« あぶないあぶない | トップページ | 初代キャラバン »

停滞の訳

三菱ふそうB820Jはまもなく完成の見込みだ。
あと一歩なのだが、ここからどう料理するかが
「いぶき工房クオリティ」。少々時間が欲しい。

だが、秋には「鉄道フェスティバル」模型コーナー。
新作を用意する必要はないのだが、作りたいのも
事実。そろそろ手を付けなければ・・・。

という業務輻輳によりHPの更新が滞っているのだ。

今日は模型のほうの進捗状況を・・・。

7021

側面部分。貼り合わせる前に下地を整える。
前作1500と同じ工法だが、今回は屋根板を使う
ため、曲げ加工は必要ない。

7022_2
妻面。何を作っているのか?と言うか何年止まって
いたのか。
と思われる向きもあろうが、

今回はクラフトロボで窓抜きをしたんだな、実は。
HPで製作記を一部公開したものとは別モノなのだ。

|

« あぶないあぶない | トップページ | 初代キャラバン »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

B820Jは気長にお待ち申し上げます。

ところでクラフトロボって便利そうですね。あまり詳しくは知らないのですが、型紙を切り抜いたりできるんですよね。祖父が勤めていた工場にあったNCシャーリングなんかと同じようなものですかね。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年8月 6日 (水) 21時29分

NCシャーリングがどんな機械かよく知らないのですが、プリンタみたいな外観で、インクを噴き出す代わりにカッター刃が動いて切り抜くという、見た目わりとシンプルなものです。
↓に動いているところを撮っています。
http://chanoma-ibuki.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/index.html

投稿: いぶきダンナ | 2008年8月 6日 (水) 22時48分

おはようございます。

作業シーンを見ました。一見うちにあるプリンターみたいですね。あのタイヤトレッドのギザギザまでカットできるというのが感動モノですね。私みたいな痛いマニアにとっては作業効率倍増、作成意欲は何倍増になることでしょう。

NCシャーリングとは鉄板や金属板をカットする機械でして、近年ではコンピュータで入力した通りにカットする仕様が一般的だそうです。祖父が定年後に知人の工場に勤務していたバブル辺りの頃は、まだコンピュータ制御機自体が高額でしたし操作できる作業員も少なかったので希少でした。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年8月 7日 (木) 06時40分

私も、新作を…と考え遅々と進行中です。秋に間に合うか否か?パーツは揃っているのですが…。

投稿: 播磨観光タクシー | 2008年8月12日 (火) 20時52分

西日本総合開発さま>
やはり、そうでしたか。今は何でもそうなんですよね~。パソコンで入力したものを切り抜く機械・・・。仕事用であるのはそれとしても、最近は遊び用でもありますもんね~。大したものです。

播磨観光タクシーさま>
今年は担当リーダーがK課長で、私はサブリーダです。最近ウチの運転会も「各社の模型愛好家の競作が見られる」と有名になりつつあるので、頑張ってください。期待しておりますので。

投稿: いぶきダンナ | 2008年8月12日 (火) 21時02分

こんばんは。

近年の製作機械におけるIT化はすさまじいですね。省力化も極限まで達した感じがします。問題はオペレーターが機械に付いていけるかどうかです。

投稿: 西日本総合開発 | 2008年8月13日 (水) 02時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/22810320

この記事へのトラックバック一覧です: 停滞の訳:

« あぶないあぶない | トップページ | 初代キャラバン »