« CU-71Sクーラーを試作する。 | トップページ | CU-71Sクーラーを量産する。 »

ふとした疑問

いやいや、たいしたことではないのだが、以前から疑問に思っていたこと。どうでも良いことだけに今まで調べもしなかったこと。それは・・・、

三菱デボネアのヘッドライトベゼルと、三菱ふそうのバスに付いているヘッドライトベゼルは同じものではないか?

というもの。

で、ようやくデボネアのほうのデジタル画像を入手したので(銀塩写真はあるのだが、スキャンするのが面倒くさい、っていうレベルのネタ・・・。)比較してみた。

Debo
三菱デボネア エグゼクティブSE(おおーっ!懐かしいグレード名なんて思う方はそれ相応のおトシかな、と。)

Gifu_mp
三菱ふそうB35ボディ(岐阜バスのMP)。
いわゆる「ブルドック」で、このライトベゼルはこれより前のボディ、おでこが丸かった頃から付いている歴史あるもの。 デボネアもある意味歴史あるクルマだが。

結果、上部がヒサシのようになっているデザインそのものは同じなのだが、大きさが違うみたい。バスのほうがライト周辺に余裕がある。

いや~、長年の疑問は解決したが、両方とも三菱だけに同じ人がデザインしたのだろうか。他メーカーのバスでこのような形のベゼルは無いだけに。

|

« CU-71Sクーラーを試作する。 | トップページ | CU-71Sクーラーを量産する。 »

クルマ」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

また細かいところに着目されましたね。ちなみにふそうのトラックでも調べたところ、T9系と呼ばれる昭和40年代に販売されていた世代がブルドックと似たようなライトベゼルですね。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年6月 6日 (日) 05時52分

確かにT9系も同じデザインですね。ということは、昭和40年代の三菱は大型車から乗用車まで同じコンセプトの部品を付けていたということなんですかね~。

投稿: いぶきダンナ | 2010年6月 7日 (月) 16時19分

こんにちは。

さて一体そこには何があって、似たデザインのベゼルを使っていたのでしょうね。まぁバスとトラックなら部品の共用化と推測できますが…

投稿: 西日本総合開発 | 2010年6月 8日 (火) 12時07分

ブルドッグ--言われて見ればその通りですね。
デボネアは一度乗せてもらったけれど、余り乗り心地が良いとは感じませんでした。現在の住所の市営バスは三菱が多いのですがそういわれるとブルドッグタイプです。岐阜のは車体が呉羽ですか?

(以下続きますが、管理人の判断で削除させていただきました。あしからずご了承ください。)

投稿: 830 | 2010年6月 9日 (水) 10時52分

西日本総合開発さま
T9系、デザインは同じ思想から来ているのですが、やはりバスとトラックは形が違っていて、部品の共通化は果たせていないようです・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年6月 9日 (水) 22時32分

830さま
・デボネアは乗ったことがありません。2代目はFFになっていましたが、学生時代に付き合いのあった方から「いらないか?」と言われたのですが断ったことがあります。今から思えば断って良かったのですが、その話はまた別の機会に。
・ブルドックのお話。恐らく現在国内で走れる状態にあるものは数えるほどではないか、と思います。神戸市営バスでは全廃されて15年ほど経っているのでは?よく考えると78~84年式までですから、製造はそれほど長い期間ではなかったです。
・岐阜バスは三菱名古屋だったと思います。B35は呉羽製も同じデザインなので見分けは非常に難しかったと記憶しています。

最後のお話。呉羽(のち新呉羽)は現在三菱自動車バス製造(MBM)のはず。名古屋では作っていないので現在の純正三菱ふそうのバスは全て呉羽製ボディを載せているということになります。

投稿: いぶきダンナ | 2010年6月 9日 (水) 22時47分

こんばんは。

T9系とバスでも別物なんですね。とすれば単にこのデザインがメーカー内でお気に入りだったという事でしょうか。まぁトラック向けの社外品でライトバイザーなんてのも昔はありましたから、ベゼル自体が庇付きというのもオシャレだったのかもしれませんね。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年6月13日 (日) 23時07分

はげしくご無沙汰しております。
イマブチモータープールのinomamoです。

デボネアの話題が上がってたので思わず反応しました。意識していなかったんですが、似てますね。

乗用車とバスで共通の灯火といえば、日野バスライトが幻のコンテッサマイナーチェンジ案からの流用だったという、いささか胡散臭い話と(24Vだし…)、ふそうのハイウエィバス(弁天町にあるもの)とコルト1100の丸テールが共通という話でした。

それでは、また来ます。

投稿: inomamo | 2010年6月14日 (月) 22時18分

西日本総合開発さま
まあ、そういうところなんでしょうね。マイブームっていうやつですか。B8のヒゲもおしゃれだったんでしょうね~。私は好きですが。

inomanoさま
いや、こちらこそ激しくご無沙汰してます・・・。
デボネアのベゼル、以前から「似ているな~」と思ってたんです。今回のように「比較してみよう」とまでは思っていなかったのですが・・・。
日野のバスライトってあの角型のものですか?確かにコンテッサのライトケースは顔に似合わず大きいですね~。コルト1100の丸テールがバスと共通?友人が発見したのですが、阪急バスの後バンパーに付いていた補助ウインカー+ブレーキランプがハイゼットと共通というのもありました。

投稿: いぶきダンナ | 2010年6月17日 (木) 07時18分

こんにちは。

おー、遂にコルトまで話が発展しましたね。こういうところがさすがいぶきクオリティです。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年6月17日 (木) 11時33分

コンテッサとバスのヘッドライトの件、ここにも載ってました。
http://www.hinosamurai.org/Contents/contributions/toujino_contessa_nori/toujino_contessa_nori.html

投稿: inomamo | 2010年6月19日 (土) 17時42分

inomanoさま
ご紹介ありがとうございます。
そうでした、実はここのサイトオーナー(江澤さま)とはあるコンテッサのことでメールのやりとりをしたことがあります。その「あるコンテッサ」のお話も、近々しないといけませんね。結構大変なお話なんですけれども。

投稿: いぶきダンナ | 2010年6月20日 (日) 19時16分

先日珍しくブルドッグタイプのへツドライトの市営バス
を見かけました。低床車初期のバスで1時間に1-2本の
閑散路線の系統番号でした。この路線土日祝は1時間に一本なんです。まるで初期の電気バス時代同様ですが
昼間はがらがら、沿線で催し物があると積み残しが出る
有様で、繁閑期稼行性が極端に悪いか日によってめちゃめちゃで-----

コンテッサですか--あれも懐かしい車ですね。大阪の
某外国系タクシーに多かったです。

投稿: 830 | 2010年6月20日 (日) 20時22分

830さま
ちょっと混乱があるようなのですが、ブルドッグ(三菱ふそうB35)は現在国内に稼働車がほとんど存在しないはずです。何か別の車両と混同されておられるのではないでしょうか?

「先日」とあるので今年の話と解釈していますが・・・。例えば似たヘッドライトケースだということでしたら、これはもはや「ブルドック」とは全く関係ない話になりますので・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年6月20日 (日) 21時44分

2つ目玉がブルドッグ時代にそっくりだったので、それも
一番古い低床車(ノンステップ車の出始め)のタイプ
でした。見たのは先月ですが-----。大体その路線は
以前から一番古いタイプが使用されるので、最後まで
ノンステプが導入されなかった系統です。

お説によると生産中止車種との事で、よく似た2つ目玉
車だったのでしょう。ご教示ありがたく存じます。

投稿: 830 | 2010年6月21日 (月) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/35079091

この記事へのトラックバック一覧です: ふとした疑問:

« CU-71Sクーラーを試作する。 | トップページ | CU-71Sクーラーを量産する。 »