« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

0系新幹線

0系の通常運行は今日で終了。
西明石駅も大勢のファンや家族連れで大賑わいだった
という。ダンナにとって「新幹線」と言えば0系であり、
0系しか無かった時代に「国電全百科」に「000系」と
書かれているのを見て

新幹線電車に形式があったんか!

と「発見」したのも懐かしい思い出である。
(特急の絵本や写真集には単に「新幹線電車」と書かれて
いたのである。子供が「N700系!」なんて叫ぶ時代になる
とは・・・。)

さてさて、まだまだ0系がたくさん走っていた時代にダンナが
コレクションしたNゲージ模型をご紹介。

081130_4
右から学研、エンドウ、カトーの新幹線0系。

081130_1
0系のNゲージ模型としては初となる学研製品。
エーダイ引継ぎではない学研開発品で、ライトは点灯しない。
マイクロエース製品登場までは唯一の0番台車であった。
21・22・25・26・35(M)の5形式があり屋根パーツなどきちんと
作られているかと思ったら21が22と同じ車体だったりする。

081130_5
「西独TRIXモーター使用」などと箱書きされているところに
時代を感じるモーター車の35形。

081130_2
全金属製の車体が有名なエンドウ製。
小窓となった1000番台を再現している。Nゲージとしては
1000番台の唯一の製品。21・22・15・25・26・36(M)の6形式。
オプションのライトユニットを付ければ光前頭部分も一緒に
光るが、1000番台車登場の頃は既に実車のほうが「光らない
光前頭」であったと思われる。全体にカツミの16番製品を
小さくしたような印象。

081130_3
現在も入手できるカトー製品。但し写真は最初期発売のもの。
パンタが固定式で、ライト周囲の銀色表現は無い。
21・22・15・16・25・26・27・36・37(M)の9形式を発売。
当時最新の2000番台を再現しているが、15・27・36は実車に
2000番台が無いため1000番台となっている。
トミックスも同時期に発売しているが、15・27・36は出していない。

ダンナ、学研製を8両、エンドウを6両、カトーを12両所有しており
3メーカー混結で16両組めるようにしていた。後にマイクロエース
から0番台が発売されたが、他のメーカーとは混結できないので
0系らしい「大窓+小窓」の混合編成を再現するには現在でも
学研製品の助けが必要となるのだ。

081130_6
2000番台と0番台の混結例。カトーと学研は色合いも近く、
違和感が無い。

現在の電車が編成単位でまとまっているのを思えば、
103系から新幹線まで、当時の電車ってユニット単位で結構
バラバラな編成が走っていたよな~、と。

そういうところ、0系が「国電」であった証でもあるのだ。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

お呼ばれの運転会

今年はあちこちの運転会によく出没する年である。
今回も非公開の運転会にお呼ばれで行ってきた。

08112901
とある大きな会議室に広がったNと16番の高架レール。
新幹線16両フル編成が楽々と走るスペースが魅力的。

08112902
大阪モノレールの車窓から見える鳥飼基地のようだ。

基本的にダンナ、16番支持者だが新幹線フル編成を
架線柱を立てた複線高架橋で、となるとNゲージも
捨てたものではない。16番だと先頭車1両で7万を超え
たりして、ますます高額所得者のオモチャへ特化して
いるわけで、メーカーが自分で自分の首を絞めている
のである。少子化でコドモも減っているから新たな市場
も期待できないのか・・・。

08112903
おまけ。この日の川崎重工。
N700系、山形新幹線、EF210の増備が続く中、
顔を突き合わせる京急1000と西鉄3000の姿があった。
完成後は東西に別れ、2度と会うことはない。メーカー
ならではのシーン。京急のほう、まだステッカー貼付け
途中のようで・・・。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

ぼくがラーメンたべているとき

以前、二枚橋さまから教えていただいた絵本。

遅ればせながら書店で手に取った。
ふんふん、ミケがね~。

うん、なんでとなりの国に飛ぶんだ。
(このあたりで不穏な空気を読み取る。)

子供が物売りしてるぞ。
(だいたい先の展開は読めるわけですが。)

先の展開を読んでいないと。(心の準備をしないと、ね。)
何となく読んだりなんかしたら、あなた。

その場で立ち尽くしてしまいますよ、しばらく。

風の音が耳の奥で・・・、

確かに聞こえました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阪急西宮ガーデンズ

阪急西宮ガーデンズ。
26日にオープンする西日本最大というショッピング
モールで、西宮球場の跡地に建ったもの。
プレオープンにもかかわらず、もう行ってしまうダンナ。
新しいものに弱いのは神戸っ子の性か、それとも
土佐の血か・・・。

Ng01
西宮北口駅南すぐ。ムービングウォークで結ばれる。

そう言えば日本で初めてのムービングウォークは
阪急梅田駅だったか。

中はまあ、最近郊外なんかによくあるスタイルであり、
核店舗には阪急百貨店とイズミヤ。商圏が西宮や芦屋
といった高級文教地区を狙ったものでもあるためか、
妙に上品な雰囲気が漂うが、そこは阪急らしさなのかも
知れない。

で、早速模型ファンには話題になりそうなコーナー発見!
阪急電鉄とブレーブスの歴史展示室があり、そこに
1983年ごろと銘打った西宮北口駅と球場のNゲージ
サイズジオラマが「で~ん」と据えられている。

Ng06
おお~っ!懐かしのダブルクロッシング。

Ng05
観客で満員の西宮球場。

と、さすが阪急だけに気合の入り方がタダモノではない。

Ng03
本線の普通は5000系トップナンバーの8連。
方向幕の無い、2071系を組み込んだ、まさに
1983年ごろの編成。2071の台車はエコノミカルを
しっかり履いている。行き交う特急は7000系8連。

Ng04
もちろん今津線を行き交うのは810系と1010・1100系の
いずれも6連。運転士が乗ってる・・・。

球場の巨大模型よりも、妙にこだわりのある作りの
阪急電車4編成のほうに、やっぱり釘付けになってしまう

ダンナ

であった。やれやれ・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

七五三

予定より1週遅れたが、七五三。
コッコ1号に一応の正装(おかみ自作)をさせて
生田神社に参拝した。

この前、西宮廣田神社に行ったばかり。
いわゆる神功皇后同時創建と伝えられる3社のうち
2社に連続参拝したことになる。
こうなればあと一つ、長田神社にも行かねば。

ともあれ、境内はパンダの着ぐるみ登場など
七五三ムードに溢れており、賑やかな雰囲気。
Ikuta

Ikuta2
受付を済ませてお守りだのメダルだのを戴く。
ここ担当の巫女さんが少し美人だったので
ちょっとうれしいダンナ。ただし若すぎる・・・。

このメダル。川西祐三郎の木版画を使用。
千歳飴の袋のデザインも同じ。ダンナが欲しい
くらいである。

Ikuta3
祈祷を済ませて太鼓を歳の数だけ叩く。

さすがコッコ1号、日頃から寺社参拝をこなし
作法をトレーニングしているだけのことはある。
自慢ではないが(自慢だが)祝詞中も背筋を
伸ばして「おりこうさん」であった。

ま、ダンナとおかみの子供であるだけのことは
あるが。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

某所・運転会2008(2回目)

早いもので前回の某所・運転会より半年。
再びおっさんたちが集まる。ダンナもダンナの
車両もコッコ1号とともに参加した。

08111601
いろんな会社の車両が集う。
HOゲージのブルートレインはフル編成が何本も。
交通科学博物館でも見られない豪華さ。

08111602
前回に続き、「幻の車両」から。
前面が平面なのに2枚窓の構想図面が存在する
というクハ76。(M氏製作)

08111604
久々に登場のNゲージ阪神ジェットカー群。
(播磨観光タクシー氏製作)

08111606
HOゲージの大阪市電900形。車体中央部が
膨らんでいるのに前後が絞られている難しい
造形を再現。(Iz氏製作)

08111605
共にモハ63の更新車である山陽702号(いぶき
工房製作)と2700形(HINODE MODEL製作)。

08111603
ようやくコッコたちも片付けが出来るように・・・。

子供は電車を走らせ、おっさんたちはダベる、という
極めて健全な集まりは続く・・・。

HP内にも公開しました。(2008.11.24追記)
http://www.geocities.jp/ibukikobo/bou2008_2.htm

| | コメント (4) | トラックバック (0)

くさや

くっさいね~。
ダンナは辛うじて完食したけど
おかみ、残さず食べる主義にもかかわらず
さすがに食べられなかった模様。

ちなみにダンナ、納豆については元々関西ゆえ
食べる習慣が無かった(そもそも昔はスーパーに
置いていなかった。)が、学生時代に食べるように
なり今では常備食。特に休日の朝はよく食べる。
アボカドやみょうが、イカと混ぜると良いアテだ。

もっとも学食で納豆を食べていたら、関西出身者に
「関西人やめろ!」と言われたことがある。
「納豆食べたら離婚」と言っていた関西人ヨメも
おったな~。

Kusaya
しかし、鼻に抜けるアンモニア臭には参った。
納豆の例からして、たぶんあの臭気がたまらなく
”美味い”のだろうな~、とは思うが。

ちょっと、今のところ慣れる自信は、ない。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

カプセルエムテックが・・・。

HOスケール代用として最近集めている72分の1ミニカー。
そもそもカルフールに1台100円で売っていたホンウェルの
やつが、パジェロだのアリストだのベンツCクラスだの、
日本車や日本でよく見るガイシャが多かったもので、喜んで
ヨーデルだのエポックだのも買っているうちに100台以上に
なってしまった。やれやれ・・・。

Gtr
で、今日久々にガチャガチャで出した「カプセルエムテック」
の日産GTR(左)。

今回、初めてボディがプラ製になっていることに気付いた。
何かショックである。同じシリーズにクラウンがあり、結構
欲しいのだがプラ製だと買う意欲が・・・。
1台200円ではあるものの・・・。

やっぱミニカーはダイキャストでしょう。

ちなみに上写真。前も出したかも知れないが、
電車が1/80、家がどこかで公開されている1/100の窓を
抜いたもの。本格的なレイアウトならともかく、運転会での
仮設レイアウトならば十分なスケール感だと思われる。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

IKEA再び

天気の悪い週末。
どこに行くあても無かったのだが、クルマを東に
走らせているうちポートアイランドに行ってしまった。

「イズミヤ」で何か食べよう、くらいに考えていた
のだが、「IKEA」も空いているみたいなので、
ふと入ってみた。

あの混雑はどこへ行ったのか、いやこれが正常
なのか・・・。

Ikea2
レストランも窓際に座れました。

Ikea3
土曜日の17時ってこんなに空いているものか?
スウェーデン風とかいうメニューは目新しい味だった。

でも、ゆっくり見れたので欲しかったガラスのマグカップ
とか、模型工作用の手元スタンドランプとか、はたまた
クリスマスツリーの飾りとか・・・、ホームセンターとは
一味違うデザインに惚れて買ってしまうわけで。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

西宮広田神社・新幹線公園

今日は天気も今ひとつ。クルマで出かける。
西宮市内へ・・・。

タイガースが毎年祈願に行く西宮市の広田神社。
神功皇后ゆかりの神社のひとつ。長田神社や
生田神社と同じ創建である。
08110301
神功皇后については、戦前の皇国史観のもとでは
史実であり、戦後教育では実在を疑われる存在で
もあるが、ダンナとしては最近流行りのトンデモ
歴史系とは距離を置きつつも、そのまま実在は
しないまでも、モデルとなる人物は存在したのでは
ないかという説に賛同する。

したがって、こうしたゆかりの神社も何らかの関係
があるに違いない、と信じる。

ま、参拝したところで何も分からないが・・・。

08110302
広々した境内。本殿は戦災に遭い、伊勢神宮から
移築されたものという。

次に甲東園にあるという「新幹線公園」を探す。
なかなか捜索は難航したが・・・。

08110303
「山陽新幹線記念公園」と書かれている。
新神戸トンネル入口上部のJR所有地にある。
工事で殉職した人たちの慰霊碑がある小さな
公園。

08110304
こんな感じでトンネルに出入りする新幹線を
見ることができる。
寂しい雰囲気でほったらかし感のある公園だが
新幹線見物に訪れる親子連れが絶えない。
穴場スポットなのであろうか・・・?

08110305
やって来た500系。

こんな写真が撮れます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

京阪中之島線

ダンナ一家、風邪でダウン中である。
3連休はちょうど良い休息となるはずであったが
コッコ1号だけが復活、活動し始めたから大変だ。
コッコ2号は高熱を発しているので1号をとにかく
分離しないと・・・。

というわけで
「どこ行きたい?」と聞いてみる。

「おとーさんが、まえに、けいはん3000けいに
のせたろうっていうとったやん。」
どこが気に入ったのか京阪3000系に執着する。

子供との約束は守らねばなるまい。

とにかく「京阪中之島線に乗る」ことに決定。
(ダンナ、実はもう乗ってたんだけれども・・・。)

大阪まで「JRにのる!」と頑張るもので

08110201
尼崎まで新快速の先頭車でかぶりつき。
130Km/hの前面展望を堪能。

08110202
そう言えば以前コッコ1号が
「なんでJRのまえのぱんたぐらふ、たたんでるの?」
と聞いてきたかと。
きちんと尼崎で東西線に入る前にパンタを上げる
シーンを見せておかないと。逆に京橋で下げる
シーンも。これで納得したはず・・・。

で、ダンナ実は初めてJR東西線全線乗車したのである。
(特に尼崎~北新地間は初乗車・・・。)

08110203_2
京橋で京阪のホームに上がったら、うまい具合に
快速急行中之島行きの3000系がやって来た。
この内装、良く言えばシックだが地下では暗い感じも
する。関西私鉄には珍しい戸袋窓を持つことから
車内見付はやや中途半端な感じもあるが、全体に
スマートなイメージでまとめられている。

08110204
中之島駅。同じような子供連れの初乗り組と順番に
電車の前で撮影。こういうとき、クソマニアが苦々しい
顔をして。「はよどかんかい」みたいな。
いやいや、そういう人たちを一緒に入れて撮ったほうが
「新線開業」の華やいだ雰囲気が出ると思うのだ。
何度も言うようだが。

08110205
中之島駅で思わず衝動買い。3000系のプラレール。
ついでにおかみに好評の京阪カレンダーも購入。

さて、一旦改札を出入りして京橋に戻れるように
してからコッコ1号に
「3000系また乗ってみる?」と聞いてみると
「こんどはみたい」と言う。
「さっき見たやん。」
「そとではしっているところがみたい。」

なるほど。地下ホームで見るのはいやだと。

てなわけで、快速急行に先行する区間急行で門真市
まで乗り、後続の3000系を迎え撃ち。

08110206
ついでにホームで電車も撮る。
いずれ見られなくなる現塗装。阪急とは形態の異なる
エコノミカル台車がカッコ良い。車番が切り抜き文字
からシール貼りに変更されつつあるのは残念だが、
塗装変更後は書体まで変わることになるので切り抜き
文字がどうのと言っている場合でもなくなる。

門真市からはいつものコース。
大阪モノレールで鳥飼の新幹線基地を眺めて
今回は南茨木から阪急で戻った。

こんなことをしているから
ダンナのほう、風邪が治らんではないか・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »