« 〇〇〇ビーム | トップページ | 大宮・鉄道博物館 »

今津線

アルプス銀水タクシーさまのお話にもあったが、まもなくクランクインするという映画「今津線」。原作「阪急電車」は近所の書店正面で、それも「当店1位」とかナントカ山盛りに売られているもの。まあ、著者には失礼ながらウチでは文庫版が出たから買ったという面がないではない。そう言えば「逆説の日本史」も文庫版新刊出てたな~、ってその場で買ったけど。

Img_1816_1

さてさて、休憩時間の時間潰しにと軽く思っていたのだが、これが結構面白かった。題名は「阪急電車」であるが、物語は今津(北)線の各駅で車内に起こるささやかな出来事を丁寧なタッチで描く。ダンナ的には直近まで読んでいた「涼宮ハルヒの憂鬱(これ途中で原作止まってるし・・・、早く続編を・・・。)」 と同じ、西宮北口から北に広がる地域を舞台にしているだけに、すんなり本の世界に入っていけた。あちらは日常だと思っていたら、とんでもない非日常だったわけだが、こちらは本当にごく日常の世界。読後感が爽やかで明るい気分になれる。この同じ雰囲気を映画でも味わわせてもらいたいもの。

あ、鉄道マニア向けではないので。3000系とか出てこないので。念のため。


ダンナ的には今津線は、南北に分断される前から宝塚ファミリーランドに行く足としてのみ利用していた。沿線はそれこそ甲東園とか逆瀬川とか、隣接する芦屋や苦楽園みたいなめちゃくちゃ高級な感じはないのだが、良質な文教地区みたいなイメージがあって、ダンナのような須磨(要するに阪神間でない地域)で育った人間には少し疎遠な感じがする。よく乗っていたときはそれこそ920や1010が走っていた時代なのだが、小説の舞台はあくまで現代。面白いのは、今津線には大抵一線を退いた古い車両が使われており、別に車内も本線で活躍するものと同一なのに壁紙もシートも適度に疲れた感じを漂わせ、また匂い(使用している洗剤のせいか「阪急電車の匂い」とでも言うべきもの。)も本線とは違って、どことなく酸っぱいような、なにせ「阪急の支線」としか言いようのない感覚なのだ。走る速度ものんびりとしていて本線のようなせかせかした雰囲気もないし。

久々に乗りにいってみようか、などと。

|

« 〇〇〇ビーム | トップページ | 大宮・鉄道博物館 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

その今津線で多感な幼少時代を過ごしました。僕の鉄好きは今津線で形成されたといっても過言ではありません。
920や810(だったかな?)が現役でばりばり走っていましたが、オサレなイメージは子供にはなかったなぁ。
北口のホームの端でダイヤモンドクロスを飽きずに眺めているのが楽しみでしたから。

「阪急電車」は文庫が出ているのかー。
読んでみようかしら?

投稿: みささ | 2010年9月10日 (金) 17時12分

高校,大学と7年間通学した路線ですが、90,300(3扉)、300の2扉、600+90,最初は600+51なんて
編成でした。門戸厄神で皆で扉を押さえて、K女学院
の連中を乗せない様にしたり、某女学院が案外お転婆
さんが多くて驚いたり(一緒になって扉を押さえるのだから)下校時の今津行はまるで戦争状態でした。

今は3000系の姥捨山で、11月の学祭招待券が来た時
だけしか乗りませんが懐かしい路線です。

山陽の歌敷山-西舞子の4年間と共に忘れられません。

投稿: 830 | 2010年9月11日 (土) 13時53分

>みさささま
そうですか~。ただ、私も「オサレ」とはあまり感じていません。どう言えばいいんですかね、空気感が違うといいますか、まあなんかそんな感じ(サッパリ分かりませんけど)です。2000系より前の阪急電車ってブラインドと窓ガラスの間がもっと空いていて、切符落としたら大変やろな~、と乗るたびに思っていました。今考えると窓に向かって座ったりしないし、その時点で切符持ったままではないし・・・。
小説のほう、この機会に読まれてみては?そんな重たい話じゃないので。

>830さま
おっと、さらに昔のお話ですね。こうなると私にも分からない世界です。学生の多いにぎやかな雰囲気は昔から変わらないのでしょうね。気質は変わっているでしょうし、今だと女子を乗せないようにするなんてことはないでしょうが。
それにしても3000系6連もあそこで長い間走っていますよね~。20年くらいになるのでは?まだ8連が本線に頑張っているくらいですので当分は使うのでしょうか。

投稿: いぶきダンナ | 2010年9月12日 (日) 14時03分

毎度です。ヘボ職人です。
今津線と言えば、うちのブログで取り上げた沿線の遊び場は、今月中開催ですよ。土曜の午前中がお勧めです。無料の電車や適度な水遊びができる噴水などがあるので子供には受けます。ただ、暑いですがね。
今日は、御崎公園に行きましたが、ラッシュアワー
状態で凄かったです。熱中症状態でヘロヘロになりました。行かはりました?

投稿: ヘボ職人 | 2010年9月12日 (日) 21時26分

今津線の雰囲気については、いぶきダンナの述べられている通りで、首都圏民鉄で同様の支線位置にある線とも違う雰囲気ですね。

六甲の山並みを西に眺めるのんびり感は、車両が本線のお下がりといっても、苦にならずむしろその醸し出す雰囲気は、表現は間違っているかもしれませんが、神戸本線が焙煎コーヒーなら、今津線はミルクコーヒー(神戸ではミーコーと呼ぶ)かなと。

宝塚から梅田へ移動される方が乗換え無しの宝塚線に乗らず、西北乗換えが必要な今津線にあえて乗られるのを見ると、何かしら得るものがあるのでは・・・と思います。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2010年9月13日 (月) 12時36分

昨日深夜、帰還しますた。

>ヘボ職人さま
今月中いけますか!その遊び場。基本的にダンナにその趣味がないので行くという発想が無く、前にお教えいただいてから関心を持っています。日曜日は東京へ出発した日なので行っていません。現地でも「行ったんでしょう?」みたいに結構聞かれましたが・・・。

>アルプス銀水タクシーさま
焙煎コーヒーとミルクコーヒーですか。私はミーコーと呼んだことはありませんが、確かにそう言われればそうかな、と。モーターの高速回転音が無いだけでものんびりした感じはしますし。
宝塚→梅田は宝塚線で直通するほうがキロ程が長いんじゃなかったでしたっけ。三宮からはもちろんですが、梅田からでも今津線経由が運賃計算上の正規ルートだったような。え~加減な記憶ですが・・・。手元に旅客運賃三角表があれば良いのですが・・・。

投稿: いぶきダンナ | 2010年9月18日 (土) 09時51分

はじめまして
記事を拝見しコメントさせてもらいました

私は小さい頃阪神沿線に住んでいまして、祖父母に連れられ
今津線にも何度か乗った記憶があります

当時の今津駅が地上でホッパー車が常駐していたこと
阪神車から乗り換えると920の吊掛モーター音に
ビビッていたのも遠い昔
子供心には壊れそうな轟音でしたからね(笑)

今となってはあの車体とマルーン色が懐かしいです

投稿: かわ氏 | 2010年9月19日 (日) 09時56分

>かわ氏さま
こちらこそ、はじめまして。コメントありがとうございます。
地上時代の今津駅。両社のホームがフェンスを隔て並行してありましたね。私も父に連れられて電車を見に行き、阪急電車と阪神電車が並ぶところを写真に撮ってもらっています。阪神は5231、阪急は1010でした。同じ日の写真に920も写っています。懐かしい思い出です。現在の今津駅からしたら別世界の感があります。

投稿: いぶきダンナ | 2010年9月20日 (月) 09時11分

おっしゃる通り、梅田~宝塚間は西宮北口経由が最短距離で石橋経由より1キロ少し短いです。

気分的に乗換えても西宮北口経由が早いような気がしますが、実際は余り差が無いようです。
連立化の進んだ宝塚線は昔と違い結構早く走っていますね。

今津駅で車止めを越えて阪急電車が阪神甲子園に乗り込んで・・・というSF小説「決戦・日本シリーズ」がありましたね。

投稿: アルプス銀水タクシー | 2010年9月21日 (火) 18時38分

>アルプス銀水タクシーさま
そうですね~。三国辺りなんか止まるんじゃないかと思うようなスピードでしたもんね。亡くなった伯母が豊中にいまして遊びにも行ったのですが、その頃の宝塚線は「かったるい」印象が強かったです。最近乗ると「こんなに速かったっけか?」と思いますから。

「決戦・日本シリーズ」話だけ聞いたことがありますが、未読です。今となっては”今津線シリーズ”も夢物語ですね。実際に阪急電車が暴走して阪神電車の線路に入ってしまったという話はあちこちに載ってますけど。

投稿: いぶきダンナ | 2010年9月22日 (水) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5342/36648434

この記事へのトラックバック一覧です: 今津線:

« 〇〇〇ビーム | トップページ | 大宮・鉄道博物館 »