« トヨタ・マークⅡ X80系 | トップページ | 第1回 明石プラモデル甲子園 »

新橋の夜

ダンナ、7年ぶり東京の夜。とにかく夕飯の段取りを考えていないので、地元の方にくっついて行くのが良い。サラリーマンの聖地、新橋に向かう。

Img_1059_1
「ホッピー」である。東京では普通の飲み物。グラスの焼酎と一緒に出てきて、ホッピーを注いで混ぜて飲む。どう考えても焼酎のほうが先に無くなるので「おね~さん、”ナカ”一つ」などと頼む。 ホッピーのほうを頼むときは”ソト”である。ビール代用飲料であり、写真のように黒ビールに相当する”クロ”(普通のは”シロ”)もあるが、味がそれほど似ているわけではない。東京人にしても「別に美味しくないっしょ?」ってな感じである。

ただ、ダンナ、以前この飲料を京都河原町の居酒屋で飲んだことがあるのだ。提供スタイルも今回と同じだった。基本的に関東にしかないが、最近は関西でもあるところには「ある」。まあ、関西で飲むほどのものではないのでは。せっかく東京に行ったならば味わうべきだとは思うが。

結局、毎日新橋に行ってたので。

Img_1092_1
高架下で飲んだ「電気ブラン」。さすがに関西にはないな、これは。

浅草発祥の酒。ブランデーやらワインやら何やかんや、薬草まで入ったもの。これはキツい。写真に撮って初めてグラスが「電気ブラン」ロゴ入りだと知ったが、実は店のメニューには無く、頼んだら出てくるという怪しさがたまらん。 2杯目からは水割りにしてもらった。

Img_1070_1
東京と言えば車種何でもアリの個人タクシー。酔ってきたら晩でも何でも撮影するのだ。ちなみにこれは初代日産フーガ。白い車体に提灯行灯、「日個連」だ。

Img_1071_1
なんだこれは?と思わず撮ってしまったのは「ヒュンダイ・グレンジャー」。「ヒュンダイXG」とか言ってたのは先代モデル。韓国は一般にLPG車が普及しており、そうなると東京では何でもアリの個人タクシーが登場する。白い車体に青い帯、カタツムリ行灯はご存知「東個協」である。

昼間は写真が撮れないので(出張で来ていることもあり)、夜の写真しかないのが残念と言えば残念なのだが、まあプリウスの東京無線タクシーなんかも多数走っていた(撮れなかったわけだが)ので、たまには個人的に撮りに行かないといかんな~、と思う次第。

|

« トヨタ・マークⅡ X80系 | トップページ | 第1回 明石プラモデル甲子園 »

クルマ」カテゴリの記事

タクシー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

タイトル見て、てっきりオークラホテルあたりから高松バスの車庫の夜景を撮った、ってネタだと思ってましたw

投稿: まろん | 2010年7月 9日 (金) 00時45分

電気ブラン---東京下町の強いカクテルとは懐かしい名前ですな?
コップがまた良い。

あれ2口3口飲んで閉口して止めました。

新橋近くだったか?一寸上品なバーがあって、国立
音大の学生がバイトでホステスやっていて、クラッシック歌曲とか聞きながら----
もう10年以上前の事ですが---

投稿: 830 | 2010年7月 9日 (金) 09時48分

こんにちは。

たまにスーパーでもホッピーを見るようになりましたね。でも焼酎と混ぜる感覚が分からず買うに至りません。

そういえばグレンジャーといえば、その昔は2代目デボネアの兄弟車じゃなかったでしょうか・

投稿: 西日本総合開発 | 2010年7月 9日 (金) 11時45分

昔は神戸でも小型タクシーが何でもアリじゃなかったですか?

投稿: えびび | 2010年7月 9日 (金) 12時04分

>まろんさま
最近懐古モードに入っておられますね~。新橋営業所もよく行かせていただきましたが、今行ってみるとマンションや一戸建てが・・・。跡形も無く消えてしまうというのも寂しいものです。
そうそう、「かわらまち」は「瓦町」ですもんね~。

>830さま
せっかく東京に行ったもので、かの地独特のものをと案内してもらいました。今回なかなか収穫大でしたよ。
音大の学生とクラシック、ですか?10年前ということは「最近」のお話ですね。残念ながら私の行くようなジャンルのお店ではないですね~。

>西日本総合開発さま
ホッピーそのものはアルコール分がありませんので酒にならないんですよね。焼酎が一番クセがなく混ぜるには妥当な線かと。ウォッカでも混ぜますか~。
確かデボネアは3代目もグレンジャーだったかな、と。以前グレンジャーのファンサイトを見たことがありますよ。

>えびびさま
昔ってどのくらい昔の話でしょうか?私の物心付いたころは、まあそれほど変でもなかったんですが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年7月11日 (日) 10時08分

こんばんは。

グレンジャーにファンサイトがあったんですね。3代目デボネアといえばプラウディアとの狭間で印象が薄かった気が…

投稿: 西日本総合開発 | 2010年7月12日 (月) 01時12分

そうですね~。3代目デボネアなんて三菱関係者以外で自家用に持っていた、ってヒトは珍しいでしょう。三菱と取引のある、あるいは三菱から貸切の仕事を請けているタクシー会社なんかに何台かあったのは知っていますが。私もそういう印象しかないですね。

投稿: いぶきダンナ | 2010年7月12日 (月) 07時42分

タイトルの「新橋の夜」、そそりますね。
サラリーマンのメッカ・新橋で食事とはたまりません。

職場も異動し東京出張も無く、たまの製品検査もメーカーの担当者に捕まったままの行程では、面白くもありませんし・・・。

年に数回の東京出張があった頃は、東京勤務の友人を誘い、新橋の店を案内して貰い異業種での飲み会が楽しみでした。
電気ブランはアルコール30度ですよね。オールドになると40度とか・・・まさしくしびれる感覚でしょうが、本来はモダンな呼び名で電気を冠したらしいです。

あの店の雰囲気で飲むから、あの味わいがあるのだと思います。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2010年7月12日 (月) 12時33分

>アルプス銀水タクシーさま
年に数回あったんですね~、東京出張。私も前の職場では熊本や長崎に行ったことがあるのですが、東京も一度だけあったかな。旅行も良いのですが、仕事の話でも他の地域の方と話せるのは良い機会だと思います。
さて、電気ブラン。私もネットで調べました。そういう意味合いなんですよね。ということは・・・、同じ明治期に現れた「”電気”鉄道」っていう単語もさぞかしモダンで新時代を感じさせるものだったのでしょうね。もっともこちらは本当に電気使いますが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年7月13日 (火) 10時30分

電気ブラン、先月立ち寄った尼崎の居酒屋になぜかおいてました。頼んでみましたが、神谷バーのと同じく養命酒を美味くしたような味でした。

投稿: inomamo | 2010年7月14日 (水) 18時20分

>inomamoさま
尼崎にありましたか!河原町のホッピーよりインパクトがありますね~。私、このときすでに3軒目で実は味をよく覚えていないのですが、確かに養命酒を美味しくしたような、と言われてみればそんな感じだったかと思います。

投稿: いぶきダンナ | 2010年7月15日 (木) 08時37分

こんにちは。

確かにデボネアは一般で乗られるのってかなり少なかったですね。後年は意外と初代が多かったような… 

3代目は地元の町工場に1台止まっていたのですが、あそこは三菱系の下請けだったのかなと勘繰ったものです。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年7月16日 (金) 10時19分

電気ブラン、飲みはしなかったものの初めて名前を知ったのは、小学生の時に読んでいた雑誌「ガロ」連載の滝田ゆう「寺島町奇譚」によく出てきたからなんです。

父に聞いて、何故「電気ブラン」というか教えてもらっていたんです。関西には無いなあ・・・と言っていました。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2010年7月16日 (金) 12時37分

>西日本総合開発さま
デボネア、3代目もかなり見なくなりましたね。先日明らかに自家用のプラウディアを見てかなり驚きましたが・・・。

>アルプス銀水タクシーさま
滝田ゆう・・・、そういうところ、ありがちな感じですね。東京だとそんなに珍奇なイメージはないんでしょうね~。

投稿: いぶきダンナ | 2010年7月20日 (火) 22時37分

こんばんは。

自家用の黒シルバーのプラウディアは地元にまだ1台残っていたと思います。プラウディアも結構見つけるとビックリする存在ですよね。歴代デボネアもプラウディアも共通するのは、リアの存在感が尋常じゃないです。

そのプラウディアは撮影したのですがリムジン版のディグニティは、以前知り合いが入居していた三菱系のテナントビルで見ていたのに撮影しないまま、結局今では見なくなってしまいました。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年7月21日 (水) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/35685885

この記事へのトラックバック一覧です: 新橋の夜:

« トヨタ・マークⅡ X80系 | トップページ | 第1回 明石プラモデル甲子園 »