« 丹波篠山 | トップページ | 綾部山・室津 »

永遠のエアロバス

久々の新作を公開。
Aero00

京阪バスの京都定期観光用車。

単なる塗替えモデルにも見えるが、今回は前面展開図
寸法を見直した改良版で、以前から修正したいと思い
ながらなかなか手を付けられなかった部分でもある。

そもそも「いぶき工房」のエアロバス製作の歴史は古く、
オリジナルは手描き時代の1993年に登場。このときは
前期型で、非常に小さい図面を拡大コピーして作図した
ためあまり寸法が正確ではなく、実際はエアロクイーン
並みの車高となっていた。(実車は見た目の印象ほど
差はないものなのである。)
1995年に手描きでもエアロクイーンMを製作したが、前作
のエアロバスと並べることを考慮して車高を無理に上げ
たため、やや背が高すぎる印象があったのは事実である。

その後、イラストレータ作図開始に伴い、車高をスケール
通りに直し、その他の矛盾点などを解消して登場したのが
現在の公開モデルなのだが、当初後期型から作ったため
分からなかった細部寸法の誤差が、後に前期型を追加
した際に発見され、予定していた前期型の新作を中断して
修正作業を開始していた。実際はそれが完成しないまま
4年もの月日が流れていた。

今回、ひょんなことから(年末に京都に行ったら、まだ
京阪の初代エアロバスが定観で活躍していたため、間近で
取材することができたことによる)寸法修正する良い機会
だと・・・。

Aero01
↑旧展開図による作例(神姫バス)
これだけだと特に不自然さは感じないが・・・。

Aero02
↑今回、新展開図による初の作例(京阪バス)
前面取り付け部を0.8mm短縮している。

たった0.8mmでもあり、全体の印象に変化はないが、
矛盾なく前期型を作るためには必要な処置である。
現在公開されている旧寸法作品は順次今回の京阪
と同じ新寸法の展開図に更新する予定となっている。
ダウンロードの際は注意されたい。

|

« 丹波篠山 | トップページ | 綾部山・室津 »

バス」カテゴリの記事

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

いぶき工房様おはようございます。

もうDLしましたよ。京阪でまだ残っていたんですね。大阪で初代エアロを最後に見たのは、確か去年の暑い時期に滋賀ナンバーの帝産です。流入規制で他府県車両も入って来れないので、初代エアロを見る機会は物凄く減りそうです。

そういや初代はPとU規制ですから、条例対応で浄化装置を付けるにしてもPMマフラーとNOX低減装置の両方必要ですから、恐らくパーツというかキットが揃わないでしょうね。こっちで条例対応させる旧型ディーゼルはKC規制が限界のようです。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年2月24日 (火) 06時45分

今のひとつ前のモデルでも廃車が進んでる中、未だに初代が残ってたりしますね。でも来年、再来年あたりに居なくなってしまいそうで心配です。

投稿: meimai | 2009年2月25日 (水) 12時48分

京阪のは残りわずかです。モデル化した車両も取材直後に廃車になったらしくて・・・。神姫バスではまだ結構見ますが、かと言って何年も残るものではないでしょうね。そろそろ広島など中国地方に取材に行かなければ、と仲間内では話しているのですが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2009年2月25日 (水) 19時14分

いぶき工房様こんばんは。

このエアロも直後シャカですか。現実は厳しいですね。私が中学の修学旅行で乗ったのもエアロだったので独特の思い入れがあります。当時のバスの中では突出して洗練されたデザインだったのを覚えています。

今はまだ規制地域外という活躍の場が辛うじて残っていますが、大阪が通過以外の形での流入自体を規制してしまったので、そのうち2代目エアロ辺りが大量放出されてくると初代は海外へどっと流れそうですね。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年2月27日 (金) 02時22分

最近は海外でも韓国製の左ハンドルエアロなんかがもう大量流出していますし、それが2代目エアロだったりしますので、初代となるとなかなか余程な国に流れるとか・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2009年3月 8日 (日) 19時37分

こんばんは。

そうなると初代は国内で処分という事ですかね。福島交通にはまだ初代の初期型も残っているとの情報がありました。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年3月 9日 (月) 02時43分

意外に国内でも新規参入組が持っていたりしますが、さすがに初代のうち前期型は見なくなりましたね。近所だとコトデンバスとか徳島西部にはまだいたと思いますが。

投稿: いぶきダンナ | 2009年3月 9日 (月) 22時43分

おはようございます。

確かに大阪でも新規参入の零細業者とか、外人さん対象の白ナンバーで初代をよく見た時期がありましたが、去年辺りからその辺も2代目が増えています。流入規制を見越したのでしょうかね。KC規制モデルだったら高額でもPMカット装置のみでKL認定が貰えるので、尿素水装置まで必要なPやU規制モデルは敬遠なのでしょう。

ちなみに只今やっと京阪仕様エアロが完成しました。お家芸と化してきたミラーも造作しています。またミクシィのアルバムへアップしておきます。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年3月10日 (火) 08時48分

京阪エアロバス、もう作られましたか。いやはや、公開はしているものの「作った」と言っていただける方はほとんどいらっしゃらないので、非常にうれしいです。次回作(B820Jはともかく)何にしようか、と。

投稿: いぶきダンナ | 2009年3月12日 (木) 23時10分

いぶき工房様こんばんは。

こちらこそ喜んで頂けて光栄です。まだこれでもDLしてから完成まで遅いほうですよ。普通はDLしてから2日以内で着手です。ちょっと前作(デコトラ箱車)に時間を要しまして、それで遅れてしまいました。作った感想としては、以前の神姫エアロクイーン仕様辺りに比べてミラーが付けやすくなった気がします。

ミクシィに画像を早くアップしなければと思いつつ、今度は次作(近トラさんのニューエアロを若干手直し中)に手間取って撮影時間が取れていません。明朝には間に合わせたいと思います。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年3月13日 (金) 02時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/28303179

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠のエアロバス:

« 丹波篠山 | トップページ | 綾部山・室津 »