« 車のらないで | トップページ | 恐るべしノロウィルス »

大川自動車 三菱ふそうK-MS613N

先日、香川入りしたときの廃車体撮影分のうち、
未紹介のものを。

774f2
三菱ふそうK-MS613N(三菱名古屋)1981年式
(元・香22か774)

大川バス本社で。最終的にはワンマン化されて
路線車になっていたもの。いわゆるMS顔という
やつで、パノラマデッカーの印象が強いが、この
平ボディもスマートでカッコ良かった。
ちなみにこの手では最後まで残ったものという。
2002年に廃車後、ここに放置されたまま・・・。

この車両については現役時代も撮っているので。

774f
大川自動車 香22か774「金もくせい」

現役車ではもう見ることのできない旧塗装や
側面の切り抜き文字に良き時代を感じる。

775r
こちら僚車の香22か775「銀もくせい」。

この775は廃車となったあと、長期間放置され、
そののち路線車転用のため改造を受けたよう
だが現役復帰せず、そのまま解体されたとか。
(「頑張れ!大川バス」による)

写真下2枚はいずれも1992年、貸切車として一線
で活躍していた頃の姿である。香川ではコトデン
にも同型車があったが、コトデンは呉羽であり、
純正車体の大川のほうがダンナ好みであった。

B35呉羽って三菱と同一のはずなのに、どうして
な~んとなくブッサイクに見えるんだろうか・・・?

|

« 車のらないで | トップページ | 恐るべしノロウィルス »

バス」カテゴリの記事

型式写真」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

このカラーリングは懐かしいですね。私が幼稚園の時に遠足で回ってきたのがこのカラーリングでした。前のアンドンが大川観光になっていたので、長らく正式社名も大川観光とばかり思っていました。

ちなみにバスも平ボデーという分類があるんですか。てっきりトラックだけと思っていました。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年12月14日 (月) 07時37分

西日本総合開発さま
幼稚園のときに使われてたんですか。その頃は「大川」が香川県の地名だという認識は当然無かったんでしょうね。
平ボデーという名称が分類名称かどうかは分かりません。ハイデッカーとかフルデッカーとかが現れ、それに対して従来の屋根高さのバスを「平デッカー」「平ボデー」と通称するようになったものか、と。

投稿: いぶきダンナ | 2009年12月17日 (木) 10時49分

こんばんは。

そうなんですよ。大川はてっきり社長の苗字かと思っていました。それも最近まで… 家族は大川が四国が本社の事業者だと知っていたらしいです。

確かに各業界で色々な用語がありますからね。同じ単語でも業界によって意味が全然違ったりするのが時々怖いと思う時があります。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年12月18日 (金) 02時15分

社長の苗字と言えば「日本最低を目指す(公式HPによる)」宇野バスがありますね。岡山の会社なんですが宇野に入る路線は無く、宇野さんの会社だということで、紛らわしい限りです。

投稿: いぶきダンナ | 2009年12月18日 (金) 09時05分

こんばんは。

日本最低は衝撃的なキャッチコピーですね。どんな最低なのか興味を示す方は多いと思いますよ。路線系事業者で経営者の苗字の会社って全国的に珍しいんじゃないでしょうか。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年12月18日 (金) 21時53分

日本最低とは運賃すなわち賃率のことを指すようです。鹿児島市営が一番安く、2位が長崎バス(民営では一番安い)ですので、まだ日本最低の道は遠い(笑)ですが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2009年12月20日 (日) 12時19分

こんばんは。

賃率ですか。地域事情によっても日本最低を目指すのは苦労の度合いが違うでしょうね。でもそういう日頃の努力が顧客獲得に繋がるのだと思います。

投稿: 西日本総合開発 | 2009年12月21日 (月) 03時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/32595536

この記事へのトラックバック一覧です: 大川自動車 三菱ふそうK-MS613N:

« 車のらないで | トップページ | 恐るべしノロウィルス »