« デンソークーラー | トップページ | 山陽電鉄 日産ディーゼルPKG-RA274KAN »

連日、高野山。

全くひょんなことだが、
ダンナ、2日続けて高野山に登ったのである。

まあ細かい事情は省くが、2日連続で南海電車
の特急に乗車した。2往復4回とも30000系である。

Koya
↑南海30000系(2009.4.29 極楽橋)

そう、ダンナ「こうや号」というのに初めて乗った。
前回の高野山は特急料金をケチって急行で行ったし、
前々回はレンタカーだったし、前々々回は貸切バス
だったのだ。

もっとも、”前回”と言っても13年ほど前だったりする。

なのに4月28日と29日の両日とも、高野山まで行く
ことになったのは、まあ「お大師さん」に呼ばれる
「何か」があったに違いない。

ともあれ29日、前日高野山まで登ったのはダンナだけ
だったので、この日はおかみ、コッコ1・2号も連れて
阪神なんば線に乗り、難波駅に降り立ったのは10時前。

Namba
南海難波駅ターミナルビル
1932(昭和7)年 
難波を代表する重厚な建築物。現在改装中。

11:12発で極楽橋へ向かう。

Pritaxi
高野山駅前。プリウスのタクシーがいた。

Rinkan
南海りんかんバス。
今や都市部では絶滅した2段サッシのブルーリボン。
ダンナ的にはこれぞ「ブルーリボン」なのだが。

前回はこのまま南海りんかんバスで奥の院へ向かった
のだが、今回は千手院橋で降りて伽藍のほうへ。

Fudodo
不動堂。鎌倉時代(国宝)。

Daito_2
根本大塔。
写真で見ると分からないが、高さ50m近い巨大な
多宝塔である。内部は両界曼荼羅を融合させた
という、要するに大日如来は胎蔵界スタイルなの
だが、四方に金剛界の仏像を配置している。
まあ、普通何のこっちゃ分からんわけだが、
ダンナにしても、曼荼羅には胎蔵界と金剛界が
あるんだ~、というようなおぼろげな知識しか持ち
合わせていないわけで、その思想については実は
全く理解できていないのであるが、とにかく、
「南無大師遍照金剛~」と唱えられればOKであろう。

その後、大門まで歩いて、運良く来た奥の院行き
バスに乗る。

Okunoin_2
奥の院。前方に写る橋より中は撮影禁止エリア。

ともあれ、南海電車それも高野線を往復する
ばかりの2日間であった・・・。
あ~疲れた。

|

« デンソークーラー | トップページ | 山陽電鉄 日産ディーゼルPKG-RA274KAN »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

29日はどうやら難波でニアミスだったようですね。私も11時半過ぎに市バス難波のバス停に居ました。高島屋の前で大体その辺の時刻でした。以後は若手と日本橋をブラブラでしたが…

投稿: 西日本総合開発 | 2009年5月 1日 (金) 05時57分

こんばんは

「高野山へは南海で」のフレーズですね。私は「高野山って何県だったっけ」ということから始まるのですが。

いつも思うのですが、こういう曲線を多用した3D的な建物ってどういう風に設計図起こしてるんでしょうね。

投稿: meimai | 2009年5月 1日 (金) 20時50分

高野山は学生時代に1回「ゼミ旅行」、
2-3回目は両親の奥の院納骨、4回目
は女房の希望。
宿坊に宿泊したのは学生時代が「福智院」、
2回目は日帰り、3回目は「龍泉院」(祖父、
父が宿泊したと言う)、4回目は「赤松院」:
此処は「奥の院」に一番近い。
掛け布団がくそ重かったが、「龍泉院」が一番
精進料理が美味かったです。
何時行っても心が洗われる様な「奥の院」の
参道ですね。

投稿: 830 | 2009年5月 2日 (土) 19時10分

西日本総合開発さま
う~ん、ニアミスですね~。って難波ですから同時刻にいても、面識があっても余程至近距離で会わないと分からないでしょう。あの人ごみでは・・・。

meimaiさま
多宝塔のことですか?あれは三重塔や五重塔と違って、そもそも円柱に屋根が載ったものが正規で、下の屋根は円柱を隠す飾りなんです。だから二重塔とは言いませんし、2階に見える部分(本来そうではない)が円形をしているのです。設計図はまあ、三面図があれば大抵事足りるようにも思います。N700系の図面も同じようなものですし。

830さま
このハンドルネームでは初めてですね。
私は1回目の訪問で精進料理は食べましたが、泊まったことはありません。雪の降る寒い、しかし空気の澄んだ早朝に誰もいない参道を歩いてみたい、という希望を叶えるためには、ぜひ宿坊に泊まらないといけませんね。今回は時刻がやや遅かったので人も少なく、傾きかけた日に照らされた苔むした墓石と杉の大木の下を歩くだけで、確かに心洗われる心地がしました。

投稿: いぶきダンナ | 2009年5月 3日 (日) 01時12分

こんばんは。

まぁ面識がない中で一発必中はまず無理でしょうね。あったら多分私のほうが先に気づくと思います。こう見えて結構目が早いんですよ。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年5月 3日 (日) 23時44分

私のほうは人の顔と名前(特に名前)をさっぱり覚えられないのに、逆に覚えられやすい顔をしているらしいので、困ったものです。

投稿: いぶきダンナ | 2009年5月 5日 (火) 07時52分

高野山奥の院、心洗われる静寂な聖域です。
ずいぶん前(30年前)に初めて訪れた時は濃淡緑ツートンの南海電鉄バスでした。

高野山と言えば胡麻豆腐。
宿坊でも自家製でなく仕入れるところもあるそうで、家内の同級生が販売しているそうです。
一度土産に貰いましたが、それ以後、その味を超えたものに出合っていません。

お土産におすそ分けしたい絶品です。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2009年5月 5日 (火) 12時15分

こんばんは。

そうなんですか。そんなに特徴のある顔なんて逆に希少価値ですよ。ある意味フリーランスや自営業向きかも…

投稿: 西日本総合開発 | 2009年5月 6日 (水) 04時59分

アルプス銀水タクシーさま
その頃なら20001系の時代ですよね。父に連れられ難波駅で「見た」「撮った」ことはありますが、結局乗らずじまいでした。胡麻豆腐、確かに初めて行った高野山でいただきました。そんなに美味しいものがあるのですか?一度味わってみたいものですが・・・。いや、催促しているわけではありませんので(笑)。

西日本総合開発さま
あはは、至って普通の顔かと。年齢不詳とは言われますけど、ね。

投稿: いぶきダンナ | 2009年5月 6日 (水) 22時38分

いぶき工房様おはようございます。

あら、そうなのですか。年齢不詳ということは若く見えるのでしょうね。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年5月 8日 (金) 07時45分

西日本総合開発さま
ご推察通り、そういうことです。同窓会でも「全然変わってない」と言われてます。

投稿: いぶきダンナ | 2009年5月10日 (日) 10時39分

いぶき工房様こんばんは。

いいなー、全然変わらず若いって… 私なんて学生時代から老けたまま、今も年齢以上にドンドン老けています。どこかで止まるという噂は嘘でした。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年5月11日 (月) 03時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/29373796

この記事へのトラックバック一覧です: 連日、高野山。:

« デンソークーラー | トップページ | 山陽電鉄 日産ディーゼルPKG-RA274KAN »