« 文化住宅 | トップページ | 新橋の夜 »

トヨタ・マークⅡ X80系

突然再開した「タクシー的分類」。勢いで80系マークⅡも分類してしまう。現在タクシーの決定版であるコンフォート/クラウン・コンフォートのベースとなった80系マークⅡも製造中止後15年。不景気のため4~5年程度で代替できない事業者も増えていると思われるが、さすがに15年使うのは個人タクシーにあるかどうかで、走る姿を見ることも極めて稀になった。自家用としてはハードトップでそれも「白のグランデ」っちゅうのが「ニッポンの中流」の象徴であり、「課長サンになったら乗る!」なんていう時代もあったことが偲ばれる。そういうの、80系が最後だったか、いや90系まで引きずったか、100系の頃はもう消えていたな、とか・・・。マークⅡとは、そういう感慨に浸れるクルマでもある。タクシーは違うが。

Yx801f
マークⅡ YX80前期型GL。1988年に登場した80系は自家用でハードトップの印象が強いが、小型車では主流であったコロナに代わって地方都市のタクシーに浸透、大型化とグレードアップに貢献した。
(青森 珍田タクシー 青森駅前)

Yx801f2
同じく前期型。グレードはGLしかなかったように思う。写真はオプションのボディ同色バンパー装着車。
(島根 タニモトハイヤー 出雲市駅前)

Yx802f
1990年にマイナーチェンジ。後期型となる。前期型とはフロントグリルのデザインが異なり、後期型は中央の縦1本が太くなって「鼻筋が通った」感じになっているのが特徴。1992年以降ハードトップは90系に移行するが、セダンは80系のまま残り、そのまま最終型となる。後期型と最終型は前から見た場合の判別はできない。
(※写真は最終型。香川 サンタクシー 多度津駅前)

Yx802f2
後期型or最終型。低グレードの黒バンパーは前期・後期・最終の区別はないが、さすがに自家用と共用のボディ同色バンパーはマイナーチェンジでデザインが変わった。写真の個体は窓周りが黒いが、タクシーでこのような仕様に出来たのか、まさかと思うが自家用仕様のガソリン車?再登録車だし・・・。
(福井 日ノ出タクシー 福井駅前)

Yx802f3
最終型。ボディ同色バンパーを装着するが、バンパーそのものは黒。仕様として知られていないのか販売店が売らなかったのか、こういった個体が全く存在しない地域もある。
(福岡 西ビルタクシー 福岡市内)

続いてリア部を。

Yx801r2_2
こちら前期型のリア部。上下2段に分かれたシンプルで平面的なデザインのテールランプが特徴。
(広島 東洋交通 尾道駅前)

Yx802r
こちらが後期型。レンズがふっくらした感じになりウインカー部が下1/3になるなど「ありがちな変更」が加えられる。ちなみにハードトップは好評だったためかバックランプが端から中央に移った程度でイメージに大きな変更は無かった。
(青森 南部縦貫鉄道タクシー 七戸駅前)

Yx803r
そして最終型。ハードトップが90系にモデルチェンジした1992年以降のモデル。元々GLしかなかったグレード名エンブレムが無くなり、キーホールにトヨタマーク(いわゆる「牛マーク」)のカバーが付いている。これにより「TOYOTA」の文字エンブレムも無くなった。
(東京 日立交通 東京都内)

80系モデル末期にはグランデと外見が同じような「GRサルーン」とかいうのが大量に湧いた時期があった。いや、タクシーモデルには関係ない話であるが・・・。

|

« 文化住宅 | トップページ | 新橋の夜 »

クルマ」カテゴリの記事

タクシー」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

前期か後期か判りませんが、地元に1台80マークの個人タクシーが残っています。写真は前と横は何枚か撮っていたと思いますが、後ろは撮っていなかったですね。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年6月29日 (火) 18時38分

Y31グロリアで慌ててしまいましたが、やはり後ろの記録は大切です。バスは両側面、最近はクーラーも撮っておかないといけませんが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年6月30日 (水) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/35565092

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・マークⅡ X80系:

« 文化住宅 | トップページ | 新橋の夜 »