« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

TOKYO METRO 1978

こういう比較にあまり意味はないのだが、ブログのネタとして電車の前にコッコ共を立たせたのは事実である。

Metro05n_2
今回の旅行で一番お世話になった東京メトロ東西線。いろんな車両が走っているが、主力なのはこの05n系。大人しい顔の05系のほうがダンナ好みではある。

Eidan5000
1978年正月。営団東西線5000系とダンナ(当時6歳)。もちろん非冷房・前面に車番無し。さすがに先頭部の帯は太くなっているので全くの原型ではない。

Metro03
東京メトロ日比谷線03系。特に新しい車両ではないし以前も撮っているのだが、コッコ1号・2号とは初めての組み合わせ。

Eidan3000
同じく1978年正月。営団日比谷線3000系とダンナ。アルバムにピッタリくっついていたので、そのままスキャンしたら完全にピンボケ状態だが、元の写真はちゃんと写ってます。念のため。

Metro02
東京メトロ丸の内線02系とコッコ1号。02系も20年以上走っていると思うが、今回の目新しい点はワンマン化されたこと、ホームドアが設置されて写真がめちゃくちゃ撮りにくくなったこと、かな。

Eidan500
またまた1978年正月の営団丸の内線500形とダンナ。 中間に挟まっていた300形とか400形は前照灯のソケットが下から生えていたが、500形は正面を向いていたと思う。ぱっと見た目は同じなんだが。コドモというのは、そういうのを見ているのである。

おお~、何気にメトロって車番の書体ずーっと同じなんや。ふとしたことから伝統やそれを尊ぶ企業風土が感じられたりするものである。やや大げさかも。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

水上バス・東京タワー

浅草に出たダンナ一行。もちろん浅草寺方面に行く選択肢はあるが、時間がない。というのも、おかみが「東京タワー行きたい」と希望を出していたからだ。浅草寺や仲見世界隈、裏通りのホッピーや焼き鳥屋は前回見物しているので今回パス。「東京クルーズ」なる、要するに水上バスに乗って隅田川を下ることとする。

Img_2244_1
やってきたのは「道灌」。人名シリーズらしいが「竜馬」と「海舟」に匹敵するか?「道灌」。さすが東京的感覚である。ちなみに松本零士デザインの「ヒミコ」なる船(仕事でホテルに泊まったとき表に係留されてた。)には乗ってみたいと思ったが、まあ、こっちはガラス無しで開放的なので良しとする。ただ、ダンナ、この水上バスに乗るのはすでに4度目なのだ。「ヒミコ」に乗りたいと思う気持ちは理解していただけよう。

Img_2260_1
数々の橋をくぐって隅田川を下る。都会の喧騒を離れてのゆったりした船旅は意外なほど癒される。 ガイドさんの解説に従って左右に目を遣るのも楽しい。写真は神田川。

Img_2280_1
最後にくぐるのが勝鬨橋。中央部が跳ね上がる可動橋である。両津勘吉が写真の運転室に潜り込んで実際に橋を可動させてしまうシーンがあるが、実際は相当整備しないともう動かせないとのこと。最近だと思うが、隅田川に架かる橋はいろいろ違った色に塗られていて、様々な形と共に楽しめる。

日の出桟橋着。浜松町はまあ近い。
が、目的地が浜松町であれば「まあ近い」のだが、東京タワーだと話は違う。ちなみに浜松町から見て東京タワーは「まあ近い」。近くないという意見もあろうが、要するに徒歩で行ける範囲ということだ。で、日の出桟橋と東京タワーの間はどうか?というと、まあ歩けないことはない距離。ただしオトナが普通に行けば、ということ。コッコなる重量物を抱えて歩くのは辛いぞ。途中まで来て日の出桟橋でタクシーを拾わなかったことを後悔しつつ、増上寺に着いた頃には日も暮れかかっていた。そこからでも歩くと結構距離あったが。

Img_2308_1_2
こちらも高い!

おかみ、独身時代に仕事で東京タワーの下までは来たらしいのだが。ダンナはすでに3度も登っていたので、一緒に来ても東京タワーに連れて行くという発想が無かった。今回、おかみ+コッコ共は初めて登り、格好の家族サービスとなったわけで。

で、ダンナ、とうとう4度目の登頂。いつも下の大展望台までしか行っていなかったので、奮発して上の特別展望台に行くか!と思ったら40分待ち。あっさり今回も諦める。

Img_2323_1
夕暮れの大都会を眺める。以前から高層ビルはあったが、登るたびに展望台(150m)と同じかそれより高いビルが増え、視界が遮られるようになったのは気のせいではあるまい。写真は六本木ヒルズ。「三丁目の夕日」時代は恐らく周囲で一番高い場所だったのだろうが・・・。

Img_2345_1
とか何とか考えているうちに夜になってしまった。ここ大展望台も週末とあってほどよく賑わっている。

Img_2335_1
いつ行っても売っているのが左のプラモデル。「創業当時からの人気商品」と銘打ってあるが2,700円は高い。まだ金型があるのか、在庫が掃けないのか。右は最近加わったかペーパークラフトで1,500円。 模型と言えば一時LEDで照明付きの完成品が出ていたが、現在入手難なのか中古で50,000円もするのが出ている。相当数が出回ったと思われるが、かと言って欲しいわけではない。(欲しけりゃその時に買っている。)

Img_2361_1_2
と言うわけで、すっかり夜。帰りはさすがに東京メトロの神谷町駅まで歩いて、地下鉄乗り継いで東京駅まで。日の変わらないうちに神戸に帰着できたのであった。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

東京スカイツリー

新型スカイライナーで上野に出たダンナ一行は、とりあえず東京メトロ銀座線に乗って浅草に出た。上野~浅草間と言えば1927年、東京地下鉄道により日本で初めて開業した地下鉄区間である。映画「帝都物語」において早川徳次が豆を使って通行人を数えるシーンがあるが、そう、あれである。いくらなんでも”学天則”がトンネル掘ったりはしないと思うが、それはともかく。
脱線ついでに。「地下鉄博物館」にある地下鉄1号車1001号の台車は山陽電鉄から寄贈されたものである。(営団からの払い下げ先だったため。ちなみに台車を供出した256か257のうち256の車体は今も東二見で倉庫として残っているのも興味深い。)

いや、別に上野~浅草間を乗ったのは”日本初の地下鉄区間を体感”するつもりなのではなくて、東京スカイツリーの建設現場を見に行こう!という話なのである。ダンナ、完成して何年かして空いたら行こう!くらいに思っていたのだが、出張先で東京の事業者の方と話していると「タワーの最下部(つまり足元)は完成したら商業施設に覆われて見えなくなりますよ。見るなら今のうち。」とアドバイス(?)を受けたので、急遽見に行くことにしたのである。浅草から東武で一駅、業平橋駅の真ん前で工事している。

Img_2211_1

Img_2212_1
業平橋は1面2線の小さな駅。駅員さんたちの手作りと思われるポスターや現在高さの案内がほほえましい。こういうの好きだな~。

Img_2219_1
左隅に電車が写っているが、ご覧のとおり駅のすぐ横。まあ東武が作っているんだから当たり前だが。(正式社名は東武タワースカイツリー株式会社というらしい。)商業施設の建設も始まっているが、まだタワーの足元は見える状態。なるほど~。

Img_2224_1
高いな~。

Img_2230_1
全景を撮影するには、ちょっと離れなければならない。周辺は見物人でそこそこ賑わっていた。

Img_2237_1
もっと離れて隅田川べりから見た風景。左から墨田区役所、スカイツリー、アサヒビール本社、アサヒビール吾妻橋ホール。なかなか未来的(陳腐な表現ではあるが)光景だ。

で、帰りは結局東武には乗らずに徒歩で浅草まで戻る。普通に歩いても20分とかからない感じだが、コッコ2号が全く歩かない(発見したのだが、知らない所を歩きたくないようだ。)ために、その重量物を持つハメになり暑さも加わってバテバテである。

以下、次号。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

京成スカイライナー

というわけで、「てっぱく」行った次の日。開業間もない新型スカイライナーに乗るためだけに成田空港へ。7月17日開業なのでちょうど2ヶ月。基本的にダンナ、何でもオープン直後に行ったりせず、何年か経っておもむろに訪れるタイプなのだが今回は例外。まあ他に行くトコもないしね~、みたいな。

Naritaj
とまあ、ルートが違うんだから京成本線で行っても良いようなものだが、なぜか迂回ルートのJRで成田空港着。N'EXも新車E259系に置き換わり、このルートは新車同士の対決である。ちなみにダンナ一家、ここまでは快速E217系で来ました・・・。

Naritaa1
電車のためとは言え、実は成田空港に「初めて来た」ことに気付いたので空港内も見物。成田空港駅の改札を出たところで手荷物チェックおよび身分証明書確認を受ける。いきなりでビビったが「見学です。」ということで、でも免許証はきっちりチェックされて空港内に入る。

Naritaa2
昼なので何か食べよう、と。トムヤムクンなんぞがあったので各国料理でもあるのかと思ったが、結局それ以外は普通(中国とかイタリアとか)の料理だった。食べたタイ料理のほうだが、従業員は全員タイ人みたいだったので、恐らく本場の味であろうと。

Naritac
成田空港駅に戻る。京成の窓口。おなじみ「Keisei」ロゴが眩しい。今のCIロゴに比べレトロだが、ダンナ世代にはこちらがしっくりする。ちなみにスカイライナー利用で上野まで2,400円ナリ。

Narita2
照明ピカピカの専用のりば。誤乗防止のため「これでもか!」という徹底ぶり。まあ、何をしても誤乗するヒトはするし、しないヒトはしない。

Narita
ホームに下りる。これが新型AE側面のロゴ。

Syanai
車内。

この路線、途中の印旛日本医大まで160Km/h運転。新幹線を除けばほくほく線と共に国内最速を誇る。だから乗りに来たのだ。GG現示とやらも見たかったが、きっちり遮光幕下ろされてまして・・・。それにしても新線区間は速い速い。新幹線はともかく新快速の130Km/hも相当速いが、160Km/hともなると枕木の流れ方が違う。おまけに単線でJRと並んでいるものだから、たぶん120Km/hくらいで走っていくE217系も一気に抜き去る。ダンナ、複線区間を共用しているのだと思っていたが、そう言えば京成とJRって軌間が違うんだった。関空じゃないって・・・。

「ほ~っ!」と思っているうちに高速区間終了!って、これだけかい!

Nippori
大改築なった日暮里駅。1面2線のごちゃごちゃした雰囲気も悪くはなかったが、上下段に分けてしまうとは。恐るべし、東京。

Ueno2
あっという間に上野着。今まで1時間かかっていたルートが40分程度になったわけだから値打ちはある。関西では出来ない一発逆転だ。

Ueno1
さてさて、先代スカイライナー(AE100系)のほうは「シティライナー」なるどこかで聞いたような愛称となったが、従来ルートでそのまま走っている。正面貫通路があり、都営浅草線乗り入れで羽田~成田を結ぶ構想だったというが、今回のAEに貫通路はない。

それにしても、スカイライナーは誕生以来不遇続きのようなイメージがある。最初の登場は空港開港が遅れるわ過激派に放火されるわで、開港後はリムジンバスとの競争、空港ターミナル直下に乗り入れたと思ったらJR成田エクスプレスという強敵出現、ようやく今回、のはずが羽田ハブ構想で成田そのものが今後どうなるのやら・・・。

で、ダンナ一家上野着。以下続く。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

大宮・鉄道博物館

ダンナ、東京出張ののちそのまま滞在。コッコ共を呼び出した。おかみ妹宅に新メンバーが誕生、すなわちコッコ共にとっては新イトコとなるため訪問するという大義名分付きである。ダンナは仕事のためおかみ妹宅には行かずに、ダンナ夫婦にとっては11年ぶりの再会となる学生時代の友人と都内で食事。待ち合わせ時間まで間があったので、いつもの通り東京駅でタクシーを撮影して、ぷらぷら有楽町までタクシーを撮りながら歩いて、日没撮影終了後、天賞堂とカツミ有楽町店に行ってみた。もっとも何も買ってはいないが。

次の日。雨。

大宮の鉄道博物館(てっぱく)に行く。このところ晴天続きだったのに、今日は雨かい!ということで日頃の行いの悪さを反省することしきりだが、こういうときは博物館みたいな屋内施設に行くに限る。JR大宮駅から埼玉新都市交通に乗って一駅。雨に濡れずに到着できた。

T05
メインの展示室。よく言われていることだが東北関係の車両が並び(全てではないが)、西日本の人間には微妙な違和感。鉄道博物館ではあるが、やはり「JR東日本博物館」の印象が強い。

T06
開館当時には無かった新幹線000系(いわゆる0系)車両が、展示室を新築の上収納されている。これは昭和39年開業時に用意されたうちの1両である21-2で、廃車後30年以上も吹田の研修センターで人知れず眠っていたものである。座席も当時のままで比較的原形に近く、最近あちこちで引き合いのある「最後まで走っていた0系」なんかとは価値そのものが違う。こうした形で見ることのできる日が来るとは思わなかった。

T04
表に出ると小さな電車が。小学生以上であれば運転できる。信号機が見えるが車内信号もあって現示が変わると「チン」と鳴るなど本格的。車両も実車に合わせてワンハンドルのものとツーハンドルのものがある。なにせ雨の平日。予約していたら簡単に乗れた。

T03
定番とも言えるHOゲージ鉄道模型パノラマ。前身の交通博物館時代からあったが、幅25m・奥行き8mと国内最大規模のものに発展。新幹線も16両フルで走っているが、あまりに広すぎてNゲージが走っているような感じさえする。車両は当然東日本エリアが中心である。こちらも雨の平日ゆえ最前列で見れたりする。

T02
そのパノラマ上にあったタクシー車庫。クラウンのみかと思ってよく見たら910や430が混ざっている。やれやれ。

運転シュミレーションにも挑戦(してどうする!)。東北新幹線を運転してみた。並んでいるうちに前の人間のやっているのを見て要領を理解。「210km/hまで速度を上げてください。」なるほど、まあオーバーしないように上げていくと突然「モーターが故障です。第4ユニットを切り離してください。」「はあ?床下行くの~?」と右を見るとユニットを切り離せるスイッチが。目盛りを4に合わせて開放ボタンを押す。「なんで故障処置をせなあかんのや?」と再加速していると今度は「地震が発生しました。緊急停止します。」ということで、本当にシュミレーターが揺れるし。で、交代。こんなイベント仕込んであるんか。なかなか予想外の展開。意味が分からずにハンドルを握っていたコッコ1号より故障処置なんかができたダンナが喜んでいたようだが。

T01
展示室に入りきらなかったもの、旧来の交通博物館で所蔵していたものなどは「コレクションルーム」と称して別室に並べてあった。 小田急3100系ロマンスカーや近鉄10100系ビスタカーなど、古いけれども子供のころ憧れた大型模型をすぐそばで見ることができる。この博物館では基本的に国鉄→JR東日本のお話が展示の全てであり、交通博物館のような交通全般を取扱ったものではないので必然的に私鉄はどこかへ除かれているわけだが、別室とはいえ来館者の目に触れるところに置かれているのは意義あることと思う。

結局大宮で夕食を取っているとコッコ1号が食事中に熟睡、次いで2号も電車内で沈没してしまったため、重量物を抱えてホテルのある東西線西葛西まで帰る羽目になり、そこからが1日で一番疲れる仕事となってしまった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

今津線

アルプス銀水タクシーさまのお話にもあったが、まもなくクランクインするという映画「今津線」。原作「阪急電車」は近所の書店正面で、それも「当店1位」とかナントカ山盛りに売られているもの。まあ、著者には失礼ながらウチでは文庫版が出たから買ったという面がないではない。そう言えば「逆説の日本史」も文庫版新刊出てたな~、ってその場で買ったけど。

Img_1816_1

さてさて、休憩時間の時間潰しにと軽く思っていたのだが、これが結構面白かった。題名は「阪急電車」であるが、物語は今津(北)線の各駅で車内に起こるささやかな出来事を丁寧なタッチで描く。ダンナ的には直近まで読んでいた「涼宮ハルヒの憂鬱(これ途中で原作止まってるし・・・、早く続編を・・・。)」 と同じ、西宮北口から北に広がる地域を舞台にしているだけに、すんなり本の世界に入っていけた。あちらは日常だと思っていたら、とんでもない非日常だったわけだが、こちらは本当にごく日常の世界。読後感が爽やかで明るい気分になれる。この同じ雰囲気を映画でも味わわせてもらいたいもの。

あ、鉄道マニア向けではないので。3000系とか出てこないので。念のため。


ダンナ的には今津線は、南北に分断される前から宝塚ファミリーランドに行く足としてのみ利用していた。沿線はそれこそ甲東園とか逆瀬川とか、隣接する芦屋や苦楽園みたいなめちゃくちゃ高級な感じはないのだが、良質な文教地区みたいなイメージがあって、ダンナのような須磨(要するに阪神間でない地域)で育った人間には少し疎遠な感じがする。よく乗っていたときはそれこそ920や1010が走っていた時代なのだが、小説の舞台はあくまで現代。面白いのは、今津線には大抵一線を退いた古い車両が使われており、別に車内も本線で活躍するものと同一なのに壁紙もシートも適度に疲れた感じを漂わせ、また匂い(使用している洗剤のせいか「阪急電車の匂い」とでも言うべきもの。)も本線とは違って、どことなく酸っぱいような、なにせ「阪急の支線」としか言いようのない感覚なのだ。走る速度ものんびりとしていて本線のようなせかせかした雰囲気もないし。

久々に乗りにいってみようか、などと。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »