« 連日、高野山。 | トップページ | デンソークーラー(その2) »

山陽電鉄 日産ディーゼルPKG-RA274KAN

歯医者の帰り、山陽バス車庫の前を通りかかったら
最近話題のUD車が撮りやすい場所に止まっていた
ので、早速許可を得て撮影。

Nsk01
3両導入のうち、垂水線対応(ライタグ付)の3957。
Nsk02
灯火規制で変な場所に付いているテールランプ。
もう慣れましたが・・・。

Nsk03_2
バスのテールランプはこうあるべきか、と。
これは58MCだが、基本的には今回山陽に入った
96MCと同じ車体である。まさか30年間作り続ける
つもりか・・・?新しいエアロバスも顔と尻が大幅
に変わったのでダマされそうだが、腹の部分は
どうも同じみたいだし。

それにしても、メーカー再編や標準仕様の浸透で
どこの会社も同じような車両を入れるので、もはや
「色違い」の範疇とも言える。富士重が止めてしま
ってから関東でも西工が繁茂し、ますます個性が
失われていく状況は全国同じで寂しいもの。

ともあれ、黄色の西工は新鮮で目新しい。
末永い活躍を。

|

« 連日、高野山。 | トップページ | デンソークーラー(その2) »

バス」カテゴリの記事

型式写真」カテゴリの記事

コメント

私ははじめて見たとき「気持ち悪」と思いましたが、現実世界に現れると見慣れてしまいますね、エアロスターのときもそうでした。
テールランプの反射板の周りは無色になったんですね。2006投入の市バスは赤色でした、ノンステはエルガ一筋なので主役にはこだわってるようですね。

投稿: meimai | 2009年5月 3日 (日) 12時28分

meimaiさま
テールランプの周り、無色になったのではなくて、パーツそのものが変わったものかと。当初はマイクロバスのシビリアンに付いていた一体型のもので、俗に「シビリアンテール」と呼ばれています。現在は汎用品を縦に2つ並べただけのもので、市バスも同じマイナーチェンジをしていますね。破損時や球切れ時の交換が容易になったものと推測されます。

投稿: いぶきダンナ | 2009年5月 3日 (日) 19時40分

こんばんは。

西工のボデーはフルチェンジされたのでは無かったんですね。そっちのほうが驚きです。フェンダーが角から丸になっただけでこんなにも雰囲気が変わるとは…

ちなみに今回の山陽さんのUD西工はノンステではないみたいですね。大阪市バスは新規分は全てノンステで導入となったので、私鉄系でワンステの新車を見るとむしろ新鮮だったりします。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年5月 3日 (日) 23時52分

バスのボディは工法の変化などで大幅に変わる場合もありますが、あまり変えてしまうと貸切なんかでパレード(梯団走行)するときに旧型車が見劣りするとお客さんの苦情が出たりしますよね。路線は西工もそうですが、日野も長いこと変わっていません。

民営のバス会社は基本をワンステに置いて、ノンステを何割か入れるパターンが定着しているように思います。ノンステ、高価ですからね~。

投稿: いぶきダンナ | 2009年5月 5日 (火) 08時01分

>いぶきダンナさま
こんばんは。出ましたね、黄色い西工!
最近のバス、確かに全体的には「色違い」化ですよね。そんな中、神姫さんが2年程前から今年にかけてとうとう現行4ボディの大型ノンステを入れちゃいましたよね。Jバス宇都宮以外(ノンステに限ると)は全部見られる明石近辺は、三木、社の低年式車やワンロマ、元姫路市営ワンステ、西工KV、西工LRなどなど、ちょっと混沌としていて飽きません。。。

投稿: odori-ko | 2009年5月 5日 (火) 23時22分

こんばんは。

あれってそうなんですね。近鉄でもノンステオンリーになった市バスと一見同じに見えるブルリ2やエルガですが、ワンステが相当あるという事でしょうかね。最近チャリばかりで滅多に郊外でバス乗車が無くなったせいで、外から見える以外の細かい仕様は疎くなってしまいました。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年5月 6日 (水) 05時04分

odori-koさま
そうなんですよね。神姫さん、やりますよね。ただ、私としてはバリエーションはOKなんですが、ちょっと雑多過ぎるか、と。例えて言うなら今までは山陽3000系や113系のバリエーションを楽しむ、みたいなのが、いつの間にか琴電のバリエーションになっちゃった、みたいな・・・。

西日本総合開発さま
まあまあ、他所のことはこちらも存じませんので・・・。近鉄さんもワンステを相当買っているはずです。ノンステに統一したという話も聞きませんし。公営でも神戸市はまだワンステを入れる(もちろんノンステを入れながら)わけですから・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2009年5月 6日 (水) 22時45分

おはようございます。

そうなれば大阪市バスが特異なんですね。てっきりあれがスタンダードなのかと思っていました。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年5月 8日 (金) 07時47分

坂の多い神戸と違って、大阪や尼崎なんかは平坦区間が多くノンステを入れ易いのだろうと思います。また、ノンステは詰め込みが利かないので、多客路線ではノンステを避けることもありますね。

投稿: いぶきダンナ | 2009年5月10日 (日) 10時47分

>いぶきダンナさま
>>山陽3000系や113系のバリエーションを楽しむ、みたいなのが、いつの間にか琴電のバリエーションになっちゃった

うまいこと言わはりますわァ!ナイスです。

投稿: odori-ko | 2009年5月10日 (日) 18時45分

こんばんは。

そういう事情もあったんですね。確かに大阪は市内だと坂道の限度が神戸ほどではないですし、地下鉄路線が充実してバスの混雑は随分減ったので、あの座りにくいノンステでも何とかなるのでしょうね。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年5月11日 (月) 03時44分

はじめまして。

17年ほど前に神戸の大学を受験した時に山陽電鉄バスに乗った記憶があります。
垂水のほうからツーマンで運行されていたと思います。

で、ふとしたことで『ライタグ』なる言葉を見かけまして、
いろいろ調べてみたのですが結局わかりませんでした。

この『ライタグ』というのはどんなものなのでしょうか?

投稿: 元・筑鉄車掌 | 2009年6月 2日 (火) 14時29分

元・筑鉄車掌さま
こちらこそはじめまして。
垂水のツーマンが全ワンマン化されたのは1997年ですので、気が付けばもう12年になります。そんな前だったかな~と思うのですが。
ライタグは正式にはライタグ発光機というのだったかと記憶します。山陽電鉄バスの場合、団地内にバスが離合できない箇所があり、その区間の出入り口にバス専用の「○×」信号機があって、両方からバスが進入するのを防いでいます。この信号機を操作するのがライタグ発光機で、本体が四角い箱で方向幕部分内部に設置、表には発信部のみ顔を出すようにしています。
ちなみに同区間で使用できるのは、このキカイが設置された車両に限定されます。

投稿: いぶきダンナ | 2009年6月 2日 (火) 23時50分

いぶきダンナさん、ありがとうございます。
なるほど、そういうものだったのですねぇ!

乗車した時に『何で今頃ツーマンなの?』と思ったら、
やけに狭いところを運行していたのでビックリしたのを思い出します。
個人的にはツーマン運行が好きだったりするんですが(笑)

余談になりますが、
私自身の子供の頃の夢がバスの車掌になるというものでして、
地元・伊予鉄道の八幡浜~松山急行便の車掌に大変憧れていました。
が、残念ながらそれもワンマン化されて叶わぬ夢となってしまいました。

が、ひょんなことから福岡の筑豊電鉄の車掌となり
電車とバスの違いはありますがある意味で夢が叶った格好になりました。
現在は地元の愛媛に戻りましたが貴重な体験ができました。

長文失礼しました。
これからもお邪魔させていただきます☆

投稿: 元・筑鉄車掌 | 2009年6月 3日 (水) 13時30分

元・筑鉄車掌さま
特に商大筋と呼ばれる現在の2・3系統のルートが狭かったです。南側からだんだん拡幅され、最近完成して新道に切り替えられました。

HN通り本当に元車掌さんなのですね。私は香川に数年間いたので愛媛のほうもよく遊びに行っていました。

こちらこそよろしくお願いします。またのご訪問をお待ちしております。

投稿: いぶきダンナ | 2009年6月 5日 (金) 06時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/29409573

この記事へのトラックバック一覧です: 山陽電鉄 日産ディーゼルPKG-RA274KAN:

« 連日、高野山。 | トップページ | デンソークーラー(その2) »