« 金曜日だし | トップページ | 散歩(2) »

散歩(1)

最近、愛車WY30のエンジンが不調である。
多分、どこかのピストンが発火していないみたいな。
で、修理工場に自力回送したら「預り」になって

「帰りはデンシャや。」

降ろし忘れたバギーにコッコ1号を乗せ、
久々に散歩。JR新長田駅からふらふら歩く。
震災から最近復興した街並みは、いつの間にか
太い道路が通り、以前の雑多な下町の雰囲気はない。

歩いて行くうち板宿を過ぎ、東須磨に差しかかる。

090523_2
東須磨市場跡。
左の国鉄社宅も4年前に閉鎖され廃墟状態。
右は以前東須磨市場があり、屋根がかかっていた。
屋根の向こうには銭湯もあり、ダンナよく利用したもの。
市場の入口にはよくコロッケを買った肉屋があった。
この通りに雑貨店もあったのだが・・・。

全く往時の賑やかな面影は無い。
静まり返った単なる路地・・・。

090523_1
東須磨市場西側入口が残っていた。
文字が外された看板が残る。
中を覗くと10mばかり通路が残っているが
行き止まりになっていた。
かつて、この奥はT字に分かれ、商店が立ち並んで
いたのだ。すでに跡地はマンション化している。

090523_3
東須磨から月見山を過ぎ、離宮道へ。
乗り入れの阪神9000系が走り抜ける。
昔ながらの閑静な屋敷町。
近年はマンションや駐車場になりつつあるが、
松並木の踏切を過ぎる電車を見ると、この辺りが
最も「須磨」らしいと感じる。東の芦屋には及ばない
ものの神戸市内では上流の方々が住まわれる地域
として有名。「華麗なる一族」の舞台となったお屋敷
は現在の須磨離宮植物園で、ここからも近い。

090523_4
須磨寺駅東寄りのカーブは有名な撮影ポイント。
偶然、山陽5000系の明石観光ラッピング車が
やって来た。

090523_5
山陽電車で舞子公園まで出た。
Tio舞子の「王将」で明石海峡大橋を眺めながら
ギョーザをつついてビールを飲む。

ゆったりとした休日。

|

« 金曜日だし | トップページ | 散歩(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>須磨寺駅東寄りのカーブ
懐かしいね。
うちの実家の近くやね。
新長田から須磨まで歩くのって
大変やったでしょ。

投稿: Raptor | 2009年5月24日 (日) 23時29分

こんばんは。

私が行った一番西の神戸って板宿なんですよ。そこから西は通過で降りた事がありません。板宿も震災前に行ったのが最後なので、きっと多少なりとも変わって当時の記憶が思い出せないかもしれませんね。

それにしても最後の画像で一気に腹が減ってしまいました。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年5月25日 (月) 01時29分

懐かしいですよね。幼い目に焼きついた光景を探し訪ねるって。

当方はM町なんで、銭湯はM湯、買い物は月見山駅南周辺でした・・・といっても覚えているのは、銭湯の煙突・パン屋さん・市電の走る光景と水族館エントランス展示物・木造の鳥光さんですね。

東須磨市場入口付近に最後まで営業されていた商店がありましたが、震災後のいつ頃までだったかですね。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2009年5月25日 (月) 13時01分

こんにちは。

実は弟が今Tio舞子に住んでいるので
写真の王将一度行ったことがあります。
何を食べたかは忘れました・・・

年に何度かしか帰省できませんが
今度帰ったら須磨浦公園や離宮道、
歩いてみたくなりました。

投稿: ひろぼん | 2009年5月25日 (月) 23時53分

Raptorさま
こちらでは初めまして。
最初から須磨寺まで歩こうとしたわけではないのですが、ついつい・・・。
須磨寺東寄りのカーブからの写真、この角度からは昔とあまり変わっていないのですが、踏切側から逆向きに撮ると必ず右手に写っていた市場が取り壊され、寂しくなりました・・・。周囲の街並みも少しずつ変わり、しばらく離れると驚くことが多いです。

西日本総合開発さま
震災の前っていうことは、山陽電車の板宿・西代両駅は地上にあったということですね。商店街の入口を通過する電車と踏切待ちの人とバスがひしめく光景は私の心象風景なんですけれども・・・。

アルプス銀水タクシーさま
当方T町です。写真のとおり。
木造の鳥光さん、ありましたね~。大体ラジオ関西とボウリング場のセット、あのあたりで一番高い建物だったと思うのですが、超高層マンションが出来たりして、とても以前の須磨とは思えないです。

ひろぼんさま
いらっしゃいませ。
あ、弟さん、そうなんですか。王将って忙しくて子連れで入りにくいのですが、あそこの店はゆっくりできるので有難いです。
最近、町を散歩するのが好きで、知らないところが楽しいのはもちろんですが、自分が育ったよく知ったつもりのところでも、知らなかったり、何も変わっていないところにも発見があります。一人歩きでも良いのですが、つい懐かしく立ち止まったり行ったり戻ったりとまるで不審者なので、子供を連れてカモフラージュしているわけです。

投稿: いぶきダンナ | 2009年5月27日 (水) 00時30分

こんばんは。

そうです。ホームが地上にあって踏切のところを越えて商店街へ入ったのを覚えています。あれも高架駅になったんですか。全然知りませんでした。という事は今行くと迷子確定です。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年5月27日 (水) 03時02分

ラジオ関西は平屋で敷地内に送信アンテナが立っていました。
芝生の中に高いアンテナがあって、母に連れられてラジオ関西~水族館(館内通り抜け)~砂浜といった散歩コースを覚えています。

送信アンテナはその後淡路・岩屋に移転し、当方転居した舞子の家からまた海峡越しに見ることになり、さらに東浦に移転しましたね。

2度も送信所を移転した会社は他にないのではないでしょうか。
送信所敷地内での仮設・切替・撤去が難しいですからね。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2009年6月 2日 (火) 12時28分

西日本総合開発さま
板宿駅は西代駅とともに地下駅化されています。地上線は震災で被災してそのまま復旧せず、建設中だった地下線に切り替えられました。

アルプス銀水タクシーさま
平屋だったんですか~ラジオ関西・・・。さすがにその記憶はなく・・・。確か市電のあった頃には高層化していませんでしたか?
送信所って移転しづらいものなのですね。なかなかその方面には疎いもので想像が付きにくいです。

投稿: いぶきダンナ | 2009年6月 2日 (火) 23時40分

いぶき工房様こんばんは。

そうだったんですか。あの地上駅も被災して甚大な被害が出たのでしょうね。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年6月 3日 (水) 04時53分

ラジオ関西、旧ラジオ神戸(神戸放送)は、道路沿いにコールサインJOCRの大きな文字が一文字毎に立ってました。

送信所が岩屋に移転し、日本住宅公団須磨アパートが12階建で建設され、2階に本社スタジオが入居、東側には「レストイン須磨」店舗棟が併設、須磨ボウルが入りました。西1階はラジオ関西ホール。

当方も市電廃止までに舞子に転居したので、送信所移転後のビル化は昭和40年頃ではないかと思います。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2009年6月 4日 (木) 13時01分

西日本総合開発さま
まあ、あのときはそれどころではありませんでしたから・・・。地元の私にとっては昨日のことのようです。

アルプス銀水タクシーさま
ラジオ関西のビルは、市電廃止より前からあったんですね。平屋の頃というイメージがなかったので、市電の写真集なんかをもっとよく見てみます。旧水族館は私も海水浴で使っていました。水族館のプールが海に出られるようになっていましたので重宝していました。水族園になって規模も大きくなりましたが、入場料も大幅アップしたのには閉口しました。旧館の明るく解放的な雰囲気は好きだったんですがね~。

投稿: いぶきダンナ | 2009年6月 5日 (金) 06時19分

調べると旧本社のビルは昭和43年3月竣工でした。

旧水族館のエントランスから海岸への解放感は気持ちよく、大きな海獣骨格に強烈な印象があります。

母親に散歩コースとして通っていて、たぶん入館券は買っていなかった?かもしれません。砂浜に通り抜けるだけだから・・・とか。
こんど、母に聞いてみます。
写真アルバムに残っている入館券は大人150円だったような記憶があります。
昭和30年代ですけど。
関係写真、発掘したら提供しましょうか?

投稿: アルプス銀水タクシー | 2009年6月 9日 (火) 12時31分

昭和43年ですか。なるほど市電廃止より前ですね。市電の場合、廃止されそうになって写真を撮る人が増えたのも旧本社ビルが背景に写っている要因なのかも知れませんね。
関係写真、興味ありますね~。また拝見したいです。

投稿: いぶきダンナ | 2009年6月10日 (水) 05時46分

またまた引っ張りコメントすみません。

市電の思い出の一つに両親に連れらて、大丸で遊び、「赤萬」の餃子を食べて、市電で須磨へ帰る・・・。

なぜ「赤萬」なのか?は別にして、市電運賃が大人20円、水族館入館100円としても5倍です。
現在も5倍で比率としては同じでしたね。

写真、お待ち下さいませ。
父がヤシカのブローニー4×4判で撮ってました。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2009年6月11日 (木) 12時27分

アルプス銀水タクシーさま
市電の廃止されたのは私の生まれる10日前の出来事です。大丸に行くと地下2階で明石焼を食べて帰るのが定番でしたね。私は店で食べるたこ焼はダシが付いているものと思っていました。

投稿: いぶきダンナ | 2009年6月13日 (土) 09時01分

市電は、祖父母宅が腕塚町だったので普段使いが水族館~大橋、ハレの日が大丸~山手回り・高松回りでの利用でした。

大丸地下2階、場所が浮かんでこないのですが今で言うフードコーナーって感じでしたか? 私は大丸饅頭が好きでしたね。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2009年6月14日 (日) 12時18分

そうですね~。地下1階はいわゆる食料品売り場で地下2階が喫茶とか食堂のようなものがあったと記憶しています。大丸饅頭ってあの旧ロゴが入った丸い饅頭ですよね~。そんなものもありましたね。

投稿: いぶきダンナ | 2009年6月14日 (日) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/29777329

この記事へのトラックバック一覧です: 散歩(1):

« 金曜日だし | トップページ | 散歩(2) »