« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

製作中・・・。

先日「新作準備」で作ったパーツを組み合わせて1台のペーパークラフト展開図を完成。

Img_7062_1
小豆島バス 三菱ふそうエアロバスクイーンバージョン。クラフトロボで抜いても良いのだが、その準備にも手間がかかるため結局ハサミで抜いてしまった。

Img_7063_1
抜けてしまうと組み立てるのは早い。あとはタイヤの裏打ちと車体幅を保つための裏板のみ。後バンパーは西日本総合開発さまも苦労されたとのことだが、確かにやや寸法不足気味だったので少し修正したものの、今度は少し余ったかも。

何とか今月中に公開予定。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

たらの芽

ダンナ誕生日(ってもう39なんだが・・・)のお祝いということで、そういえばその昔、コッコ1号がひっくり返して無事だった卓上電気揚げ鍋による「天ぷらパーティ」と相成った。

Img_7061_1

この時期は「たらの芽」でしょう!(ってピンボケかい。)

と、エラそうに言ってはいるがダンナ、15年以上前「家栽の人」でタラの芽を採るシーンが出てくるまで、その存在を知らなかったものなのだが・・・。そう言えばこのところ、土手なんぞで土筆採りをしている方もよく見かける。

それにしても、春を告げる食べ物はほのかに苦いのが良いですな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤いヴェロッサ

最近、ふと思い立って比較的新しいクルマの撮影も始めたダンナ。現時点で「珍しくはない」が、そのうち「こんなんあったな~」みたいな価値の出そうなものをご紹介。

さて、先日某ショッピングセンター屋上で見かけたのは「トヨタ・ヴェロッサ」。今となってはその車名さえ忘れ去られつつあるが、マークⅡ3兄弟のチェイサー/クレスタ後継車として登場したもの。セダンが売れなくなって久しい時期だったこともあり、販売不振のため1代限りで消滅した。生産台数は24,000台(出典:Wikipedia)。型式は同時期の兄にあたるマークⅡと同じX110系。

Img_7027_2

マークⅡと同系ながらクルマの印象を決める「顔」のデザインが独特で、どうもこれが消費者に受け入れられなかったように思われる。

Img_7028_2
側面のプレスラインもマークⅡより冒険した感じだが、後ろから見た感じは意外にオーソドックスでおとなしいデザインである。

今でも相当数が現存していると思われるが、なにせ売れなかったために街で見る機会は少ない。しかも写真のような赤い個体は希少価値が高いものと思われる。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

新作準備

何か作品を追加するときには準備作業が必要になる。特にレタリング関係は、一度作ると他車に流用できることから手間をかけても元が取れるものなのだが、今回のはそういう融通が利くのかどうか疑問に思いつつ、しかし必要なものなので少しずつ用意してきた。ようやく揃ったのでお目にかける。
Photo

香川相互観光バス、いや小豆島バス用表記類。一番上のローマ字と社名漢字はRE101Pのときに作ったもの。「SHODOSHIMA BUS」はたまたま同一フォントがあったので流用できたが、それ以外は結局全部作るはめに。RC320Pのときは何も作らずに済んだが、さすがに今回はそういうわけにもいかず・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お知らせ

このままいつもの調子で続けても良いのですが、そうするとやはりご存知の方が感じる違和感というのも理解できますので、お知らせという形で公表します。

去る3月2日にダンナ父がこの世を去りました。ダンナを趣味人にしてしまった張本人であり、実は同業他社でもありますので、いろいろと思うところがあるわけですが、ある程度覚悟していたことでもあり、気持ちとしては落ち着いています。この場合の『覚悟』という言葉は若い方にはなかなか理解されないことなのですが、ダンナのような年齢になると親もそれ相応の年齢となり、ましてダンナの場合は同世代より10歳以上年を取った親でしたので、遅かれ早かれこの日を迎えることは予想できます。個人的にはちょっと困った時期ではあったのですが、こればかりはまさに『如何ともし難い』という言葉のとおりであり、周囲の方々にはご迷惑をおかけしてしまったのですが、お許し願いたいところです。

というわけで、しばらくは故人の残した多くの資料を整理するなど業務多忙となりますので、更新ペースが鈍ることになると思いますが、今後とも「いぶき工房」ともどもよろしくお願いいたします。

なお、勝手ながらこの記事についてのコメントは受け付けませんのでご了解ください。

|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »