« 阪急電鉄7034号 | トップページ | クジラのクラウン(後期型) »

クジラのクラウン(前期型)

ダンナのクルマ好きの原点といえば「クジラのクラウン(60系)」。それも前期型。すでにダンナがカメラを持ってその辺で撮り歩いていた1982年ごろは、すでに旧型車の部類に入っていて見かけることもまれになっていたのだが(現在のように10年以上前のクルマが結構走っているような時代ではなかった。)、何とか押さえたものがこの写真。

Kujira101
クジラのクラウンはこの顔である。パトカーやタクシーなど低グレードの顔で、目の詰まったグリルが特徴。低グレードとはいえ50系までは「スーパーデラックス」が最上級グレードであったはずなので、今ほどグレード間の上下は激しくなかったのかも知れないが。さすがに1982年ともなると状態の良い個体は少なく、この写真のものもかなり「疲れた」感じであった。

Kujira102
幼稚園児であったダンナをとらえたのがこのテールランプ。スモール点灯で周囲が点くのだと思うが、この「くちびる」のようなデザインが何ともカッコ良く思えた。まさに趣味の原点である。後期型になるとこの意匠は失われた。

子供の頃に撮っていたのはこれだけ。まだ個人タクシーとしてわずかに残っていたのだが、ダンナ父にとって見れば、こうしたクルマ撮影はフィルムの無駄と思われていたフシもあり、複数の同型車を撮影できるような環境にはなかった。まあ「今から思えば」というのは世の常であるが・・・。

時代は大きく下って・・・。とは言っても5~6年くらい前の撮影ではあるが。解体屋で偶然発見。上に載っているのがセルボモードであるからして、最近であることは分かるとして・・・。隣のコースターに注目しないように。

Kujira103
上級グレードはこんな顔をしていた。この頃になると「スーパーサルーン」という2600ccグレードが現れた。3ナンバーは当時としては相当なステータスだったと思われるが、子供の頃にもあまり見た記憶はない。近所の修理工場の裏に1台あったが撮りそこねた。ダンナ的にはタクシーやパトカーと同じ低グレード顔が好きなので、この顔は好みでない。

この廃車、よく見ると左ハンドルなのである。最初は沖縄で登録されたものか?ホイールキャップは純正。マニアにとっては貴重な部品取りができそう。いやもうその手の御仁に引き取られているかも・・・。

Kujira104
後ろから見た目は一緒だと思っていたが、低グレードとは真ん中の意匠が違うことに気付いた。そもそもこのクラウン、当時としてはデザインがぶっ飛び過ぎていたことからクラウンに乗るような保守層に全く受けず売れなかったため、どうしてもパトカーやタクシー、公用車といった用途で見る機会が多く、こうした上級グレード自体あまり見ることがなかったのだろう。

Kujira105
さてさて、クジラってこういう姿(タクシーやパトカーとかも)が似合うんですよね~。これはトミカ(復刻版)。トミカは当時50系のクラウンを出していたため、この60系のモデルは裏に「NEW CROWN」と刻印されている。顔は上級グレードが選択され残念。

Kujira106
最近登場のトミカリミテッド版。純正ホイールキャップやリボンタイヤが奢られ、公用車っぽい外観だが、やはり上級グレードゆえ何となく好みと合わない。後ろがなぜか黒くなっており、せっかくテールランプを塗り分けているだけに実車と印象が異なるのは惜しい。顔も銀メッキ時代は分からなかったデフォルメが妙に利いて似ていないんだ、これが。ただ、ボディ全体のプロポーションはミニカーとしては他にもいろいろと出ていた中では、このトミカが一番実車の印象を捉えており満足な出来である。良い出来だけに細かい部分に文句も出るわけ。

アルプス銀水タクシーさまも乗っておられた後期型は次の機会にご紹介します。

|

« 阪急電鉄7034号 | トップページ | クジラのクラウン(後期型) »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

多分この前期ですかね、子供の頃に近所に止まっていたのは… 後期の画像を拝見すればハッキリすると思いますが。

近所の役所勤めの方がシャカになる公用車を免許取りたてのお子様の為に貰ってきたんですよ。正に黒塗りの5ナンバー車でした。あの当時は5ナンバーでもクラウンサイズだとデカい車に感じました。でも若葉マークで乗る車ではなかったようで、車庫入れの際に何度もうちの塀に当てていました(笑)

投稿: 西日本総合開発 | 2010年1月28日 (木) 05時33分

私も最初のクルマはセドリック430セダンですからね~。確かにあちこちぶつけましたが、おかげで大きなクルマでもスイスイ走れるようになりましたね。(というかセドリック→クラウン→セドリックと、このサイズのクルマにしか乗っていませんが・・・。)

投稿: いぶきダンナ | 2010年1月28日 (木) 08時45分

ついに登場しました。
一般的には長年同じ車種に乗るってあんまり無いんですよね。
ギャラン∑(教習)→クラウン60(ガソリン)→クラウン110(LPG)→クラウン130(LPG)→ビッグホーン(ディーゼル)→クラウンコンフォート(LPG)の流れで乗ってます。これってかなり特殊な趣味ですよね。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2010年1月28日 (木) 12時32分

こんばんは。

確かによく言いますよね。大きい車両で慣れると運転が上達すると… 私の場合は乗用車経験は教習車のみ、後は小型と中型トラックでした。まぁ大きいにも限度があって怖かったですよ。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年1月29日 (金) 02時44分

実写と同じく、このクラウンと330セドのプラモデルは見なくなりましたね。派手な色に塗ってヒップアップすればアメ車っぽくなって似合いそうなんですが。
公●模型かサ●ケイに行けば発掘できるかも・・・?

投稿: えびび | 2010年1月29日 (金) 22時33分

アルプス銀水タクシーさま
お待たせしました。そうですね~、特殊な趣味といえばそれまでですが「そういう趣味」という観点で見れば、途中のビッグホーンを除けば一貫しているみたいですね。

西日本総合開発さま
まあ、トラックになってしまうと前輪位置も違い運転そのものが変わってしまいますね。エアブレーキなんて踏み方からして違いますし。

えびびさま
330はアオシマから後期型がまだ出ているはず。クジラは童友社が各社の古い金型を集めて10数年前に出したシリーズに含まれていましたが(2ドアハードトップでした。)、今は入手できるのでしょうか・・・?私はそのうち作ろうと組まずにまだ持っています。

投稿: いぶきダンナ | 2010年1月30日 (土) 09時04分

こんばんは。

何せトラックですからね、逆にキャブオーバーの目線が標準になっていまして、早々に取消を食らって試験場に飛び込んでも全然感覚が合いませんでしたよ。試験車は当時Y30セダンでしたが、とにかくクラッチの合わせから交差点の左折までサッパリです。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年1月31日 (日) 05時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/33147704

この記事へのトラックバック一覧です: クジラのクラウン(前期型):

« 阪急電鉄7034号 | トップページ | クジラのクラウン(後期型) »