« 鉄道模型と遊ぼう | トップページ | 永遠のエアロバス »

丹波篠山

丹波篠山。

このところ訪れていなかったが、久々にクルマで
行ってみた。(前回は神姫バス篠山営業所の
リエッセを取材に行ったのだったが・・・。)
近年は伝統的な街並みを保存整備する試みが
一種のブームになっているが、篠山では比較的
早くからこうした観光への取り組みが進んでおり、
最近では残った建造物をより往時のスタイルに
復元する作業もしているようである。

090208_1
篠山観光のベースとなる大正ロマン館。
元篠山町役場。よくぞ残していたものである。

前回訪問時は城の西側にある武家屋敷を主に
回ったので、今回は東側の商家を巡ることにする。

090208_2
「国重要伝統的建造物群保存地区」とされる
河原町妻入商家群。 細く、途中からゆるやかに
曲がる街路に沿って、伝統的な建築物が数多く
見られる。

090208_5

090208_6

090208_3
一部を洋館風に改装したのか?

090208_4

090208_7
そのほか、街中を歩けば古い建物は多く見られる。
角地にある2階建ては木造の看板建築であった。

090208_8
増築された新しい建物に飲み込まれてはいるが
元郵便局のような事務所建築。
地方に行けばまだまだよく見られる洋館である。

県内でも中央部の小都市には結構魅力的な
建物が残っているもの。消えてしまう前に記録
だけでもしておかねば・・・。

|

« 鉄道模型と遊ぼう | トップページ | 永遠のエアロバス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

地方の中核都市には古い建物がたくさんありますね。私の好みは小さな洋館です。

投稿: meimai | 2009年2月 9日 (月) 20時32分

meimaiさま
おっ、meimaiさまも洋館ですか!電車の窓から見えたりしたら後日行ってみたりもしているのですが、撮ってすぐ後に取り壊されたりして難しいものです。せめて写真に残せただけ良しとしていますが。最近はクルマで走っていても、見かけたら無理して止めてでも撮るように心掛けています。

投稿: いぶきダンナ | 2009年2月 9日 (月) 23時34分

こんばんわ。
私の部署では、白鶴美術館近くにある乾邸を管理していますが、外観もともかく、中の部屋の構造がドラマで出てくる洋館のようで歩きまわるだけで楽しいですょ。まぁ当たり前ですが・・・
今年は水都大阪で、古い建物を使った現代アート展示がありそうですね。去年、大阪アートカレイドスコープでまわった時は、作品ともかく建物が面白かったです。

投稿: おかけん | 2009年2月10日 (火) 00時07分

おかけんさま
そうですね~。洋館の中を・・・というと怪しげな雰囲気のドラマで使われますよね。明智小五郎が出てくるとか。
大阪では先日建て替えで姿を消しましたが、大阪市交通局本館内部も階段のカーブした手摺や丸窓、吹き抜けなど雰囲気のある建物でした。中は迷路みたいでしたが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2009年2月14日 (土) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/27907432

この記事へのトラックバック一覧です: 丹波篠山:

« 鉄道模型と遊ぼう | トップページ | 永遠のエアロバス »