 »

ブルドーザーのガンバ(2)

買ってしまいました。

Gamba_2

「ブルドーザーのガンバ」

前に書いて二枚橋さんを巻き込んでしまった絵本。

Amazonの感想文でも「ごんぎつね」「泣いた赤鬼」に
並ぶ名作と書いた人もいた。いや、同意するしかない。

ダンナの記憶では最後のシーンが強く印象に残り
そこまでのストーリーを忘れていたのだが、
今になって読み返すと、正直考えさせられる内容。

正しいと思ってしたことが、立場が変わると正しくない
ことになってしまう、あるいはただ単に年老いたという
理由で軽視される・・・まあ、サラリーマンを10年以上
やると普通に見えてくることでもあるが・・・理不尽が
描かれる。

対象年齢は小学校低学年あたりまでらしいが

「35歳以上」も追記することを提案したい。

|

« 遺構 副題:サイレンの思い出 | トップページ | キッコーマン高砂工場 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

ついに届きましたか。

途中のストーリーがアレだからこそ、最後のシーンで我々はやられてしまうわけです。

>「35歳以上」も追記
賛成です(笑
15才や22才でも泣いている人はいますが、35才以上とは涙を流す理由が違うのではないかな~、と思っています。

投稿: 二枚橋 | 2008年6月 4日 (水) 00時08分

会社の上司に言われたこと。
「とりあえず同じ会社に10年勤められたら、その人はひとまず評価できるのではないか。会社に勤めるというのは、ある意味理不尽に耐えることでもある。」

この話に全面的に賛意を示すわけではありませんが、10年勤めて大体分かってきて、会社でもある程度のポジションに立ち、多忙で家庭に気を配れなくなりそうになりながら、しかし出世を断る勇気も無い、みたいな、35歳ってそんな年齢のような気がします。

だからこそ、この絵本が心に染みるのかな~、と。

投稿: いぶきダンナ | 2008年6月 5日 (木) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/21396642

この記事へのトラックバック一覧です: ブルドーザーのガンバ(2):

« 遺構 副題:サイレンの思い出 | トップページ | キッコーマン高砂工場 »