« CU-71Sクーラーを完成させる。 | トップページ | 加古川海洋文化センター »

クーラーができると・・・。

なわけで、6両分6個のクーラーが完成(まだ色差ししたいが)したので、現車に接着してみる。

Img_1304_1
新しいクーラーに載せ換えた山陽電鉄5000系の模型。まだ手を加えたい部分があって、何年経ったら完成すんねん!状態ではあるが、まあいいのだ。誰のでもないのだし。今回、ホワイトメタル製のクーラーをペーパー製に換えたことで、ペーパールーフに重たいクーラーが載った不安定な状態から脱し、重心が低くなって安定した走行が期待できる。

が、今まで気付かないふりをしていた新たな問題が・・・。

Img_1306_1
写真は4号車5208号の屋根。左右ランボードの高さが違うのが判る。手前のベンチレータもやや右側が低い。

これはペーパールーフの弱点なのだが、屋根Rを正確に出すのが難しい。実はこの5000系は5030系として製作された頂き物の展開図を使っているのだが、CAD設計のプリントアウト時に非常に僅かだが歪みがあり、屋根の前後で展開寸法が少し違っていた。このため同幅の妻板をはめ込むと片側がきつく、無理すると矛盾が屋根中央に行ってしまう。製作時に分かってはいたのだが、妻板の幅を前後で変えるわけにはいかず、工期の問題から展開図の引き直しも無理で、そのまま進行した経緯がある。写真の5208号も屋根中央部が少し傾いていて気になるのだが、3号車5510号は「これはいかんやろ」と思うくらいに傾いているので、その部分をかさ上げすることに。

Img_1298_1
低い側のベンチレータとランボードを取り外した5510号。紙を貼り足してパテで埋めて削り、屋根中央部の変に低い部分を修正したい。うまくいけば5208号も修正したい。パンタ車は配管があるので諦めるとして・・・。

こんなことをしているので、新作に掛かれないわけで。

|

« CU-71Sクーラーを完成させる。 | トップページ | 加古川海洋文化センター »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

自作品だとやっぱりこういう拘りって完成後にも何やら色々出てきますよね。私も時々とんでもなく疼き始め、大胆に作り替えとかやってしまう時があります。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年7月24日 (土) 01時05分

結局、運転会に合わせて製作するので「走れる状態」にまでして完成していないので、手を加える余地が残るのです。そうしているうちに不満な部分が出てきて・・・、とキリがないわけです。

投稿: いぶきダンナ | 2010年7月25日 (日) 08時44分

こんばんは。

私も目下エンドレス地獄に陥っています。後からちょっと手直しというのは絶対ヤバいですね。大抵殆ど作り変えに近くなります。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年7月27日 (火) 01時45分

>西日本総合開発さま
そうですね。周囲の方も旧作は「もう新たに作りたい」と仰られている方もいますし、私も新作のためにも適当なところで諦めたいとは思っているのですが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年7月29日 (木) 00時03分

こんばんは。

それがマニア同士しか分からない拘りなのかもしれませんが、恐らく一から再製作したほうが労力はマシな場合がありますよね。私もこのところそれで随分疲れました。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年7月30日 (金) 02時38分

この頃模型車両も屋根が簡単ですね。
山陽も820-830がガーランド1列。
850がトランク型2列。


0番ゲージだったけれどベンチレーターの取り付け
位置の中心を出すのに大いに気を使いました。

投稿: 830 | 2010年8月 4日 (水) 20時55分

>西日本総合開発さま
もちろん1から作ったほうがマシだとは思いますが、多分2度と同じ色が出ないような・・・。

>830さま
屋根、簡単に見えてパーツそのものがありません。山陽用CU71Sクーラーはなく、またベンチレーターも実はピッタリのものはありません。シンプルなんですが、全て自作で補わなければならないという・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年8月 4日 (水) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/35836587

この記事へのトラックバック一覧です: クーラーができると・・・。:

« CU-71Sクーラーを完成させる。 | トップページ | 加古川海洋文化センター »