« 銀杏 | トップページ | 日野RC320P(その3) »

鞆の浦

鞆の浦に行ったことがある。

外野である私が、埋め立てや架橋について、どうの
こうのと言う権利はないので(国民の財産に認定
されたわけだから、私の財産でもあるのだろうが、
それはともかく。)、

気候の良い季節にボンネットバスに乗って行き、
ビールのアテに鯛茶漬け。古い街並みを散策して
常夜灯の下に座り、海を眺めつつ、
「やっぱりビール飲んで歩くんはダルいな~」

などと、ぼけーっと、ゆったりするのに適当な場所、
とでも言っておこう。

Img_1082_1

Img_1106_1

Img_1117_2

Img_1099_1

Img_1073_2

Img_1114_2

Img_1116_2

Img_1079_1

Img_1125_2

|

« 銀杏 | トップページ | 日野RC320P(その3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

クルマ社会から脱却しない限りは解決できない問題だと思います。
今の推進派市長がいる限り、当分は揉め事が続くと思いますよ。

投稿: シンコー | 2009年10月 3日 (土) 16時31分

鞆の浦は広島市内からも程よい距離のドライブコースなので、ちょくちょく行っています。
今でこそ「ポニョの舞台」と言われますが、それ以前からもそれなりに観光客は多いです。
景観が損ねられると、向かいの仙酔島も含め、観光客を相手に商売をされている方にはまさに死活問題では?

確かに鞆の街中は離合も難しいくらい道が狭いですが、橋を掛けるだけが渋滞解消や高潮対策ではないと思います。まず土建ありき…と言うのが見え見えです。

投稿: みーにゃおのパパ | 2009年10月 5日 (月) 12時01分

シンコーさま
そうですね。クルマ社会からの脱却は難しい土地みたいですから、橋を架けようという意見も分からないわけではないのです。ただ、あの景観を失うのも如何なものか、と。良い策はないものでしょうか。

みーにゃおのパパさま
橋を架ければ全てが解決するというわけではないですし、今のご時世、町が活性化したり若者がやって来るわけではないでしょう。私は本文のとおり外野の一観光客に過ぎず、地元の方の気持ちは分からないのですが、もし橋が架かれば訪れる気持ちは半減するでしょうね。

投稿: いぶきダンナ | 2009年10月 7日 (水) 19時12分

判決が出て注目されたからなのか、急に観光客が増えたそうです。
次期大河ドラマ「竜馬伝」のロケで福山雅治が来たのも影響してるようで…(笑)

投稿: シンコー | 2009年10月 9日 (金) 17時00分

シンコーさま
いずれにせよ注目を集めたことは意味はあったか、と。増えた観光客はほぼ景観保護派になることでしょうし・・・。大河ドラマもそうなのですが日本人って一過性のブームに終わってしまうような気もするので、しばらくすると忘れてしまうような・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2009年10月11日 (日) 00時00分

鞆の浦へは実は新婚旅行の最後の行程1泊で
行きました。
T館の3階の部屋で目の前に水道が見えるし
仙酔島が丸見え(翌朝渡船で往復)でした。
広島県も税金遣って控訴しないで景観保存を
優先したら良いのに、矢張りゼネコンとの
裏口関係でしょうね。役人とは本当に性質が悪い連中で。

投稿: Pyrenean | 2009年10月12日 (月) 20時08分

Pyreneanさま
私は住民の立場から見て「橋をかけろ」という議論もあって良いと思っています。生活を犠牲にしてまで景観を保存すべきではない、とも。ただ、ひとつは景観を破壊すると今ほど魅力ある町ではなくなってしまうかも知れないけども、それでも良いのか?ということ。景観を守りつつ生活を便利にする他の手段は全くないのか?ということ。生活が多少不便でも守るべきものがこれからの日本には必要ではないのか?ということ。すでにこの計画は20年ほど争われているようですが、本当に本物の議論を尽くしてきたのかどうか、この辺が気になるところです。

投稿: いぶきダンナ | 2009年10月15日 (木) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/31621047

この記事へのトラックバック一覧です: 鞆の浦:

« 銀杏 | トップページ | 日野RC320P(その3) »