« 加古川海洋文化センター | トップページ | ”ママ鉄”はいるのか? »

尼崎・元浜緑地

毎日が暑い(に決まっている)今日この頃。

Img_1425_1
冷房の効いた屋内から晴天の空を眺めている分には快適なのだが、

Img_1440_1
外に出ると灼熱地獄である。にもかかわらず・・・、

Img_1442_1
コッコ1号が「プールに連れて行け!」と騒ぐので、今回は尼崎市「元浜緑地」にある「わんぱく池」というところにやって来た。駐車料500円(1時間以上6時間未満)で、写真のような幼児に安全な水遊び施設が利用できる。日曜日ということもあって多客のため「芋洗い」状態ではあったが。

まあ、微妙かな、と。

西猪名>加古川>元浜>総合運動公園

って言えば分かりますか?

|

« 加古川海洋文化センター | トップページ | ”ママ鉄”はいるのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

尼崎にこういう所があるんですね。
勉強になりますhappy01

西猪名>加古川>元浜
とのことなので、今月中にでも、西猪名or加古川に行こうと思います。
ご紹介、有り難うございます!

投稿: 光陽 | 2010年8月 8日 (日) 23時34分

空が蒼いなぁ・・・。

今回も水遊びネタでうらやましい限りです。

投稿: みささ | 2010年8月 8日 (日) 23時47分

こんばんは。

この風景って尼崎でもどの辺かなと思って地図で調べたら、西宮との隣接エリアだったんですね。どおりで神戸の雰囲気が濃い風景だったのか… 尼港界隈もこんなに開発が進んだのかと一瞬驚きました(笑)

仕事上よく行っていたせいか、尼崎といえばR43より海側の東海岸や尼崎港付近のイメージが極端に強いです。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年8月 9日 (月) 01時27分

尼崎は東海道本線以南に金をつぎ込んでいますから
元浜緑地も良くなっています。子供が孫達を連れて
車で20分程で行けるので,時々土日に爺婆留守番で
出かけます。
あの辺昭和25年の「ジェーン台風」で滅茶苦茶に
浸水した所です。

東海岸や1万トン岸壁辺りとはガラリと変わっています
。ただ北部からだと「バスの便が不便」ですが。

投稿: 830 | 2010年8月 9日 (月) 09時49分

>光陽さま
もう少しコッコ共も大きくなれば普通のプールでOKなのですが。ネットで”水遊び”で検索すれば、この手の施設が結構見つかります。西猪名は設備充実で1日遊べますが、平日も朝からママさんたちでいっぱいでした。加古川のほうはプール一つですが、ゆっくりできるのと建物内が冷房効いて涼しいので侮れません。

>みさささま
空も雲を”見るだけ”なら素晴らしいですね。写真に撮ってどうなるものではないのですが、思わずカメラを向けてしまいました。銀塩写真時代には考えられないことです。

>西日本総合開発さま
私にとって武庫川の東側は”大阪”です。神戸弁通じませんしね。恐らくウロウロしたであろう学生時代にはここにおらず、仕事が仕事だけに行く用事もなく・・・、尼崎には本当にイメージがありません。

>830さま
ここからお近いんですね。ウチからクルマを出すと地道で1時間以上かかりました。尼崎と言えば低地で台風で浸水した話はよく聞きますが、現在は隔世の感があります。工業都市のイメージが強いところですが、伊丹などとともに城下町として”神戸”なんかより古い歴史を持っているんですよね。

投稿: いぶきダンナ | 2010年8月10日 (火) 08時22分

週末はキューブ3のさよなら運転を兼ね、徳島の公共施設アスタムランドに行ってきました。
入場・駐車無料ですが、高速料金が必要・・・ながら、駐車場はほとんどが近畿ナンバー。

じゃぶじゃぶ遊びもありましたが、香川に入りうどん昼食、午後はしろとり動物園、という行程なので昼までの利用。

暑さでヘロヘロになったのは言うまでもありません。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2010年8月11日 (水) 18時00分

こんばんは。

えっ、尼崎って神戸弁じゃないんですか。私の知っている尼崎や伊丹の方は神戸弁だと思うのですが、微妙に神戸弁とはニュアンスが違うとかですかね。例えば大阪弁と河内弁、泉州弁の違いみたいな…

まぁ尼崎は大阪市内と同じ市外局番06ですし、大阪に限りなく近いと言われればそうかもしれません。でも大阪人は尼崎は「神戸」なんですよね。神崎川を越えると登録ナンバーは神戸ですし…

投稿: 西日本総合開発 | 2010年8月12日 (木) 03時36分

>アルプス銀水タクシーさま
高速料金に阻まれて四国にはなかなか足が向きませんね~。行かねばならないところはたくさんあるんですが。「しろとり動物園」とは渋いですね。私は近くまでは行きましたが実は中に入ったことはないように記憶してます。うどんはどちらで?東讃地方は良い店が少ないですから。

>西日本総合開発さま
基本的に神戸弁は西宮すなわち武庫川以西だったと思います。言葉は川、山とか旧国境とかで分かれますから。「知っとう」とか「おってですか?」とか言い出だすと神戸かな?とか。もちろんさらに西へ行くと播州弁になりますけど。

投稿: いぶきダンナ | 2010年8月12日 (木) 07時46分

こんにちは。

「行っとう」とは尼崎や伊丹でも聞きますが、語尾に「やー」と確か付けていた気がします。ちなみに大阪弁の中でも我々河内弁エリアは語尾が「みー」です。喧嘩の時に「ワレみー何しとんけー」なんて言っていたら河内の人間でほぼ確定です(笑)

投稿: 西日本総合開発 | 2010年8月16日 (月) 11時45分

アスタムランド徳島からは県道1号で大坂峠越え、えぐい道でしたが、香川側に出て瀬戸内の青い海の眺めが目に入ったときはすばらしかったですよ。

うどんは11号線沿いの宮川さんでいただきました。

しろとり動物園は2度目です。前回はホワイトタイガーの赤ちゃんを抱き、今回もトラの赤ちゃんと記念撮影。
民営の開放的な管理とサービス精神旺盛なスタッフの対応でお勧めです。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2010年8月16日 (月) 12時57分

>西日本総合開発さま
まあまあ、方言の話をし出すとキリがないのでこの辺で・・・。ナンバーのこと、淡路島が神戸ナンバーなのは有名ですが、加古郡では稲美町が神戸ナンバー、播磨町は姫路ナンバーですね。

>アルプス銀水タクシーさま
大坂峠越えルート、懐かしいです。最初はエグいと思ったものですが、四国内をウロウロしているうちにあの程度なら何とも思わなくなりました。11号沿いの「宮川」ですか?行ったことないです。最近は新規開拓全くしてません(汗)。
しろとり動物園、動物と触れ合えること、民間ゆえのサービスは有名ですね。広いので歩き回らなければならないですけど。ウチもそろそろコッコ共が連れて行ける大きさになったので行ってみようかな、と。

投稿: いぶきダンナ | 2010年8月18日 (水) 08時29分

こんにちは。

ナンバーも確かに微妙な線引きをしていますよね。昔は大阪市内南部は泉ナンバー、でナニワ登録が出来てから大阪市内全域ナニワで統一でしたね。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年8月19日 (木) 11時50分

平仮名の「なにわ」登場時は衝撃でしたね。まあ今では「いわき」だの「富士山」だの何でもアリで別に驚かなくなりましたが。

投稿: いぶきダンナ | 2010年8月20日 (金) 10時04分

こんばんは。

まぁ何が衝撃だったって、大型ダンプのボデーに書かれるボデーナンバーの地域表示が「なに」でしたからね。確かに2字でOKですからそうなるのでしょうが…

投稿: 西日本総合開発 | 2010年8月21日 (土) 02時05分

「なに」ですか。なるほど、当初2字でOKにしたときは、こんなことになるとは想定していなかったでしょうね~。

投稿: いぶきダンナ | 2010年8月22日 (日) 18時12分

こんばんは。

多分当初の想定外でしょうね。他だと子供の頃まだ和泉ナンバーが泉、和歌山ナンバーが和だったので、地元の砕石業者に来ていたダンプのボデーナンバーで「和泉」と「和歌」が物凄く似ているなと思いました。

投稿: 西日本総合開発 | 2010年8月23日 (月) 00時48分

尼崎は南部(2国近辺から南),中部(橘通付近から
山手幹線の間)、北部(阪急神戸本線以北)と微妙に
言葉が違います。
北部は「いっとうやー」は余り聞きませんね。「いつとん
ねん」は聞きますけれど。

投稿: 830 | 2010年8月23日 (月) 21時15分

>西日本総合開発さま
なるほど。「鳥」と「島根」みたいに判別しやすくしていたのに、両方2文字になると却って判別しづらくなったという例ですね。なるほど。

>830さま
尼崎もそうなんですが、同じ神戸でも東灘は違うとか。空襲で人口移動があって混ざったとか云々・・・。ということは震災での人口移動がいずれ方言の変化となって現れることになる(すでになっている?)のかも知れませんね。

投稿: いぶきダンナ | 2010年8月24日 (火) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/36081637

この記事へのトラックバック一覧です: 尼崎・元浜緑地:

« 加古川海洋文化センター | トップページ | ”ママ鉄”はいるのか? »