« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2日連続の運転会(川崎重工こだま型電車50周年)

今日は川崎重工での運転会。
こだま型電車50周年ということでの車両カンパニー
正面に展示された車両と1階ロビー部分を公開し
鉄道模型を走らせている、という企画。
あいにくの雨で人出はさほどでもなかったが、かえって
ゆったりと見て回れた。
08102601
構内では山形新幹線とEF210の姿が。

08102602
いつもガラス越しに遠くに見えていて気になって
いたOK-3台車。初めて間近で見せていただいた。
山陽電鉄830号に付いていたものと思われる。
東二見で屋外展示されているものの相方か?

08102603
大型模型も展示。このモハ52、戦前製作のもの?
片方のスカートは失われていた。

08102604
HOゲージコーナー。
神鉄車両群は昨日の山陽鉄道フェスティバルに
続き連日登板である。

08102605
山陽3000系・5000系も連投。

08102606
NゲージではDCCの実演も。広々したロビーで
運転会とは恵まれた環境にある。

で、肝心のクハ181-1を撮っていない、というわけで。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2日連続の運転会(山陽鉄道フェスティバル2008)

一応25日なので1日遡って書くことに。

「山陽鉄道フェスティバル2008」で、
当いぶき工房製山陽700形702+709を初披露。

702
↑702 神戸寄りMc。
709
↑709 姫路寄りTc。

家で一度も試運転していなかったので、会場で
走らせて問題ないことを確認。展示コーナー入り
したために本番では運転せず。

ちなみに車体と床下は被せているだけで留まって
いない。窓ガラスもまだ。乗務員室の仕切り壁を
付けたいとか、追加工作を残したままだが
一応「見れる」状態にはなった。やれやれ・・・。

と、自分のことばっかり書いているが、このほか
今回の新作など全体のリポートはこちら↓へ。
http://www.geocities.jp/ibukikobo/sanyo2008.htm

| | コメント (6) | トラックバック (1)

山陽700形(たぶんその6)

特に間に合っても合わなくても良いような気がしてきた
山陽電鉄702+709。とは言え、工作は進めている。

とりあえず車体が完成したので塗装した。
70216
1色目。マッハ模型の山陽上半色を使用した。

70217

2色目。マスキングして下半分と雨どいに同じく
マッハ模型の山陽下半色を塗装した。

70218_2
屋根。グレーを塗ったあと赤茶色を吹いてみる。
しかし・・・マスキングテープを剥がすとさっきまで
塗った2色がペリペリと・・・。

下地のプライマーサフェイサーとの相性が悪いのか
プラパーツがあるからと、ラッカーをプラ用溶剤で
溶いたのが悪かったのか・・・。(確かTMSに載って
いた塗装方法であったのだが・・・。)

70219_2
Hゴムとサッシに色入れ。なかなか「らしい」顔に。

70220

70221
高圧の赤い配管は山陽電車の特徴。
今回茶色い屋根を試してみたのは、自分自身が昔、
山陽電車の屋根がグレーであった記憶がないため
である。屋根布部分はもちろん新車の頃はグレー
だが、そのうち汚れて茶色になってくる。全検時も
屋上機器だけ塗装して屋根布はそのままなので
ダンナ子供の頃、山陽電車の屋根ってこういう
イメージだったのだ。

一種の冒険ではあったが・・・。

下回りは、

まだです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

加古川にて

ようやく猛暑も去り、外でシートを広げて弁当を食べる
のが楽しい季節となった。

ダンナ一家、今回は高砂の海浜公園で弁当を広げ、
そのあと加古川の河川敷に移動して

ポカ~ン

と時を過ごす。

Kako

いい天気だな~

N700
おっ、N700系!

500
川面にガラスが反射する。

また、来よう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

平日昼間 ~おかみのレポート~

コッコ1号♂は4歳にして時代劇通です。
毎日、将軍様が峰打ちで暴れまわるのを楽しみにしております。

今日も1時間前から「うえさま、まだ~?」。
で、始まったら、「姫路城!」。

・・・毎日同じコトを叫ぶコッコ1号。
それに確かにそれは姫路城だけどもさ。
江戸城って設定なんだから、だまされてやれよ。
でも、コドモに大人の対応をさせたらいかんか。
・・・と、毎日同じことを考えるおかみ。

そして質問コーナーが始まる。

「なんでうえさま、つよいの?」
「なんで、じいはじいちゃんなの?」
「なんでうえさま、ここにいるの?(市中をウロウロしてるの?)」

それはそういう設定なのよ、としか答えようの無い質問をしたかと思えば、

「なんで刀は長いのと短いの持ってるの?」
「め組って何?」
かんじょうぶぎょうって悪い人なの?

など、真面目に答えても理解できないだろうなー、と言う質問もある。

そして今日。
1号「うえさま、刀、みじかいのだけだよー。どしてー?」
よく見てるなとおもいつつ
おかみ「一般に城中屋内では太刀は太刀掛に掛けておいたり、お小姓が持っていたりするもんだよ。だって邪魔じゃん。」
1号「そうかー!」
・・・本当にわかったのか?

しばらくして、チャンバラが始まった。
「お母さん、かちんかちん(チャンバラのこと)はじまったよー。ふくもとさん探そうよー!」

ふくもとさん探しかよ!

切られ役、福本清三。

4歳児にも人気です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

神鉄トレインフェスティバル2008

ふと気が付くと鉄道会社イベントの季節になっている。
そう言えばコッコ1号が「出発進行!」などとミニ電車に
乗っていた神戸電鉄のイベントから1年。早いものである。

081005_1_3
あいにくの雨。人出も昨年より少ないように思われた。

081005_2
今年の目玉は新車6000系。
子供向け運転士・車掌体験はいつも通り長蛇の列。
今年は断念。

081005_3
HOゲージ模型コーナー。
真ん中のが新作6000系の全自作モデル。
奥のデ1100形は昨年サフェ状態であった4両
だとのことで、こちらも新作。
ここ数年でデ1100は3編成ほど登場した気がする。
すばらしい充実ぶりに敬意を表する。

081005_4
工場を後に、鈴蘭台→谷上→新神戸と電車に乗って
新幹線で西明石まで1駅乗った。しばらく電車見物。
最初はヘンなデザインだと思ったN700系も、見慣れて
くるとなかなかカッコ良い。しばらくいると0系以外は
みんな見てしまった。今回乗車は300系。今のうちに
乗っておかないと、ね。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

山陽700形(たぶんその5)

あまりスケジュールに余裕のなくなってきた感のある
山陽700形の製作であるが、とりあえずこんな感じに
なっている。
70215
顔。ヘッドライトは点灯式にしないこともあって、
エコーのパーツをドリルですり鉢状に削ってみた。

70214
パンタ回り配管。写真によると登場時は歩み板が
もう少し後ろまであったようだが、末期は短縮され
ているようである。

早くレタリングを作らないと・・・、間に合うのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »