« コルト1000 | トップページ | Y31後期型2nd/現行モデル »

汎用品

お話の続き。三菱コルト(初代のね!)のテールレンズが交通科学館保存の国鉄ハイウェイバスと同じというご指摘。写真を探したが、現在は後ろがうまく撮れない位置に鎮座していて撮っていなかった。以前はよく見えたので、はっきり覚えてはいる。まあ、ああいうのは汎用品なので別の写真でもよかろう、と。

151r
コトデンバス 三菱ふそうMR470(呉羽)1973年式

要するにこれと同じなのだろう、と。

ただ・・・、

209r
コトデンバス 三菱ふそうMR470(呉羽)1974年式

あくまでコトデンバスの場合だが、1973年式の最後くらい(多分前のおでこがひさしに変わってから)より以後は、同じカタチなのだがちょっと小ぶりなテールレンズに変更されている。断言できないが、コルトの写真を見る限り上写真の大きい方かな、と。ただしかし、これが国鉄ハイウェイバスと同じだというのも断言できないんだな、これが・・・。

|

« コルト1000 | トップページ | Y31後期型2nd/現行モデル »

クルマ」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

型式写真」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

いわゆる丸テールですね。トラックでも昭和50年そこそこまでの車は規格型の丸テールです。まぁトラックの場合は凡そ2連タイプでした。ただサイズの大小があったかは定かでありませんね。

ちなみに73年式のほうの配列はセンターがオレンジレンズのウィンカーでしょうか。色がくすんで見えるので74年式のように外オレンジレンズじゃないようにも見えますが… センターオレンジだったらトラックタイプの規格配列ですね。

2連の丸テールは今やレトロデコトラ用に復刻版が出ていたりします。それにウィンカーのゆっくりリレーを付けたら気分は70年代でしょう(笑)

投稿: 西日本総合開発 | 2010年6月21日 (月) 16時53分

この当時の観光バス、リアのウィンカーのリレーが妙にかっこうよく、凄く印象に残っていますよ。特に3連でリレーしてその都度消えるタイプでは無くて、端っこから付きながら点灯したまま残って、最後に全部消えてまたリレーしていくタイプが好きでした。(文章では表現が難しい…)

投稿: 播磨観光タクシー | 2010年6月21日 (月) 18時43分

トラックにスカイラインの丸テールが付いてたようなもんですか?
\(-"-;) イヤ、チガウダロ・・・

投稿: えびび | 2010年6月21日 (月) 20時19分

播磨観光タクシー様こんばんは。

端っこから付きながら点灯したまま残って、最後に全部消えてまたリレーのパターンは俗称「追っかけリレー」ですね。今でもデコトラでリレー機を入れてそのパターンにしてあるのを見ます。


えびび様こんばんは。

スカイラインの丸テールだけでなく、ケンメリ時代のGLテールもデコトラ用にありましたよ。他だったらチェリーテールとか… トラックのテールって拘りだすとキリがない楽しいパーツだったりします。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年6月22日 (火) 04時02分

西日本総合開発さま
73年式も端がウインカーです。バスがボロいので写真では判然としませんが・・・。中央がウインカーになるのはバスでは少数派で、なぜか中京地区に多かったように思います。
サイズ大小もさることながら、レンズがとんがったもの(円錐になっている)もありましたね~。

投稿: いぶきダンナ | 2010年6月22日 (火) 17時16分

えびびさま
スカイラインはメジャーですね。チェリーの丸いやつもあったかな?と。

投稿: いぶきダンナ | 2010年6月22日 (火) 17時17分

汎用の丸テール、ついパッカー車を連想してしまいます。

コルトのテールはこの丸テールとは別物なんです。もう一回り大きく、円周部分のエッジが立ったレンズです。

よくある三連テール
http://www.daitoh-truck.co.jp/SHOP/zoomitem.cgi

コルト1100(友人のblogです)
http://blog.goo.ne.jp/saiun4gou/s/%A5ơ%BC%A5%EB%A5%EC%A5%F3%A5%BA

投稿: inomamo | 2010年6月23日 (水) 21時46分

あ、でも'73年の琴電バスのは、まさにソレっぽい感じですね。

投稿: inomamo | 2010年6月23日 (水) 21時50分

こんばんは。

73年式も端ウィンカーなんですね。円錐の丸レンズは記憶に無かったです。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年6月24日 (木) 01時25分

inomanoさま
別の写真でも確認したのですが、1973年式のテールレンズもコルト同様3本のビスで同じように留められています。国鉄ハイウェイバスのB906Rはもう少し大きかったような印象がありますが、コルトも含めみんな結局同じものなのかも知れません。

西日本総合開発さま
円錐丸レンズはさすがに私も現役で見たことはありません。廃車体なら撮っていますが結構割れているものが多くて・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年6月25日 (金) 08時44分

おはようございます。

私は廃車体ですら円錐丸テールは見ていないかもしれません。

コルト同様3本ビスについてですが、昭和50年前後のトラックに見られる丸テールはその3本ビスですね。今のパッカー車やバキュームダンパーに付いている丸テールは大体が4本ビスです。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年6月25日 (金) 10時19分

呼ばれているのかな?とおもいながら眺めてました・・・

いぶき工房さんが円錐丸レンズを現役で見ていないのは意外でした。
高松に来られた時には 琴電の香2い1998と1999号はいなかったのですね。

あの頃はまだまだ廃車体にごろごろありまして とんがりのレンズをあちこちで廃車を撮影しましたし ウチにも 琴参先生からもらったレンズが一個在ります。 でもあれはレンズのブラケットと3個並んでいないと雰囲気は出ませんね。

それから 画像が209号なんで ちょっと前解体されたことを思い出したりして なんともいえないきもちになりました。
何でも撮っておきたいものですが いまだにおっくうでいけません。

投稿: OKMR | 2010年6月25日 (金) 22時57分

OKMRさま
私が高松に移住したとき、実は「香2い」も存在していなかったのです・・・。最若番が「香22か24」だったくらいですから、円錐テールなんてとてもとても・・・。
209号は同年式で一番きれいに撮れているので出してみました。まさか最近まで残るとは、そして消えていくとは、人の縁と同じくバスとの縁も不思議なものですね。

投稿: いぶきダンナ | 2010年6月26日 (土) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/35391816

この記事へのトラックバック一覧です: 汎用品:

« コルト1000 | トップページ | Y31後期型2nd/現行モデル »