« 阪急西宮ガーデンズ | トップページ | お呼ばれの運転会 »

ぼくがラーメンたべているとき

以前、二枚橋さまから教えていただいた絵本。

遅ればせながら書店で手に取った。
ふんふん、ミケがね~。

うん、なんでとなりの国に飛ぶんだ。
(このあたりで不穏な空気を読み取る。)

子供が物売りしてるぞ。
(だいたい先の展開は読めるわけですが。)

先の展開を読んでいないと。(心の準備をしないと、ね。)
何となく読んだりなんかしたら、あなた。

その場で立ち尽くしてしまいますよ、しばらく。

風の音が耳の奥で・・・、

確かに聞こえました。

|

« 阪急西宮ガーデンズ | トップページ | お呼ばれの運転会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

二枚橋オススメ、という時点で疑ってかかってくださいませ(笑

普段はまったく気にしていない「現実」を突きつけてくる絵本です。
こういう「現実」がある、ということを子供たちには知っていてもらおうと思っています。

大人の方が知っていなければならないことなんですけどね。。

投稿: 二枚橋 | 2008年12月 2日 (火) 14時00分

二枚橋さま>
いえいえ、オススメしていただいてありがとうございました。本文にも書きましたが先の展開は読めますね。読めるんだけれども「こうあって欲しくない」と思いつつ「やっぱり」みたいな結末。

目を背けている自分を感じることが出来ますね。かと言って明日から何が出来るわけでもないのですが、そういう無力さも身に染みます。年齢に関わらず読んでもらいたい本だと思いました。

投稿: いぶきダンナ | 2008年12月 2日 (火) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/25649775

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくがラーメンたべているとき:

« 阪急西宮ガーデンズ | トップページ | お呼ばれの運転会 »