« コトデンバス 三菱ふそうB905N(その2) | トップページ | 瀬戸の花嫁 »

コトデンバス 三菱ふそうMR470

これまた既知ながら撮影していなかった物件。

Mr470
コトデンバス 三菱ふそうMR470 1974年式
香川県某所。まだあったとは・・・。

実はこのバス、現役時に撮影済だったため
この場所に出現した際、無視していたもの。

だが、ペーパークラフト資料収集のためには
細部が撮影したくなり、10数年ぶりに訪問。
塗装も含め、ほぼ現役時のまま残っていることに
驚いたが、しっかり細部撮影してきた。

ところで、そんな話を自慢げにしていたところ
同じく模型界の先輩の一人が

「写真撮ってもな、漏れとるところがあるやろ。
僕はビデオカメラで撮っとるねん。」

なるほど、同じ発想をするヒトは必ずおり
そして、上には上が必ずあるものだ、と。

|

« コトデンバス 三菱ふそうB905N(その2) | トップページ | 瀬戸の花嫁 »

クルマ」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

遂にVの方も登場ですか。凄い気合ですね。私なんてまだまだです。何せ携帯のカメラで撮っているだけですからね。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年8月17日 (日) 05時29分

模型を作るとなると、特に鉄道車両の場合は屋根に配管が回っているため、撮り漏らすと「どこでどうつながっているか」分からなくなったりしますし、一方向からだけ撮ると反対側が分からなかったりしますので、実際動画はなかなか有効なものと思いますよ。

投稿: いぶきダンナ | 2008年8月18日 (月) 23時50分

こんばんは。

鉄道は更に奥が深いんですね。その意味ではまだデコトラのほうが単純明快かもしれません。ペーパークラフトでも拘っている人は凄く拘っていますけどね。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年8月19日 (火) 02時58分

そうですね。鉄道の場合「鉄道模型」というジャンルがきちんと確立していますし、歴史も古いですから裾野が広いのだろうと思います。鉄道マニアがいわばアニメと「オタク」の双璧をなすわけですしね。

投稿: いぶきダンナ | 2008年8月20日 (水) 07時04分

こんにちは。

オタクですか。うーん、我々世代にとっては決して褒め言葉ではないですが、今はどうやら変わってきたようですね。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年8月20日 (水) 14時00分

「オタク」は今も差別語だとは思います。ただ・・・、世間一般からはこうした趣味を持つヒトには「近寄りたくない」というのが本音であり、「鉄道ブーム」だの「鉄子」な~んてのはマスコミの作った虚像でもあるわけです。ただ、このブームの中で「隠れ鉄道マニア」が結構いるものだと気付かされましたが。

投稿: いぶきダンナ | 2008年8月20日 (水) 22時55分

おはようございます。

やはりそうですよね。テレビで痛車がドンドン流されたり、鉄ちゃんとか言って番組が成立していたので、それなりの市民権は得たのかなと思っていました。従来は明らかに良くない方向性でしかオタクは発信されていなかったのが、最近は少し好意的な観点で発信されていたので…

投稿: 西日本総合開発 | 2008年8月21日 (木) 09時24分

何枚写真を撮っても、撮りこぼしはあるものですよね。。
駅やら車庫やらで、あっちこっちを撮った後、画像を見返していて「あれ?」ということが時折発生します。。
そんな時、携帯電話でビデオ撮影しておけば、と思ったりします。
まあ、携帯のレンズでは画質がまったく期待できないのですが。

「鉄道ブーム」、どこにきているのかな~、と。
近頃は全く出向いてはいませんが、鉄道会社のイベントでの出来事を掲示板などで見ていると、「鉄オタ許可証」とか必要なんじゃないかとも思います~。

投稿: 二枚橋 | 2008年8月21日 (木) 21時52分

西日本総合開発さま>
そうですね。ブームというのはまあそういうものですから。少子化で模型の類も売れず、ターゲットを頭数の多い30~40代に絞っているメーカーの戦略もあるでしょうし。(これは他の趣味にも当てはまるのですが。)

二枚橋さま>
ビデオは有効ですが、私はまだまだそこまで手を出す気になれません・・・。写真は写真として撮りこぼしは宿題だと思えれば良いのですが、えてして二度と見れないことも多いですよね。

「鉄道ブーム」どこに行くんですかね~。西日本総合開発さまも仰っていますが、以前ほどネガティブに語られなくなったのは、アニメを中心とするサブカル文化が現在日本から世界に誇れるソフトであるという認識が出来たからかと思います。(かと言って市民権までは?ですが。)ハード面は新興国に追い付かれるわけで、ではソフトはどうかというと、日本が勝てるのはサブカルかい!と・・・。
幸運にも最近「痛い」オタさんにはお会いしてません。スレスレの方はいますが・・・。ただ、東京より大阪のほうが絶対数が少ないためか、イベント状態もやや「まし」かなとは思います。

投稿: いぶきダンナ | 2008年8月23日 (土) 07時42分

こんにちは。

すいません、そのスレスレの痛い車オタクです。

そういえば海外で日本のアニメが空前の人気だそうですね。フランスでは現地のアニメとは綴じ方が元来違うらしいのですが、今では日本の単行本は日本のまま(右綴じ)で作っているそうです。

日本のアニメがハリウッド映画にも影響を与えているそうで、これはこれで閉塞感のある日本の経済発展の在り方として真剣に考えないといけませんね。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年8月23日 (土) 14時43分

まあまあ、「痛い」と自覚されている方は概して普通の感じですね。自覚の無い方がなかなか「痛い」わけですからご安心を。

「カワイイ」という表現が彼の地でウケているようです。モノだけでなく、一般にも受け入れられるような文化も輸出(認知される)できれば日本の立ち位置も確立できるかな、と。「源氏物語」が間違いなく世界最初の長編小説であり、欧米でも現代にも通用するものだと認識されているように・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2008年8月24日 (日) 08時26分

こんばんは。

まぁ気を抜かず痛くならないよう頑張ります(笑)

テレビではオタク文化の輸出なんて表現されますが、オタクでなくともマンガは読んでいる訳ですから、それの輸出自体は日本の今後の産業構造の在り方を考える良い機会にはなったでしょうね。既に世界の工場、物作り大国という立ち位置は中国に代わったのですから…

投稿: 西日本総合開発 | 2008年8月24日 (日) 20時58分

コメントがしづらい流れになってて遅くなりましたが これは香川22か209号です。
本当は210号が残っていたらなあ と個人的な思い入れで ときどき見に行きます。
どうして209なのか 考えても結論はでませんが どうしてなんかなあ・・・
中の椅子が残っていたらもっと嬉しいのですがしかたないです。
そういえば 近くのあの会社 引っ越したわけでなさそうなので 廃業したのでしょうかね。
それはそれで残念なんですよ。

投稿: OKMR | 2008年8月26日 (火) 23時33分

OKMRさま>
いやはや、申し訳ないです。209号は現役時代に前後ともきちんと撮影しているので廃車体に大きな関心は無かったんです。259以降とはホイールアーチ形状が異なりますよね。260は解体現場まで行きました。三菱車体の329と同じ所で解体されていますし。329なんて持って帰りたいくらいでしたが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2008年8月27日 (水) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/23031537

この記事へのトラックバック一覧です: コトデンバス 三菱ふそうMR470:

« コトデンバス 三菱ふそうB905N(その2) | トップページ | 瀬戸の花嫁 »