« キッコーマン高砂工場 | トップページ | IKEA »

焼肉をするときは

炭火で焼くのが美味いに決まっている。
肉もさることながら、ホットプレートでは火が通りにくい
”イモ”や油まみれになってしまう”椎茸”が、
炭火だと非常にうまく焼けるのである。
肉の旨み成分とか、いわゆる科学的データで見ても
炭火で焼くほうが本当に美味しいらしい。
これは気分的なものではないのだ。

いぶき工房では(以前も書いたかも知れないが)
元町の居酒屋で卓上炭火コンロ(飛騨コンロ)を見て
とりつかれ、結局梅田の阪神百貨店で四角い
「水コンロ」を発見して買い求めて以来、

「焼肉は炭火」

と決まっている。

※当然、ホットプレートでやることもある。
 この場合のメニュー名は「プチ焼肉」である。
 「インチキ焼肉」とも言う。なんのこっちゃ・・・。

080607
最近発泡酒にグレードダウンしております・・・。
油が落ちるのでホルモンなんかも美味しいんだな。

だが、用意するのが面倒なのだ。
炭をおこすのが・・・。

野外のキャンプならば火をおこす道具を持って
いる方もあろうが、家でやる場合は簡単にやりたい。
最初は台所のガスコンロに炭をかけていたのだが
火が付くまでに爆ぜるので、その辺が炭だらけに・・・。
その片付けの手間があるのと、炭の用意に時間が
かかるために、近年は「プチ焼肉」に甘んじてきたのだ。

ところが、昨日ふと「電気コンロで焼いたらどうか」と
思い立ち、庭に電気コンロを出して炭をかけてみた。
(上写真で左にちょっと写っている赤いやつが電気
コンロ)

これが予想外にうまくいった。途中で炭を追加する
のも簡単だし。

「プチ焼肉」追放の日も近いか?

秋にはこれでサンマを焼くのだ。

|

« キッコーマン高砂工場 | トップページ | IKEA »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

なるほどぉ そういう手もありましたか
未だに家屋内で炭火使ったこと無いです やったこと無いのですが。
炭火がおいしいのは 熱源に水分を含まないからです ガスは大量の水分を含んでいますので べったりした焼き上がり また わざとに臭いをつけていますので それも食材にうつります。
からっと焼けるので どうでもいいソーセージでもおいしいです。
OKMR家屋内では しかたがなくIHの魚を焼くグリルで いろんなものを焼きますが これも乾燥した熱源ですから いがいとバリッと焼けますが 夜11時過ぎないと 電気代が怖いです。 深夜電力でサツマイモをゆっくり焼いたり 秋刀魚も意外とおいしいです。 でも炭には負けます

投稿: OKMR | 2008年6月 8日 (日) 23時59分

OKMRさま>
この水コンロ、一応屋内用なんですけど、煙だらけになるので写真のように窓のそばでやらないといけなくなります。日頃のホットプレートは電気なんですが、水分云々の問題はどうなるのでしょうか?ただ油べっとりは避けられないですが・・・。
炭火、初めはもっとジュージュー焼けるものと思っていたのですが、結構静かでかつ火が通っているのに感動したものです。キャンプなんかで屋外でやるときは気にもしていなかったのですが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2008年6月10日 (火) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/21489869

この記事へのトラックバック一覧です: 焼肉をするときは:

« キッコーマン高砂工場 | トップページ | IKEA »