« 汎用品 | トップページ | 文化住宅 »

Y31後期型2nd/現行モデル

このシリーズ。前回が2008.9.22なので、なんと2年近く間が空いている。最近の読者の方には「知らない」という向きもあると思われる(そもそも「最近の読者」という方がいらっしゃるのかどうか定かではないが・・・)ので、とりあえず前の記事を。

Y31前期型オリジナル
Y31前期型上級グレード
Y31後期型1stモデル

と、思い出していただいたところで・・・。
グロリア営業車がすでに生産中止されて久しく、街で見る機会はほとんど失われつつあるため「早く撮らねば」と焦っていた昨今であるが、気が付けば「Y31いや日産のタクシーがかなり減少している。」という事実を突き付けられた。各地のタクシーのりばはコンフォート一色となり、統一美はあるが多様性という観点ではモノトーンの風景になりつつある。かつてブルーバードやコロナ、カペラ、カスタムキャブといったタクシー専用の「変なクルマ」があふれていた頃が懐かしい。「はたらく車」が趣味の観点でマイナーなものであることは理解している。ただ、バスもトラックもタクシーも・・・、こうも急激に車種の統一が進むのが自動車業界、または日本の自動車文化にとって良いことなのか、今一度考え直してみる必要はないのだろうか。もちろん、生き残るための”苦渋の選択”であることは十分理解しているが・・・。

本題に戻ろう。

10062602
セドリックY31後期型2ndオリジナル
(横浜 京浜交通)

10062605
グロリアY31後期型2ndオリジナル
(加古川 加古川交通)

10062606
セドリックY31後期型2ndカスタム ボディ同色バンパー
(明石 明石タクシー)

10062608
グロリアY31後期型2ndカスタム
(高松 コトデンタクシー)

10062607
セドリックY31後期型2ndブロアム
(高松 個人)

前期型との相違点はフロントグリルの意匠のみ。上級グレードがメッキになっているのもお約束。前期型同様セド/グロで上級グレードのみグリルのデザインが変えてある(基本同じデザインなのだが、グロリアは伝統の十字模様部分のみメッキ。写真では判りにくいが・・・)。5枚目の写真は3ナンバー仕様で、前期型と異なりグリルがライトと離れたようなデザイン処理となり、バンパーも”いかつく”なった。自家用やパトカー仕様もこれと同じ顔をしているため「パトカー特有の顔」は失われ、覆面パトカーの判別が難しくなった。(もっとも昔と違ってこの手のセダンで自家用のものはほとんどないが・・・。)

10062601
セドリックY31後期型2ndカスタム
(神戸 神戸タクシー)

10062604
グロリアY31後期型2ndオリジナル
(高知 ヤナセハイヤー)

リアはこれまたお約束のテールレンズ意匠変更。前期型の直線的なデザインに対し、ナンバー上部が盛り上がるなど全体に立体的な印象となった。テールレンズ周囲が上級グレードがメッキ仕上げなのは、これも当然お約束。セド/グロの相違はセドがウインカー部分が白っぽいレンズとなっているのに対し、グロはオレンジ色。

10062603
セドリックY31後期型現行 カスタム
(高松 ことでんタクシー)

最後に現行セドリックの写真を。2005年以降、上級グレードは側面ウインカーが前フェンダー後部に移り、前面ウインカーと共にクリアレンズとなった。これより前、1999年にグロリアが廃止されているため、当然このタイプはセドリックしか存在しない。

そもそも、このタイプのグロリアの画像が極めて少ないため、ダンナ最近タクシーのりばで探し回っているのだが、以前グロリアを持っていた事業者も生産中止後11年も経てば写真のことでんタクシーのようにセドリックに変わってきており、おまけにクラコンの勢力拡大もあってY31自体撮影しなければならない対象になりつつある。

やれやれ、ちと遅かったか・・・。

|

« 汎用品 | トップページ | 文化住宅 »

クルマ」カテゴリの記事

タクシー」カテゴリの記事

コメント

明石タクシーさんにお伺いすると、セドリックを作ってくれるように日産に頼んでも全くよい返事をくれない。
とのことです。
この会社、今後全てセドリックの上級グレードにする計画を立てていたのですが・・

やむを得ず、本年からクラウンスーパーデラックスに変更となったそうです。

日産、商売っ気全くなしですねぇ。。

投稿: こう@電車おやじ | 2010年6月26日 (土) 11時14分

こう@電車おやじさま
タクシー程度の需要ではペイしないんでしょうね~。現在メーカーはフルラインアップをやめて、売れるところに重点投資し営業車なんかOEMも当たり前なので、こういう現象は止むを得ないところなのでしょう。ただ、日産がタクシー製造から撤退し(すでに小型タクシーからは撤退していますね。)競争のない状態になることは、ある意味危険なことだと、そう感じられてなりません。そのうち日産エンブレムのクラコンが登場したりして・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年6月26日 (土) 12時55分

久々のY31特集楽しませていただきました。

Y31は昨年マイナーチェンジをしてますからまだまだ継続生産するのでしょうね。
ただフェンダーミラーの設定無し、タクシーインパネも無し、だそうです。本当に売る気があるのだろうか?と心配です。

投稿: やっちー | 2010年6月30日 (水) 08時26分

>やっちーさま

クラコンのほうもコラムMTが無くなったり、タクシーらしい設定が消えていくのは寂しいものです。そのうち海外のように「普通のクルマ」と同一となる日が来るのでしょうか・・・?

一足先にパトカーが面白くなくなってますもんね~。

投稿: いぶきダンナ | 2010年6月30日 (水) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/35484035

この記事へのトラックバック一覧です: Y31後期型2nd/現行モデル:

« 汎用品 | トップページ | 文化住宅 »