« クジラのクラウン(提供写真から) | トップページ | 続・宇高国道フェリー »

そんな馬鹿な・・・。~宇高航路全廃~

先日、新聞を広げて「あっ」と驚いたこと。宇野(岡山県玉野市)と高松を結ぶ宇高航路が3月26日限りで廃止されるという。不況もさることながら高速1,000円の影響が大きかったという。瀬戸大橋開通でJRの鉄道連絡船は廃止になっていたが、ダンナが高松に住んでいた頃は3社(現在は2社)が24時間運行し、お金の無かった学生時代は本当によく利用したものである。宇野線に走っていた吊り掛け駆動のクモハ84に乗りたくて、マリンライナーを茶屋町で降りて宇野線に乗り、国道フェリーで高松に帰ったこともある。吹奏楽団の仲間と団体で関西方面へ演奏会に出かけたら、必ず甲板でジャンプ(宇高国道フェリーのCMでやっていたシーン)したり、震災のときも神戸へ帰るため大量の水を積んでこの航路を利用した。宇野で出航直前に「乗る?」と聞かれて「乗る!」と言ったら「4,000円でええわ。」とその場で現金決済したこともあったっけ。ダンナ貴重な青春時代(?)の思い出である。

こんな話をするのもなんだが、ダンナとおかみが付き合うきっかけができたのも、この船だったかも知れないのに。(と一部周囲は思っているに違いないのだが。ある意味事実でもあるし。)

そういう意味でもショックは大きい。おかみもショックを受けていた様子。

「そんな馬鹿な。」と思いたい。高速1,000円の影響だとすれば国策によって潰れることになる。そんな馬鹿な・・・。

Photo
ダンナ最も利用した宇高(うたか)国道フェリーの「たかまつ丸」。地元ではCMでもおなじみの会社。(宇野港)

Photo_2
同じく宇高国道フェリーの「りつりん丸」。姉妹船として「こんぴら丸」がある。(高松港)

Photo_4
同じく「こくどう丸」。国道フェリーでは最新の船で操舵室が後部に下がっていてひと目で区別が付いた。ダンナ高松移住より後に現れたこともあり、非常にきれいだったイメージがある。(高松港)

このほか、CMに使っていた「こうらく丸」は一番大きい船で曲線部の多い優美な船であった。

Photo_5
これは四国フェリーの第八十二玉高丸である。国道フェリーの競合航路で、ダンナ時たま利用したが、こちらも相当きれいな船であった。(高松港)

Photo_6
これは一足先の2008年度末で廃止された日通フェリー(津国汽船)の第十八日通丸。のち国道フェリーに移ったという。背景は高松市街。四国フェリーの第八十一玉高丸や定期演奏会で使わせていただいた香川県県民ホールが見える。

|

« クジラのクラウン(提供写真から) | トップページ | 続・宇高国道フェリー »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

いよいよ 来るべきときが来ましたね

あるところで公然と本音を書いたら むちゃくちゃたたかれました。 非難覚悟で書きます

OKMRも船が好きですけど なくなるなら 橋ができたときになくなるのが普通です。
いままで 国策で高い瀬戸大橋代金に保護されて残ってきました。
1000円はともかくとして 全国一律の高速料金と同じであれば公平なのにと 何度思ったことか。 20年もよくもまあ持ちこたえてきたと思います。

それよりも 二社同時に廃止 に 違和感を感じます。 いぶき工房のおふたりがショックを受けたように ショックを与えて何がしろの思惑があるのではないかと 深読みしています。

何かの形で宇高航路が復活するなら この二社以外で経営して欲しいです。 20年間いったい何をやっていたのか 自分たちに指先を向けて 考え直して欲しいです。
電車はいるけど 琴電はいらない と 言われたあの頃を思い出さずにはいられません。

投稿: OKMR | 2010年2月14日 (日) 21時59分

こんばんは。

この話は知人が宇高連絡線保存会だったかの活動をしている関係で、先週中に廃止の話は聞いていました。地元民でもなく利用者でもない私がどうこう言うのはどうかなと思って沈黙しています。

ただトラックに関してはフェリーにはフェリーなりの利用法があるので、廃止で損害が出る事業者も現れるのかなと思っています。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年2月15日 (月) 03時18分

初めまして。
国道フェリー船長のマドロスです。
長い間、国道フェリーを愛していただき心よりお礼申し上げます。
有り難う御座いました

投稿: マドロス船長 | 2010年2月15日 (月) 09時09分

OKMRさま
微妙な話なので、別途私なりの回答を差し上げますね。

西日本総合開発さま
私が神戸との往復に使っていたのは、船旅が楽しめるというのもありますが、1時間クルマを離れて休憩できるという利点があったからです。神戸から運転してきて、最後に休憩してリフレッシュして高松に上陸できますので・・・。

マドロス船長さま
初めまして。あちこちリンクを辿らせていただきました。何やかんや言っても現場の方は大変かと思いますが・・・。何とか航路だけでも残ってほしいところです。

投稿: いぶきダンナ | 2010年2月16日 (火) 19時04分

こんばんは。

トラックの場合もそうですね。運転手の疲労低減にはなっていたはずです。あとヘッドレストと呼ばれる、トレーラー部分だけフェリーに積み込んでヘッドは各接岸港までという方法も経費削減に有効でした。

今回廃止する航路はヘッドレストに使われていたか存じませんが、他の航路も廃止が続くようならそういう問題が出てくるでしょうね。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年2月17日 (水) 04時27分

どうなんでしょう。私は宇高航路では見たことないです。見てないだけかも知れませんが、宇野も高松もそういう雰囲気のない場所ではありますね。鉄道輸送でもそういうのをやってみたことがあったかと思うのですが、確か今はやっていないですよね。

投稿: いぶきダンナ | 2010年2月24日 (水) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/33377934

この記事へのトラックバック一覧です: そんな馬鹿な・・・。~宇高航路全廃~:

« クジラのクラウン(提供写真から) | トップページ | 続・宇高国道フェリー »